*

【超絶怒涛の汎用手札誘発モンスター】「灰流うらら」を個人的に評価、採用したいデッキについてつらつらと

   

「マキシマム・クライシス」に収録されたとんでもない汎用手札誘発モンスター「灰流うらら」!

今回の記事では「灰流うらら」のモンスター効果の解説と、個人的に採用したいデッキの紹介をしたいと思います。

まあどんなデッキでもこのカードは入れておかないといけない気がしますが・・・。

このカードがどれくらい強いのかは他のブログが丁寧に解説してくれていると思うので、そちらを参考にしてみてください。


スポンサーリンク

カード情報

灰流はるうらら

うらら

チューナー・効果モンスター

星3/炎属性/アンデット族/攻 0/守1800

「灰流うらら」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。
その効果を無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

●デッキからカードを手札に加える効果
●デッキからモンスターを特殊召喚する効果
●デッキからカードを墓地へ送る効果

 

カード効果解説

手札から捨てて発動可能な誘発即時効果を持ち、「相手のデッキからカードを手札に加える効果」、「デッキからモンスターを特殊召喚する効果」、「デッキからカードを墓地へ送る効果」のいずかを無効にする事が出来ます。

現在の「遊戯王」ではこれらの内どれも満たさないデッキは殆ど存在しないので、手札でこのカードが腐ってしまう事は殆どないでしょう。

また、効果を無効にするだけで破壊は行わないので、サーチ効果を持つモンスターカードに対してこのカードをの効果を発動してもモンスターは破壊されずにフィールドに残り続けます。

発動するなら、「強欲で貪欲な壺」、「マジック・ジャマー」などのコストを必要としたカードをに対して発動すればアドバンテージを得る事が可能です。

ちょっとここから先では、ほんの一例ではあるのですが「灰流うらら」で無効化できる具体的な場面やカードなどについて書いています。

サーチ効果付きのフィールド魔法カード

最近のフィールド魔法カードは、発動時の処理としてデッキからカードを手札に加える効果を持つカードが非常に多いので、そのサーチ効果を無効化する事が出来ます。

「暴走魔法陣」とかに使われたらたまったもんじゃありませんね。

「壊獣」出張セット

「妨げられた壊獣の眠り」と「壊獣」モンスターのセットで相手の厄介なモンスターを処理する出張セットとして活躍している「壊獣」。

特に「妨げられた壊獣の眠り」はやってる事が殆ど「ブラックホール」なので非常に強力。

ですが、「デッキから壊獣を特殊召喚する」という効果のおかげで「灰流うらら」の餌食にできますね。

「増殖するG」

相手の特殊召喚を牽制できる上に発動タイミングによっては自分はアドバンテージを失わない強力な手札誘発モンスターでしたが、「ドローする効果」も「カードを手札に加える効果」に含まれるので「灰流うらら」の効果で無効化できるようになってしまいました。

あの初手増Gの安心感が得られなくなってしまうのは少し悲しいですね・・・。

「隣の芝刈り」

レイジングテンペストで登場したぶっ飛び墓地肥やしカード。

発動がうまく決まればとんでもないアドバンテージを稼がれてしまうので、できるなら「灰流うらら」で絶対に無効化したいカード。

多くの芝刈りデッキはデッキの枚数が60枚なので、こちらのデッキを40枚に調整すればこちらが「灰流うらら」を初手に引く確率の方が高いです。

「芝刈りインフェルノイド」は「左腕の代償」によって「隣の芝刈り」をデッキから手札に加える事も可能ですが、その効果も「灰流うらら」の効果によって無効化する事が可能です。

もしも相手が「左腕の代償」を発動したならそちらを優先して無効にしましょう。
そうすれば相手の手札が全て除外される上に効果は発動されません。

「十二獣」

皆さんおなじみの出張テーマ。

「十二獣の会局」の効果に対して発動すれば、相手の展開を止める事が出来ます。

しかし、1度場に「十二獣」モンスターが出てしまった場合、展開効果を無効にしてもエクストラデッキから次々と「十二獣」モンスターがエクシーズ召喚されてしまうのでやはり最初が肝心。


スポンサーリンク

個人的に採用したいデッキ

基本的にはどのデッキにも3枚いれて問題ないと思うのですが、私は特に「召喚獣」デッキに採用したいカードだと考えています。

私が普段使用している手札誘発モンスターを大量に投入した型の「召喚獣」デッキには炎族モンスターが存在しなかったので、「召喚獣プルガトリオ」を融合召喚するのが難しかったですが、このカードが炎族モンスターなので問題なく融合召喚できるようになりました。

実は汎用の炎族手札誘発モンスターを探していたので、まさかこんなに強力なカードが登場するとは思いませんでした。

まあこれだけ強力だとどんなデッキにも入っていると思いますし、こちらの「暴走魔法陣」のサーチ効果を無効化されたらひとたまりもありませんが・・・。

終わりに

個人的には、最初のターンで発動される「隣の芝刈り」対策としてこのカードが非常に役に立つと思っています。

これまでは最初のターンで発動される「隣の芝刈り」の対策カードは無かったので・・・。

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました。


スポンサーリンク

 - カード評価, 遊戯王