*

<古代の機械>に必須or相性の良いカード紹介!

      2016/11/07

今回は、<古代の機械(アンティーク・ギア)>デッキに必須、あるいは相性の良いカードを紹介します!

<古代の機械>がどんなテーマかよく知らない人は、こちらの記事で詳しく解説しているので、参考にどうぞ!

関連記事:効果を知っておこう!<古代の機械>ってどんなテーマ?


スポンサーリンク

カード情報

ツインツイスターcard100028758_1

速攻魔法
(1):手札を1枚捨て、フィールドの魔法・罠カードを2枚まで対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 

このカードに至っては汎用性が高すぎるのでどのデッキでも採用が検討出来るのですが、「古代の機械」デッキでは「歯車街(ギア・タウン)」や、「古代の機械要塞(アンティーク・ギアフォートレス)」などを相手の魔法・罠カードを除去するついでに破壊できるので、相性が良いです。


 

リミッター解除card73707772_1

速攻魔法
(1):自分フィールドの全ての機械族モンスターの攻撃力は、ターン終了時まで倍になる。
この効果が適用されているモンスターはこのターンのエンドフェイズに破壊される。

 

単純明快!
自分フィールドの機械族モンスターの攻撃力を全て倍にし、エンドフェイズに攻撃力がアップしているモンスター全てを破壊します。

「アンティーク・ギア」デッキは簡単に攻撃力3000ポイントのモンスターを大量展開できるので、このカードを発動する事によって相手のライフを一気に削り取る事が出来ます。

また、エンドフェイズに全てのモンスターが破壊されてしまうのはデメリットだと考える事もできますが、古代の機械蘇生(アンティーク・ギアリボーン)」や「古代の機械射出機(アンティーク・ギアカタパルト)」の発動条件はフィールドにモンスターが存在しない時なので、その発動条件を満たすためのメリット効果とも考える事が出来ます。

たとえ相手のライフポイントを削り取れなくても、次への動きへ繋げる事が出来るという事ですね。

ただし制限カードなので、引けたら強いねって感じです。


 

パワーボンドcard100001268_1

通常魔法
自分の手札・フィールド上から、
融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、機械族のその融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力は、その元々の攻撃力分アップする。
このカードを発動したターンのエンドフェイズ時、自分はこのカードの効果でアップした数値分のダメージを受ける。

 

ロマンあふれる機械族専用の融合カード。
融合召喚したモンスターの攻撃力を2倍にします。

このカードによって、「古代の機械混沌巨人(アンティーク・ギア・カオス・ジャイアント)」を融合召喚すると攻撃力が9000ポイントとなり相手モンスターに全て攻撃できる殺意全開の融合モンスターに仕上がります。s_5160961600084
ただし、攻撃力を4500も上昇させるのでエンドフェイズには4500ポイントのダメージを受けます。
パワーボンドでこのカードを呼び出したなら、そのターンの内に決着を付けましょう。


 

オーバーロード・フュージョンcard1001171_1

通常魔法
自分フィールド上・墓地から、
融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを
ゲームから除外し、機械族・闇属性のその融合モンスター1体を
融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。

 

このカードも、「パワー・ボンド」のような機械族専用の融合魔法カードです。

こちらは融合モンスターを強化するような効果を持っていないのですが、何といっても墓地から融合素材を除外し融合出来る点が特徴的です。

「アンティーク・ギア」デッキは基本的に墓地を活用する事が少ないので、墓地のリソースを減らしても特に問題になりません。

特に、「古代の機械混沌巨人」などを「古代の機械猟犬(アンティーク・ギアハウンドドック)」の効果などで特殊召喚した場合、墓地に「アンティーク・ギア」モンスターが大量に溜まるので、このカードを発動する事によって追加の「古代の機械混沌巨人」を融合召喚する事が出来ます。

終わりに

如何だったでしょうか!

基本的に「古代の機械」は短期決戦のテーマなので、なるべく後攻をとり「ツインツイスター」などのカードで妨害カードを破壊しつつワンターンキルを成立させたいところ・・・。

特に「パワーボンド」は強力なので、「古代の機械混沌巨人」特化構築にするなら3枚投入しても問題ないと思います。

スポンサーリンク

 - テーマ別解説, 遊戯王 ,