*

「ディアバウンド・カーネル」の評価、運用方法について考える。

      2016/11/25

今回は「20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVE」に収録されることが判明した「ディアバウンド・カーネル」の効果について考察していきたいと思います。

あの闇バクラのカードがまさかのOCG化ですね。

最近はアニメ産のカードが大量にOCG化していてうれしい限りです!
個人的には「アルカナフォース」の新規カードを期待しているのですが・・・。


スポンサーリンク

カード情報

ディアバウンド・カーネル

intdhiao_01b

レベル5/闇属性/悪魔族/攻1800 /守1200

「ディアバウンド・カーネル」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードの攻撃宣言時に発動する。このカードの攻撃力は500?アップする。

(2):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、このカードの攻撃力分ダウンする。
その後、このカードを次のターンのスタンバイフェイズまで除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

カード効果考察

ステータスについて

レベルが5なので、通常召喚する場合は1体リリースが必要となります。
他にはペンデュラム召喚などによって特殊召喚が可能です。

攻撃力は1800と控えめですが、自身の効果で攻撃力を増強する事が出来ます。

(1)の効果について

このカードが攻撃宣言をする度にこのカードの攻撃力をアップする効果です。

攻撃力の上昇は永続効果なので、このカードがフィールドを離れない限り攻撃力は上昇し続けます。

(攻撃力の上昇値についてはまだ解析出来ていないので触れていません)

(2)の効果について

フリーチェーンでこの相手モンスターの攻撃力をこのカードの攻撃力分ダウンする事が出来ます。

このカードの元々の攻撃力が1800ポイントなので、最低でも1800ポイントのダウンはする事が出来ます。
攻撃力のダウンはターン終了時までなので注意しましょう。

その後、自身を次のスタンバイフェイズまで除外します。

このカードは耐性を持っていませんが、相手フィールドに表側表示のモンスターが存在する限りはサクリファイスエスケープする事が出来るので、破壊される事は少ないと思います。

しかし除外されたこのカードの攻撃力は(1)の効果でアップしていても元に戻るので、高い攻撃力を維持したいなら使いどころに注意しましょう。

終わりに

効果自体はどれも強力なのですが、レベル5というのがどうにも扱いづらい印象を受けます。

今後このカードを簡単に特殊召喚する事が出来るカードが登場すれば評価は一変するかもしれません。

 

また、このカードは攻撃力のダウンをフリーチェーンで行えるカードなので「No.ナンバーズ103 神葬零嬢しんそうれいじょうラグナ・ゼロ」と相性が良いかもしれませんね。


スポンサーリンク

 - カード評価, 遊戯王 ,