*

曇りのち晴れ~全カード解説「雲魔物」ってどんなテーマ?~ part2

   

前回の記事では「雲魔物」モンスターカードに関する記事を書きましたが、今回の記事では「雲魔物」に関する魔法・罠カードの記事の記事を書きました。

雲魔物新規カード登場しないかなー(願望)

前回の記事:曇りのち晴れ~全カード解説「雲魔物」ってどんなテーマ?~ part1


スポンサーリンク

「雲魔物」サポート魔法カード(全4種)

雲魔物のスコール

スコール

永続魔法

自分のスタンバイフェイズ毎にフィールド上に表側表示で存在する
全てのモンスターに、フォッグカウンターを1つ置く。

 

毎ターン自分のスタンバイフェイズ事に、フィールドの表側表示のモンスター全てにフォッグカウンターを置く事ができます。

モンスターの数が多ければ多いほどフォッグカウンターを多く乗せることがカードです。

発動回数制限も無いので、2枚以上発動すれば、その枚数×モンスターの数までフォッグカウンターを置くことが可能になります。

しかし、発動した次の自分のターンのスタンバイフェイズの発動なので、発動のタイミングが遅いのが弱点ですね。

召喚雲

召喚雲

永続魔法

自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、自分の手札または墓地からレベル4以下の「雲魔物」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する事ができる。
この効果は1ターンに1度だけ自分のメインフェイズに使用する事ができる。
墓地から特殊召喚した場合はこのカードを破壊する。

 

自分フィールドにモンスターが存在しない場合に、手札・墓地から「雲魔物」モンスターを1体特殊召喚する事ができます。

毎ターン使用する事が可能な効果ですが、毎ターン自分フィールドのモンスターが空になっているというのは状況的によろしくないのですね・・・。

また、召喚時にフォッグカウンターを乗せる「雲魔物」モンスターは特殊召喚時にはフォッグカウンターを乗せる事が不可能なので少し注意が必要です。

墓地からも特殊召喚が可能ですが、墓地から「雲魔物」モンスターを特殊召喚した場合はこのカードを破壊します。

ダイヤモンドダスト・サイクロン

ダイヤモンドダスト・サイクロン

速攻魔法

フォッグカウンターが4つ以上乗っているモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターを破壊し、破壊したモンスターに乗っている
フォッグカウンター4つにつき、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

 

フォッグカウンターが4つ以上置かれているモンスターを対象として発動する速攻魔法カード。

対象としたモンスターを破壊し、破壊されたモンスターに乗っているフォッグカウンター4つにつき自分のデッキからカードを1枚ドローする効果を持ちます。

フォッグカウンターが4つ以上乗っているモンスターなら相手モンスターでも破壊する事が可能です。

相手モンスターに4つ以上のフォッグカウンターを簡単に置く事が可能なカードは「雲魔物ーゴースト・フォッグ」、「フォッグ・コントロール」などですかね。

破壊したモンスターに置かれているフォッグカウンター4つにつき1枚カードをドローする事ができますが、8つ以上のフォッグカウンターが置かれることは少ないので、1枚以上のドローは期待しない方が良いです。

宝札雲

宝札雲

通常魔法

発動ターン中に「雲魔物」と名のついた同名モンスターを2体以上召喚・反転召喚・特殊召喚した場合、エンドフェイズ時に自分のデッキからカードを2枚ドローする。

 

発動ターン中に同名の「雲魔物」モンスターを2体特殊召喚すれば、ターンのエンドフェイズ時にデッキからカードを2枚ドローする事が可能です。

「雲魔物ータービュランス」はフォッグカウンターを1つ取り除くことでデッキから「雲魔物ースモークボール」を特殊召喚する事ができます。
2回効果を発動すれば「雲魔物ースモークボール」を1ターン中に2体特殊召喚する事が可能です。

なんとこのカードを2枚発動し、効果の発動条件を1度満たせば、ターンのエンドフェイズにカードを4枚ドローする事が可能です。

「雲魔物」サポート罠カード(全

アグレッシブ・クラウディアン

アグレッシブ・クラウディアン

通常罠

自分フィールド上に存在する「雲魔物」と名のついたモンスターが自身の効果により破壊され墓地に送られた時に発動する事ができる。
自分の墓地からそのモンスター1体を攻撃表示で特殊召喚し、そのモンスターにフォッグカウンターを1つ置く。
この効果で特殊召喚されたモンスターはカードの効果によっては守備表示にならない。

