*

【遊戯王】5分で分かる「青眼(ブルーアイズ)」デッキ【テーマ解説・良相性のカード紹介】

      2017/10/15

青眼アイキャッチ画像

■【5分で分かるテーマ解説】とは?

5分程度で読む事ができ、そのテーマについておおまかに理解する事ができるようになる記事。
まだそのテーマについて何も分からない方や、どんな特徴のテーマか知りたい人に向けて記事を書いています。
デッキを組むきっかけや入り口になってくれれば嬉しいです。
既にテーマについて詳しく知っている方にとっては分かりきったことばかり書いているので、そこの点はご了承ください。

今回はコメント欄からのリクエストにあった【ブルーアイズ】を解説します。

ブルーアイズ

目次

■【ブルーアイズ】とは?

デッキの戦術

デッキの型によって様々な戦略があるため一概に言えるものでは無いのですが、基本的にはデッキの基礎となる【青眼の白龍】を中心にデッキを回します。

【青眼の白龍】をアタッカーとして据えて戦うというよりは、【青眼の白龍】を使用して繰り出す強力なモンスターで相手のライフを削るイメージを持つと良いと思います。

■様々な【派生】ブルーアイズモンスター

【青眼の白龍】には様々な派生モンスターが存在します。

【融合】、【シンクロ】、【儀式】と幅広いカテゴリにモンスターが存在するのが特徴的で、どのモンスターも大型モンスターであるのが特徴です。

■通常モンスター【青眼の白龍】

青眼の白龍ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン

青眼の白龍

通常モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500

高い攻撃力を誇る伝説のドラゴン。
どんな相手でも粉砕する、その破壊力は計り知れない。

デッキの基幹となるモンスター。
色々な派生モンスターがいますが、このカード無しでデッキを組むのは不可能となっています。

通常モンスターではありますが、様々なカードのサポートを受ける事ができるため、ポテンシャルが非常に高いカードとなっています。

■効果モンスター編

青眼の亜白龍ブルーアイズ・オルタナティブ・ホワイト・ドラゴン

青眼の亜白龍

特殊召喚・効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500

このカードは通常召喚できない。
手札の「青眼の白龍」1体を相手に見せた場合に特殊召喚できる。
この方法による「青眼の亜白龍」の特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「青眼の白龍」として扱う。
(2):1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

様々なイベントで高レアリティで再録される事によって物議を醸す1枚。

手札の【青眼の白龍】1体を相手に見せた場合に特殊召喚できる召喚ルール効果と、フィールド・墓地に存在する限り【青眼の白龍】として扱うルール効果、そのターンの攻撃を破棄し、相手の場のモンスター1体を破壊する起動効果を持ちます。

簡単に特殊召喚する事ができ、攻撃力も高いためどの【青眼】デッキにも基本的に3枚投入され、メインアタッカーとして活躍します。

一度手札から特殊召喚した後墓地へ送られた場合、他のカードの効果で特殊召喚できるようになるのも強力。
また、後半に紹介する【ドラゴン・目覚めの旋律】とは非常に相性が良いです。

しろ霊龍れいりゅう

白き霊龍

効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻2500/守2000

このカードはルール上「ブルーアイズ」カードとしても扱う。
(1):このカードは手札・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
(3):相手フィールドにモンスターが存在する場合、このカードをリリースして発動できる。
手札から「青眼の白龍」1体を特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

ルール上【ブルーアイズ】カードとしても扱う効果外テキストを持つため、【ブルーアイズ】サポートカードの恩恵を受ける事ができます。
加えて、(1)の効果で手札・墓地に存在する限り通常モンスターとして扱うルール効果も持つので、通常モンスターサポートカードの恩恵を受ける事もできるという贅沢な1枚。

場に出した時に相手の魔法・罠カードを除外する効果を持つので、繰り返し墓地から特殊召喚したいモンスター。

また、相手の場にモンスターが存在する場合に、このカードをリリースし自分の手札の【青眼の白龍】1体を場に展開する誘発即時効果を持つので、能動的に墓地へ送る事ができます。

ここでは解説しなかったモンスター

 ■融合モンスター

青眼の双爆裂龍ブルーアイズ・ツイン・バースト・ドラゴン

青眼の双爆裂龍

融合・効果モンスター
星10/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
「青眼の白龍」+「青眼の白龍」
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●自分のモンスターゾーンの上記カードを墓地へ送った場合にエクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。

(1):このカードは戦闘では破壊されない。
(2):このカードは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。
(3):このカードの攻撃によって相手モンスターが破壊されなかったダメージステップ終了時に発動できる。
その相手モンスターを除外する。

