*

【遊戯王】「クローラー」デッキと相性が良いカード【一覧】

      2017/11/11

クローラーと相性が良いカード2

この記事では、【クローラー】デッキに採用率の高いカードや、個人的に相性の良いと思うカード計8枚を紹介します。
相性が良い理由についても解説しています。

【クローラー】がどんなテーマか分からないという方は、こちらの記事で解説しているので参考にしてみてください

【遊戯王】5分で分かる「クローラー」デッキ【テーマ解説】

クローラーと相性が良いカード2

■カード情報(全7種類)

星遺物せいいぶつ-『星鎧せいがい

星遺物-『星鎧』

効果モンスター
星7/闇属性/機械族/攻2500/守2500

このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):モンスターが反転召喚に成功した時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「星遺物」カード1枚を手札に加える。
(3):通常召喚したこのカードが存在する場合、EXデッキから特殊召喚された相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとこのカードを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

効果を三つ持ったモンスター。

(1)の効果は、「モンスターが反転召喚した時に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。」というもの。

【クローラー】デッキで条件を満たすには、裏側守備表示の【クローラー】を反転召喚させる必要があります。
なので、相手ターン中【クローラー】を裏側表示で維持するために、【聖なるバリアーミラーフォースー】などを採用すれば反転召喚を狙える確率が高くなります。

(2)の効果は、「このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから【星遺物】カード1枚を手札に加える。」というもの。

【クローラー】デッキでは(1)の効果で特殊召喚して効果の発動を狙うのが主な効果の使用方法になります。

【クローラー】サポートである【星遺物に差す影】や、【星遺物の傀儡】をサーチできます。

(3)の効果は、「通常召喚したこのカードが存在する場合、EXデッキから特殊召喚された相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動可能。そのモンスターをこのカードを手札に戻す。この効果は相手ターンでも使用できる」というもの。

通常召喚しなくてはこの効果を使用できないため、【クローラー】デッキではなかなか使用できない効果ですが、フリーチェーンで相手のエクストラモンスターを除去することができ、再びこのカードの召喚・特殊召喚を狙う事ができます。

ミセス・レディエント

ミセスレディエント

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/獣族/攻1400
【リンクマーカー:左下/右下】
地属性モンスター2体

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、フィールドの地属性モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、風属性モンスターの攻撃力・守備力は400ダウンする。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合、自分の墓地の地属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

リンク素材に「地属性モンスター2体」を指定したリンク2モンスター。
【クローラー】モンスターは全て地属性なので、【エクスクローラー】モンスターと同じ素材でリンク召喚できます。
リンクマーカーは右下、左下に伸びているのでエクストラモンスターゾーンに出せばリンクマーカーを有効に扱えます。

次にモンスター効果の解説に移ります。

(1)の効果は、「このカードがモンスターゾーンに存在する限り、フィールドの地属性モンスターの攻撃力・守備力を500ポイントアップし、風属性モンスターの攻撃力・守備力を400ポイントダウンする。」というもの。

【クローラー】は地属性なので、この効果で攻撃力を上げる事ができます。

(2)の効果は、「このカードが戦闘・効果で破壊された場合、自分の墓地の地属性モンスター1体を手札に加える」というもの。

【クローラー】モンスターを回収する事もできますが、ここは汎用性の高い【増殖するG】や、次に解説する【粘糸壊獣クモグス】などを回収したいところ。

粘糸壊獣ねんしかいじゅうクモグス

粘糸壊獣クモグス

効果モンスター
星7/地属性/昆虫族/攻2400/守2500

(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。
(2):相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
(3):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(4):相手がモンスターを召喚・特殊召喚した時、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを2つ取り除いて発動できる。
次のターンの終了時まで、そのモンスターは攻撃できず、効果は無効化される。

相手の場のモンスター1体をリリースして、相手の場に特殊召喚する【壊獣】モンスターの内の1体。

打点の低くて処理のしやすい【海亀壊獣ガメシエル】より優先して採用するのには、以下の理由があります。

  • 地属性なので【ミセス・レディエント】の効果で墓地から回収できる
  • もし自分の場に出した場合でも、【エクスクローラー】モンスターのリンク素材にできる

また、打点も【エクスクローラー】モンスターの打点を少し上げれば突破できるレベルなのも良いですね。

超電磁ちょうでんじタートル

超電磁タートル

効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻 0/守1800

「超電磁タートル」の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):相手バトルフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。
そのバトルフェイズを終了する。

