*

【厳選8枚】「サイバー・ダーク」デッキに必須、相性が良いカード紹介、解説【遊戯王】

   

今回の記事では、「サイバー・ダーク」デッキを作るにあたり必須となるカードや、「サイバー・ダーク」と相性が良いカードを8枚厳選して紹介しようと思います。

また、記事の最後には「サイバー・ダーク」デッキの参考レシピなどに関する記事へのリンクも貼っておくので、気になる方はどうぞ~。

カード情報(全8種)

ドレッド・ドラゴン

チューナー・効果モンスター
星2/炎属性/ドラゴン族/攻1100/守 400

このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、自分のデッキからレベル3以下のドラゴン族モンスター1体を
手札に加える事ができる。

 

レベル2、炎属性・ドラゴン族の下級チューナーモンスター。

自身が戦闘によって破壊され墓地へ送られた時に発動する誘発効果を持ち、デッキからレベル3以下のドラゴン族モンスター1体を手札に加える事が出来ます。

「サイバー・ダーク」デッキを回す時に必須となる「サイバー・ダーク・クロウ」や、「サイバー・ダーク・カノン」をサーチできます。

また、自身がチューナーなので、下級「サイバー・ダーク」とシンクロし、レベル6のシンクロモンスターをシンクロ召喚する事も出来ます。

ダーク・アームド・ドラゴン

特殊召喚・効果モンスター
星7/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守1000

このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の闇属性モンスターが3体の場合のみ特殊召喚できる。

(1):自分の墓地の闇属性モンスター1体を除外し、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 

レベル7、闇属性・ドラゴン族の上級モンスター。
通常召喚できず、自分の墓地に闇属性モンスターが3体の場合のみ特殊召喚できるルール効果を持ちます。

モンスター効果は、自分の墓地の闇属性モンスター1体を除外し、フィールドのカード1枚を対象として発動できる起動効果で、対象としたカードを破壊します。

「サイバー・ダーク」モンスターは全て闇属性ですし、墓地の枚数を調整しやすいので、このカードが特殊召喚しやすいです。

しかし、墓地の貴重なリソースを除外するので、使用する場合は相手のライフを確実にゼロに出来る状況などの方が良いと思います。

旧神キュウシンヌトス

融合・効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻2500/守1200

Sモンスター+Xモンスター
自分フィールドの上記カードを墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
自分は「旧神ヌトス」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。

(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札からレベル4モンスター1体を特殊召喚する。

(2):このカードが墓地へ送られた場合、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 

レベル4、光属性・天使族の下級融合モンスター。

ここで使用するのは(2)の効果で、自身が墓地へ送られた場合にフィールドのカード1枚を対象として発動できる誘発効果で、対象としたカードを破壊します。

「サイバー・ダーク・クロウ」にはエクストラデッキのモンスターを墓地へ送る効果があるので、直接エクストラデッキからこのカードを墓地へ送る事によって、フィールドのカード1枚を破壊する事が出来ます。

捕食植物プレデター・プランツキメラフレシア

融合・効果モンスター
星7/闇属性/植物族/攻2500/守2000

「捕食植物」モンスター+闇属性モンスター

(1):1ターンに1度、このカードのレベル以下のレベルを持つフィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外する。

(2):このカードが相手の表側表示モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
ターン終了時まで、その相手モンスターの攻撃力は1000ダウンし、このカードの攻撃力は1000アップする。

(3):このカードが墓地へ送られた場合、次のスタンバイフェイズに発動できる。
デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。

 

レベル7、闇属性・植物族の融合モンスター。

ここで使用するのは、(3)の効果、自身が墓地へ送られた場合、次のスタンバイフェイズに発動できる誘発効果で、デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加えます。

同じく「サイバー・ダーク・クロウ」の効果によってエクストラデッキから直接墓地へ送る事によってこの効果を使用します。

暗遷士あんせんし カンゴルゴーム

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/闇属性/岩石族/攻2450/守1950

レベル4モンスター×2

フィールド上のカード1枚を対象にする魔法・罠・効果モンスターの効果が発動した時、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
その対象を自分・相手フィールド上の正しい対象となる別のカードに移し替える。

 

ランク4、闇属性・岩石族のエクシーズモンスター。

フィールド上のカード1枚を対象にする魔法・罠・効果モンスターの効果が発動した時に、エクシーズ素材1つを取り除いて発動できる誘発効果を持ち、対象を正しい対象となる別のカードに移し替える効果を持ちます。

「サイバー・ダーク・クロウ」や「サイバー・ダーク・カノン」は装備魔法カードとなっている状態で墓地へ送られるとアドバンテージを稼げる効果を持っているので、相手が「サイバー・ダーク・インフェルノ」を破壊しようとした時などに対象を移し替える事でアドバンテージを稼ぐことが出来ます。

貪欲どんよくつぼ

通常魔法

(1):自分の墓地のモンスター5体を対象として発動できる。
そのモンスター5体をデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分はデッキから2枚ドローする。

 

自分の墓地のモンスター5体を対象として発動できる通常魔法カード。
対象とした5体のモンスターをデッキに加えシャッフルし、その後デッキから2枚のカードをドローします。

「サイバー・ダーク」は墓地肥しが得意なテーマなので、発動条件は比較的簡単に満たすことが出来ます。

手札は増えますが、墓地のリソースは減ってしまうので、使う場合は少し注意が必要です。

強欲ごうよく謙虚けんきょつぼ

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。

(1):自分のデッキの上からカードを3枚めくり、その中から1枚を選んで手札に加え、その後残りのカードをデッキに戻す。

 

1ターンに1枚しか発動できない制約と、発動ターンモンスターを特殊召喚できない制約を持った通常魔法カード。

デッキの上からカードを3枚めくり、その内の1枚を手札に加える効果を持ちます。

「サイバー・ダーク」は融合召喚以外、基本的に特殊召喚を行わないので、相性が良いです。

禁じられた聖杯

速攻魔法

(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
ターン終了時までそのモンスターは、攻撃力が400アップし、効果は無効化される。

 

フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動する速攻魔法カード。

対象としたモンスターの攻撃力を400ポイントアップし、効果を無効化します。

相手モンスターに使用し、モンスター効果の無効化に使用するのも良いですし、自分の機械族「サイバー・ダーク」モンスターに使用し効果を無効にする事で、装備状態のドラゴン族「サイバー・ダーク」モンスターを能動的に墓地へ送る事が出来ます。

そうした場合、ドロー効果やリクルート効果は問題なく発動できるので、使い道は広いです。

終わりに

これらのカードを「サイバー・ダーク」デッキを組む際に頭の片隅にでも思い出してみてください。

更なる「サイバー・ダーク」サポートカードなどが登場次第この記事に追記していきます。

また、このカードも「サイバー・ダーク」をサポート出来るカードなのでは?というカードがございましたら教えてくださると嬉しいです。

最後に、他の「サイバー・ダーク」に関する記事へのリンクも貼っておくので、興味のある方はこちらの記事もどうぞ。

【純構築】「サイバー・ダーク」オリジナルデッキレシピ、回し方を解説!【遊戯王】

 - その他