通常の融合召喚か、場の【青眼の白龍】2体を墓地へ送りエクストラデッキから特殊召喚可能な融合モンスター。

戦闘破壊耐性、モンスターへの2回攻撃、バトルしたモンスターが破壊されなかった場合に除外する効果の3つの効果を持ちます。

特に(3)の除外効果は対象を取らない除外なので、殆どのモンスターを除去する事が可能です。

また、【青眼の白龍】2体を場から墓地へ送りこのカードを特殊召喚する場合、別の選択肢としてランク8のエクシーズ召喚へと繋げるという事もできます。

その辺りは場の状況に合わせて臨機応変に対応したいところ。

【汎用ランク8エクシーズモンスター】

真青眼の究極竜ネオ・ブルーアイズ・アルティメットドラゴン

真青眼の究極竜

融合・効果モンスター
星12/光属性/ドラゴン族/攻4500/守3800
「青眼の白龍」+「青眼の白龍」+「青眼の白龍」

「真青眼の究極竜」の(1)の効果は1ターンに2度まで使用できる。
(1):融合召喚したこのカードが攻撃したダメージステップ終了時、自分フィールドの表側表示のカードがこのカードのみの場合、エクストラデッキから「ブルーアイズ」融合モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードは続けて攻撃できる。
(2):自分フィールドの「ブルーアイズ」モンスターを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、墓地のこのカードを除外して発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

【青眼の白龍】3体を融合素材とする融合モンスター。

条件を満たした場合のみ1ターン中に3回までの攻撃を可能にする誘発効果と、墓地のこのカード自身を除外する事で場の【ブルーアイズ】モンスターを対象とするカード効果を無効化して破壊する効果を持ちます。

先程の【青眼の双爆裂龍】のように場の【青眼の白龍】を墓地へ送るだけで出せる訳ではなく、別途【融合召喚】を行うカードを準備する必要があります。

ここでは解説しなかった青眼融合モンスター

■シンクロモンスター

青眼の精霊龍ブルーアイズ・スピリット・ドラゴン

青眼の精霊龍

シンクロ・効果モンスター
星9/光属性/ドラゴン族/攻2500/守3000
チューナー+チューナー以外の「ブルーアイズ」モンスター1体以上

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いに2体以上のモンスターを同時に特殊召喚できない。
(2):1ターンに1度、墓地のカードの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にする。
(3):S召喚したこのカードをリリースして発動できる。
エクストラデッキから「青眼の精霊龍」以外のドラゴン族・光属性のSモンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
そのモンスターはこのターンのエンドフェイズに破壊される。
この効果は相手ターンでも発動できる。

レベル9のシンクロモンスター。
チューナー以外のモンスターに【ブルーアイズ】モンスターを使用してシンクロ召喚する必要があります。
後に紹介するレベル1のチューナーモンスター群【青き眼】モンスター、または【白石シリーズ】とレベル8の【ブルーアイズ】モンスターを使用してシンクロ召喚する事になります。

(1)の効果は、お互いに2体以上のモンスターを同時に特殊召喚する事を封じる永続効果。
2体以上のモンスターを特殊召喚するのが強みの【ペンデュラム召喚】の爆発力を最小に抑える事が可能となります。

(2)の効果は1ターンに1度、墓地で発動したカード効果を無効化する効果。
ノーコストで毎ターン使用できるのが強み。

(3)の効果は自分の場のこのカードをリリースし、フリーチェーンで発動できる誘発即時効果で、エクストラデッキからドラゴン族・光属性のシンクロモンスター1体を守備表示で特殊召喚します。

特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊されてしまいますが、次に紹介する【蒼眼の銀龍】を場に出す事によってデメリットを回避可能。

蒼眼そうがん銀龍ぎんりゅう

蒼眼の銀龍

シンクロ・効果モンスター
星9/光属性/ドラゴン族/攻2500/守3000
チューナー+チューナー以外の通常モンスター1体以上

(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。
自分フィールドのドラゴン族モンスターは次のターンの終了時まで、効果の対象にならず、効果では破壊されない。
(2):自分スタンバイフェイズ毎に自分の墓地の通常モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

ドラゴン族・光属性のシンクロモンスター。
チューナーとチューナー以外の通常モンスターを使用してシンクロ召喚するモンスターですが、専らシンクロ召喚される事はなく、先ほど紹介した【青眼の精霊龍】の効果によってエクストラデッキから直接フィールドに現れる事が多いです。

特殊召喚成功時に発動する誘発効果を持ち、自分の場のドラゴン族モンスターに対して、次のターン終了時までの対象耐性と効果破壊耐性を付与します。

(2)の効果はスタンバイフェイズ毎に墓地の通常モンスター1体を蘇生する事ができる誘発効果。

【青眼の白龍】や、墓地では通常モンスターとして扱う【白き霊龍】を蘇生する事ができます。
特に、【白き霊龍】は場に出た時に相手の場の魔法・罠カード1枚を除去できるので優先的に場に出したいところ。