墓地から除外する事で相手のバトルフェイズを終了する事ができるカード。

【クローラー・デンドライト】の効果で墓地へ送るのを目的に採用します。

相手の攻撃を凌ぐ事ができれば、次のターンには【クローラー】モンスターを守りつつ次のターンのリンク召喚に備える事ができます。

素引きしたら・・・ナオキです・・・。

和睦わぼく使者ししゃ

通常罠

このターン、相手モンスターから受ける全ての戦闘ダメージは0になり、自分のモンスターは戦闘では破壊されない。

発動ターン、相手からの戦闘ダメージを全て0にし、自分の場のモンスターに戦闘破壊耐性を与える事ができる通常罠カード。

【クローラー】を相手の攻撃から生き残らせる事で、次のターンのリンク召喚に備えられます。

フリーチェーンで発動できるので相手の魔法・罠の除去効果にも強いです。

スケープ・ゴート

スケープゴート

速攻魔法

このカードを発動するターン、自分はこのカードの効果以外ではモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚できない。
(1):自分フィールドに「羊トークン」(獣族・地・星1・攻/守0)4体を守備表示で特殊召喚する。
このトークンはアドバンス召喚のためにはリリースできない。

リンク召喚のサポートをするために【クローラー】デッキに採用します。

特殊召喚したトークンは【ミセス・レディエント】、【エクスクローラー・シナプシス】のリンク素材に使用できます。

しかし、どちらのモンスターも墓地にある程度のモンスターが溜まっていないと破壊された時の恩恵が得られないため、序盤からのリンク召喚には向きません。

ワーム・ベイト

ワーム・ベイト

通常魔法

自分フィールド上に昆虫族モンスターが表側表示で存在する場合のみ発動する事ができる。
自分フィールド上に「ワームトークン」(昆虫族・地・星1・攻/守0)2体を特殊召喚する。
このカードを発動するターン、自分はレベル3・4のモンスターを召喚・特殊召喚する事はできない。

【スケープ・ゴート】に続くトークンを生成する魔法カード。

トークンを生成するという点では共通していますが、【スケープ・ゴート】とは以下の点が異なります。

  • 自分の場に昆虫族モンスターが存在しなければ発動できない。
  • 生成するトークンの数は2体
  • トークンが昆虫族なので【エクスクローラー・ニューロゴス】のリンク召喚に使用できる
  • 発動ターンでもモンスターを召喚・特殊召喚・反転召喚できる
  • 発動ターンはレベル3・4のモンスターを召喚・特殊召喚できない

【クローラー】モンスターは全てレベル2、かつリンクモンスターはレベルを持たないため最後のデメリットは【クローラー】では殆ど無視できると考えて良いでしょう。(虫だけに・・・え?)

個人的には【スケープ・ゴート】より【ワーム・ベイト】の方が扱いやすいと思いますが、値段が結構するのでそこはお財布との相談ですね。

再録されて値下がりしました!やったね!

大樹海だいじゅかい

大樹海

永続魔法

フィールド上に表側表示で存在する昆虫族モンスターが戦闘またはカードの効果によって破壊され墓地へ送られた時、そのモンスターのコントローラーは破壊されたモンスターと同じレベルの昆虫族モンスター1体をデッキから手札に加える事ができる。

永続魔法カード。

「フィールド上に表側表示で存在する昆虫族モンスターが破壊され墓地へ送られた場合に、デッキから同レベルの昆虫族モンスター1体をデッキからサーチできる」という効果を持ちます。

【クローラー】モンスターが破壊された場合にデッキから後続の【クローラー】をサーチできるのが強み。

砂漠さばくひかり

通常罠

自分フィールド上に存在するモンスターを全て表側守備表示にする。

通常罠カード。
自分の場のモンスター全てを表側守備表示にする効果を持ちます。

裏側表示のまま【クローラー】が除去されそうになった場合や、【クローラー】の共通効果でデッキから呼び出した新たな【クローラー】をリバースしたりなど応用が利くカード。

召喚制限しょうかんせいげん猛突もうとつするモンスター

永続罠

このカードがフィールド上に存在する場合にモンスターが特殊召喚に成功した時、そのモンスターを表側攻撃表示にする。
そのターンそのモンスターが攻撃可能な場合には攻撃しなければならない。

永続罠カード。

モンスターが特殊召喚に成功した時に、そのモンスターを表側攻撃表示にし、そのターンそのモンスターが攻撃可能な場合には必ず攻撃しなくてはならない状態を付与する効果を持ちます。

【星遺物に差す影】の効果によって裏側守備表示で特殊召喚した【クローラー】を即時リバースできたり、【クローラー】の共通効果によってデッキから裏側守備表示で特殊召喚したクローラーを即時リバースできたりとハマると面白い動きができます。

終わりに

以上、【クローラー】デッキと相性が良いカード一覧でした。

これらのカードの他にも相性が良いと思うカードが御座いましたらコメント欄にて相性が良いと思う理由と共に教えてくださると嬉しいです。

■併せて読みたい記事

【遊戯王】5分で分かる「クローラー」デッキ【テーマ解説】

 - 相性が良いカード紹介