*

【バウンスリンク】「アカシック・マジシャン」【効果解説・分析】

      2017/08/21

この記事では【サーキットブレイク】に収録されたリンクモンスターカード、【アカシック・マジシャン】の効果解説に加え、このカードについて管理人の思った事や運用方法など、考えた事を書きます。

■カード情報

アカシック・マジシャン

アカシック・マジシャン

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/魔法使い族/攻1700
【リンクマーカー:上/下】
トークン以外の同じ種族のモンスター2体

自分は「アカシック・マジシャン」を1ターンに1度しかリンク召喚できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。
このカードのリンク先のモンスターを全て持ち主の手札に戻す。
(2):1ターンに1度、カード名を1つ宣言して発動できる。
このカードの相互リンク先のモンスターのリンクマーカーの合計分だけ自分のデッキの上からカードをめくり、その中に宣言したカードがあった場合、そのカードを手札に加える。
それ以外のめくったカードは全て墓地へ送る。

■カード効果解説

(1)の効果はこのカードがリンク召喚に成功した場合に強制発動する誘発効果で、自身のリンク先のモンスターを全てバウンスします。

(2)の効果は1ターンに1度、カード名を宣言して発動する起動効果で、このカードの相互リンク先のモンスターのリンクマーカーの数の合計分だけデッキの上からカードをめくり、宣言したカードがあった場合は手札に加え、それ以外のめくったカードを全て墓地へ送ります。

■このカードに対する分析

属性について

属性は【闇属性】。
【闇属性サポートカード】の恩恵を受ける事ができます。

種族について

種族は【魔法使い族】。
【魔法使い族サポートカード】の恩恵を受ける事ができます。

また、【闇属性】【魔法使い族】というステータスを持っているので、【黒魔術のヴェール】【黒魔族復活の棺】の効果で蘇生が簡単なのも特徴的です。

リンクマーカーの向きについて

リンクマーカーは上下に伸びており、リンク先のモンスターをバウンスするという性質上エクストラモンスターゾーンに出したいリンクモンスターです。

リンク素材について

リンク素材は【トークン以外の同じ種族のモンスター2体】となっています。
最近の殆どのテーマは種族が統一されているため、テーマデッキなら簡単にリンク召喚を行う事ができます。

■バウンス効果について

リンク先のモンスターをバウンスするという効果を有効に扱うことができる2種類の方法を解説します。

【トーチ・ゴーレム】とは相性が良い

【トーチ・ゴーレム】は自分の場にトークンを2体生成して相手の場に特殊召喚される特殊なモンスターです。
【トーチ・ゴーレム】を相手の場に特殊召喚する際は、【アカシック・マジシャン】を出す予定のエクストラモンスターゾーンの前の位置に出しましょう。

生成したトークン2体から【アカシック・マジシャン】をリンク召喚する事が不可能ですが、生成されるトークンから【リンク・スパイダー】【リンクリボー】らをリンク召喚する事は可能です。

上記の2体のモンスターは【サイバース族】なので、【トーチ・ゴーレム】によって生成したトークンをそれぞれリンクモンスターに変換すれば【アカシック・マジシャン】をリンク召喚する準備が整います。

そして【アカシック・マジシャン】をリンク召喚後、リンク先の【トーチ・ゴーレム】を自分の手札にバウンスする事で、【トーチ・ゴーレム】を再利用する事ができます。

【壊獣】との相性も良い

【トーチ・ゴーレム】とほぼおなじギミックを利用すれば、【壊獣】も回収する事ができるので相性が良いです。

■めくったカードを手札に加える効果について

何らかのギミックを投入しない限り、宣言したカードが手札に加わる確率は限りなく低いと思います。

が、めくった後手札に加える事ができなかったカードは墓地へ送られるため【墓地肥やし】を目的として効果を発動するなら有用でしょう。

終わりに

以上、【アカシック・マジシャン】についての解説と分析でした。

現状ではどのテーマでも比較的リンク召喚しやすく効果も強力なため、持っておいても損はないカードだと思います。

関連記事

★このカードが収録されているパック

 - リンク, 【個別カード解説記事】 , ,