■儀式召喚【ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン】

ブルーアイズ・カオス・MAXマックス・ドラゴン

ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン

儀式・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻4000/守 0

「カオス・フォーム」により降臨。
このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が越えた分の倍の数値だけ戦闘ダメージを与える。

専用儀式魔法によって降臨するモンスター。
相手の効果に対象にならず、相手の効果によって破壊されない耐性に加え、倍のダメージを与える貫通効果を持ちます。

出しやすさに対して破格の性能を持つ1枚。

【儀式魔法カードサーチカード】
【儀式モンスターカードサーチカード】

■【ブルーアイズ】サポート集団 【青き眼】

【青き眼】モンスターの特徴

全てのモンスターが光属性・レベル1・チューナーモンスターで構成されているのが大きな特徴です。

青き眼モンスター(ちょっと公式風に画像を作ってみた)

主にレベル9のシンクロモンスター【青眼の精霊龍】のシンクロ素材として使用されます。

シンクロ青眼ブルーアイズ

■主要な【青き眼】モンスター

あお賢士けんし

青き眼の賢士

チューナー・効果モンスター
星1/光属性/魔法使い族/攻 0/守1500

「青き眼の賢士」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「青き眼の賢士」以外の光属性・レベル1チューナー1体を手札に加える。
(2):このカードを手札から捨て、自分フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを墓地へ送り、デッキから「ブルーアイズ」モンスター1体を特殊召喚する。

召喚成功時にデッキから光属性・レベル1チューナーモンスター1体をサーチする効果を持ちます。

他の【青き眼】モンスターはこの条件に当てはまるのでサーチ可能。また、強力な効果を持つ【伝説の白石】、【太古の白石】らをサーチする事もできます。

テーマ外のカードだと【エフェクト・ヴェーラー】をがサーチ先の候補となります。

(2)の効果は手札のこのカードを捨て、自分の場の効果モンスター1体を対象にして発動できる起動効果で、そのモンスターを墓地へ送りデッキから【ブルーアイズ】モンスター1体を特殊召喚します。

次に紹介する【青き眼の乙女】を対象にする事でデッキから合計2体の【ブルーアイズ】を並べる事ができます。

あお乙女おとめ

青き眼の乙女

チューナー・効果モンスター
星1/光属性/魔法使い族/攻 0/守 0

「青き眼の乙女」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):フィールドの表側表示のこのカードが効果の対象になった時に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「青眼の白龍」1体を選んで特殊召喚する。
(2):このカードが攻撃対象に選択された時に発動できる。
その攻撃を無効にし、このカードの表示形式を変更する。
その後、自分の手札・デッキ・墓地から「青眼の白龍」1体を選んで特殊召喚できる。

表側表示のこのカードが対象になった時、または攻撃対象に選択された時にデッキから【青眼の白龍】1体を手札・デッキ・墓地から場に出す事が出来ます。

先ほど紹介した【青き眼の賢士】の(2)の効果の対象としてこのカードを選択することで、デッキから合計2体のブルーアイズを場に出すことができます。

そうした場合、レベル8のモンスターが2体場に並ぶので【ランク8】のエクシーズ召喚へと繋げる事が可能となります。

ここでは紹介しなかった【青き眼モンスター】

■【青き眼】サポートフィールド魔法カード

ひかり霊堂れいどう

光の霊堂

フィールド魔法

(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズに光属性・レベル1チューナー1体を召喚できる。
(2):1ターンに1度、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
手札・デッキから通常モンスター1体を墓地へ送る。
対象のモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、墓地へ送ったモンスターのレベル×100アップする。
(3):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「滅びの爆裂疾風弾」1枚を手札に加える。

(1)の効果は、光属性・レベル1チューナーの召喚権を増やす効果で、【青き眼】モンスター全般をサポートし、次に紹介する【伝説の白石】、【太古の白石】らもサポートします。

(2)の効果は自分の場のモンスター1体を対象として発動する効果で、デッキから通常モンスターを墓地へ送り、墓地へ送ったモンスターのレベル×100ポイントの数値を対象としたモンスターに加えます。

ここで重要なのはステータスアップ効果ではなく、対象に取るという効果で、【青き眼の乙女】とは非常に相性が良いです。

【フィールド魔法カードをサーチするカード一覧】

■その他【ブルーアイズ】サポートカード

伝説の白石ホワイト・オブ・レジェンド

伝説の白石

チューナー・効果モンスター
星1/光属性/ドラゴン族/攻 300/守 250

このカードが墓地へ送られた時、デッキから「青眼の白龍」1体を手札に加える。

墓地へ送られた時にデッキから【青眼の白龍】1体をサーチするチューナーモンスター。
チューナーという性質上墓地へ送りやすく、アドバンテージを稼ぎながらシンクロ召喚を行う事ができます。