 

自分フィールドに存在する「雲魔物」モンスターが自身の効果によって破壊されて墓地へ送られた場合に、自分の墓地から破壊された「雲魔物」モンスターを攻撃表示で特殊召喚し、フォッグカウンターを1つ置く事が可能です

そして、この効果で特殊召喚したモンスターはカードの効果によって守備表示になりません。

おそらく、相手の効果によって守備表示にされた「雲魔物」モンスターが自壊した場合に発動し、破壊された「雲魔物」モンスターを復活させ、フォッグカウンターを1つ乗せる事も可能だぜ、しかもカードの効果によって守備表示にならないから自壊しないぜ!

という使い方だと思うのですが、発動タイミングが限定的すぎますし、自分から守備表示にして自壊するのでは旨みが全く無いのが現状です。

上昇気流

上昇気流

通常罠

フィールド上に存在するフォッグカウンターを全て取り除いて発動する。
取り除いたフォッグカウンターの数×300ポイントダメージを相手ライフに与える。

 

フィールド上に存在するフォグカウンターをすべて取り除いて発動する通常罠カード。

取り除いたフォッグカウンター×300ポイントのダメージを相手のライフポイントに与えます。

フォッグカウンターをすべて取り除く行為はその後のフォッグカウンターを活用した戦略を捨てることにつながりますが、大量のフォッグカウンターを取り除けばそれだけ相手のライフポイントを削ることができるので、ハイリスク・ハイリターンなカードとなっています。

ナチュラル・ディザスター

ナチュラル・ディザスター

永続罠

「雲魔物」と名のついたモンスターの効果によって、相手のコントロールするカードが破壊され墓地へ送られる度に、相手ライフに500ポイントダメージを与える。

 

「雲魔物」モンスターの効果によって相手のコントロールするカードが破壊され墓地へ送られる度に相手のライフポイントに500ポイントのダメージを与える永続罠カード。

発動の機会は多いですが、与えるダメージも地味なので相当な枚数を破壊しないと相手に大きなダメージを与える事が出来ません。

しかし、「雲魔物」モンスターは攻撃力が低いので、バーンダメージで相手のライフを減らすこのカードは「雲魔物」の性質をかみ合っているとも言えますね。

暴風雨

暴風雨

通常罠

自分フィールド上に表側表示で存在する「雲魔物」と名のついたモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターの攻撃力を下げる事で、以下の効果を適用する。

●1000ポイント下げる事で、相手フィールド上の魔法または罠カード1枚を破壊する。

●2000ポイント下げる事で、相手フィールド上のカード2枚を破壊する。

 

自分フィールドに存在する「雲魔物」モンスターを対象として発動する通常罠カード。

対象としたモンスターの攻撃力を下げることによって適用する効果が変わります。

1000ポイント下げた場合は相手フィールドの魔法・罠カードを破壊。

2000ポイント下げた場合は相手フィールドのカードを2枚破壊。

攻撃力を2000ポイント下げる事によって効果を発動した場合、相手のカードを2枚破壊する事ができるのでアドバンテージを得る事が出来ますが、攻撃力2000以上の「雲魔物」モンスターは「雲魔物ーアイ・オブ・ザ・タイフーン」、自身の効果によって攻撃力を上げる事が可能な「雲魔物ーニンバスマン」の2体のみです。

フリーチェーンで発動できる点を活かし、相手の永続魔法カードや永続罠カード、ペンデュラム効果の発動にチェーンして発動するのが良いでしょう。

終わりに

当然の事ながらカードパワーは昔のカードなので驚くほど低いです。

しかし、最近は「巨大戦艦」などの忘れさられたと思われたテーマの救済もあるので、もしかしたら「雲魔物」の新規カードもコナミさんなら出してくれるかもしれません・・・!

「雲魔物」は個人的にイラストや効果が好きなカード群なので、超絶強化で中堅テーマとも渡り合える強さになってほしい!と思っています。

それでは、長い記事でしたが最後まで読んでくださりありがとうございました。


スポンサーリンク

 

 - カード評価, テーマ別解説, 遊戯王