*

【トワイライトロード化?】「暗黒界の洗脳」の効果解説、個人的に評価!

      2017/03/08

今回の記事では、「コード・オブ・デュエリスト」に収録される事が判明した「暗黒界の洗脳」のカード効果解説、このカードの個人的評価などについて書いていきたいと思います。

イラストと効果から考えると、「ライトロード」は「暗黒界」によって洗脳され、「トワイライトロード」になったのでしょうか。

しかし「暗黒界」の連中は見た目は悪いですが中身は愉快な奴らなので、「トワイライトロード」も中身は愉快なのかも・・・?


スポンサーリンク

カード情報

暗黒界の洗脳

永続罠

(1):自分の手札が3枚以上存在し、相手モンスターの効果が発動した時、フィールドの「暗黒界」モンスター1体を対象としてこの効果を発動できる。
対象のモンスターを持ち主の手札に戻し、その相手の効果は「相手の手札をランダムに1枚選んで捨てる」となる。

 

カード効果解説

自分の手札が3枚以上存在し、相手モンスターの効果が発動したときに、フィールドの「暗黒界」モンスターを1体を対象として発動する永続罠カード。
(ちなみに、相手フィールドに「暗黒界」モンスターが存在すれば、そのモンスターを手札に戻す事も可能です)

対象としてモンスターを手札に戻し、相手が発動したモンスター効果は「相手の手札をランダムに1枚選んで捨てる」という効果に変更されます。

「自分の手札が3枚以上」、「相手モンスター効果の発動時」、「フィールドに暗黒界モンスター」と発動条件がかなり厳しいですが、効果の発動回数に制限はありませんし、相手によって捨てられた暗黒界モンスターは強力な効果を発揮するので、アドバンテージを得る事が出来ます。

また、「暗黒界の術師 スノウ」の効果によってデッキから手札に加える事が出来るカードなので、投入枚数は少なめでも機能するでしょう。

ハマれば強いですが、ただでさえ妨害されやすい永続罠カードである点、フィールドの暗黒界モンスターの除去による発動条件の阻害などによって簡単に突破されてしまうカードでもあります。

運用するなら、それらの点をカバーする必要がありますね。

終わりに

こういう昔のテーマの強化は今後も行って欲しいですね。
個人的には「雲魔物」の強化を間接的にでもお願いしたいです・・・。

それでは、最後まで記事を読んでくださりありがとうございました。

記事をSNSなどで広めてくださるとブログを書くモチベーションに繋がるのでぜひお願いします!


スポンサーリンク

 - カード評価, 遊戯王