また、このカード自身は光属性のレベル1チューナーなので、【青き眼の賢士】によってサーチ可能。

太古の白石ホワイト・オブ・エンシェント

太古の白石

チューナー・効果モンスター
星1/光属性/ドラゴン族/攻 600/守 500

「太古の白石」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「ブルーアイズ」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「ブルーアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

同じく【青き眼の賢士】によってサーチ可能な光属性レベル1チューナー。

こちらは墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動する効果を持っており、デッキから【ブルーアイズ】モンスター1体を特殊召喚する事ができます。
特殊召喚時に効果を発動できる【白き霊龍】とは好相性。

また、墓地のこのカードを除外して発動できる効果も持っており、墓地の【ブルーアイズ】モンスター1体をサルベージすることが可能。

状況によりますが、手札から簡単に場に出す事が可能な【青眼の亜白龍】を回収するのがオススメ。

その他サポートカード

■【ブルーアイズ】と相性が良いテーマ外カード

ドラゴン・目覚めざめの旋律せんりつ

ドラゴン・目覚めの旋律

通常魔法

(1):手札を1枚捨てて発動できる。
攻撃力3000以上で守備力2500以下のドラゴン族モンスターを2体までデッキから手札に加える。

手札コスト1枚で発動可能な通常魔法カード。
デッキから攻撃力3000ポイント以上、かつ守備力2500ポイント以下のドラゴン族モンスター2体までをデッキから手札に加える事ができます。

条件を満たす【青眼の白龍】【青眼の亜白龍】の2体を手札に加える事で、【青眼の亜白龍】を即座に場に出す事ができます。

また、手札コストとして墓地へ送るカードは【伝説の白石】、【太古の白石】を送ればアドバンテージを稼ぎながら2体のモンスターをサーチする事が可能となります。

りゅう霊廟れいびょう

竜の霊廟

通常魔法

「竜の霊廟」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキからドラゴン族モンスター1体を墓地へ送る。
さらにこの効果で墓地へ送られたモンスターがドラゴン族の通常モンスターだった場合、デッキからドラゴン族モンスター1体を墓地へ送る事ができる。

墓地肥やしがしたいドラゴン族デッキなら採用したい1枚。
墓地から蘇生したい【白き霊龍】や、墓地に送られる事によって効果を発動する【白石】モンスターを墓地へ送りましょう。

銀龍ぎんりゅう轟咆ごうほう

銀龍の轟咆

速攻魔法

「銀龍の轟咆」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地のドラゴン族の通常モンスター1体を対象として発動できる。
そのドラゴン族の通常モンスターを特殊召喚する。

墓地のドラゴン族通常モンスター1体を蘇生する速攻魔法カード。
【青眼の白龍】や、墓地で通常モンスターとして扱う【白き霊龍】を蘇生する事ができます。

復活ふっかつ福音ふくいん

復活の福音

通常魔法

(1):自分の墓地のレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):自分フィールドのドラゴン族モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

同じくドラゴン族蘇生カードですが、通常モンスターでなくてもレベル8のドラゴン族モンスターなら蘇生する事ができます。

一度場に出した【青眼の亜白龍】などを蘇生できるのが強み。
また、墓地からこのカードを除外する事で、自分の場のドラゴン族モンスターの破壊を防ぐ事ができます。

トレード・イン

トレード・イン

通常魔法

(1):手札からレベル8モンスター1体を捨てて発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

レベル8のモンスターを多めに投入するデッキなので、デッキの回転率をアップするために採用します。

■まとめ~代表的な【ブルーアイズ】デッキ構築~

スタンダード軸

【青き眼】モンスターや【白石】モンスターで【ブルーアイズ】をサポートしつつ、【青眼の精霊龍】や【蒼眼の銀龍】などを展開していくデッキ。

最も安定しているのが特徴。

■参考になるデッキレシピ

ロマンを求める融合召喚軸

【青眼の究極竜】や、【真青眼の究極竜】を融合召喚し勝利するのが目的のデッキ。

安定性に欠ける面がありますが、爆発力が凄まじいのが特徴。

■参考になるデッキレシピ

ワンキル融合青眼(17.07.23更新) デッキレシピ BIG HIPさん

耐性持ち儀式で殴る儀式召喚軸

【ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン】を主軸としたデッキ。

儀式サポートカードを多めに投入した構築となり、高打点の【ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン】で相手のライフを削るのが基本戦術となります。

■参考になるデッキレシピ

終わりに

以上、【ブルーアイズ】の解説でした。

他にも解説して欲しいテーマなどがございましたらコメント欄に書いてみてください。

★その他テーマ解説記事

テーマ解説

関連記事

【光属性モンスターサポートカード一覧】

【ドラゴン族モンスターサポートカード一覧】

【レベル8モンスターサポートカード一覧】

 - テーマ解説 , , , , , , , , ,