*

【遊戯王】「サイバー・ダーク」メタ、対策カードを合計7枚紹介!

   

今回は、「サイバー・ダーク」に対するメタ、対策カードの紹介、解説をした記事となっています。

サイバー・ダークデッキと対戦する時などの参考にしてみてください。

記事の最後に他の「サイバー・ダーク」に関する記事へのリンクを貼っておくので、興味のある方はそちらもどうぞ。

「サイバー・ダーク」の弱点である2つのポイント

とにかく除外に弱い

「サイバー・ダーク」は除外に対して弱いです。
除外に強いテーマというのも多くは無いのですが、「サイバー・ダーク」は特に弱いです。

機械族「サイバー・ダーク」モンスターは墓地のドラゴン族モンスターを装備しないと元々の攻撃力はたったの800ポイントしかありませんし、装備カードを装備していない「サイバー・ダーク」モンスターは「サイバー・ダーク・インフェルノ」による耐性を得られなくなります。

攻撃宣言無しでは効果を発動できない

ドラゴン族「サイバー・ダーク」モンスターは攻撃宣言無しでは効果を発動出来ないので、攻撃反応型の罠カードにやられやすいです。

また、攻撃反応型の罠カードは対象を取らない場合が多いので、「サイバー・ダーク・インフェルノ」が発動されている状態でも問題ありません。

「サイバー・ダーク」対策カード7枚紹介!

ディー.ディー.クロウ

効果モンスター
星1/闇属性/鳥獣族/攻 100/守 100

(1):このカードを手札から墓地へ捨て、相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

レベル1、闇属性・鳥獣族の下級効果モンスター。

自身を手札から墓地へ捨て、相手の墓地のカード1枚を対象として発動する誘発即時効果を持ち、対象としたカード1枚を墓地から除外することができます。

機械族の下級「サイバー・ダーク」モンスターは召喚時に墓地のレベル3以下のドラゴン族モンスターを対象にして効果を発動するので、その効果の発動にチェーンしてこのカードの効果を発動し、対象のカードを除外することで効果を不発にすることができます。

アンデットワールド

フィールド魔法

このカードがフィールド上に存在する限り、フィールド上及び墓地に存在する
全てのモンスターをアンデット族として扱う。
また、このカードがフィールド上に存在する限り、アンデット族以外のモンスターのアドバンス召喚をする事はできない。

 

フィールド魔法カード。
お互いのフィールド、墓地に存在するモンスターを全てアンデット族として扱う効果を持ちます。

機械族「サイバー・ダーク」モンスターは墓地に存在するドラゴン族、機械族モンスターしか自身に装備する事が出来ないため、このカード1枚を発動するだけで力を発揮できなくなってしまいます。

マクロコスモス

永続罠

このカードの発動時に、手札・デッキから「原始太陽ヘリオス」1体を特殊召喚できる。
また、このカードがフィールド上に存在する限り、墓地へ送られるカードは墓地へは行かずゲームから除外される。

 

永続罠カード。

表側表示で存在する限り、墓地へ送られるすべてのカードをゲームから除外します。

「DDクロウ」よりも「サイバー・ダーク」を苦しめることができますが、自分のカードも除外されてしまうのが欠点。

同じく相手の墓地へ送られるカードを全て除外できる「MHEROダークロウ」は最も「サイバー・ダーク」を苦しめることができますが、デッキにHEROギミックを投入する必要があります。

コズミック・サイクロン

速攻魔法

(1):1000LPを払い、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。

 

1000ライフポイント払い、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動する速攻魔法カード。
対象とした魔法・罠カードをゲームから除外します。

「サイバー・ダーク・インフェルノ」や、ドラゴン族「サイバー・ダーク」モンスターは破壊され墓地へ送られると効果を発動するので、このカードで除外することによって、対策することができます。

深淵しんえんひそもの

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/水属性/海竜族/攻1700/守1400

レベル4モンスター×2

このカードが水属性モンスターをエクシーズ素材として持っている場合、自分フィールド上の水属性モンスターの攻撃力は500ポイントアップする。

また、1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
このターン、相手の墓地で発動する魔法・罠・効果モンスターの効果は発動できない。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

ランク4、水属性・海竜族のエクシーズモンスター。

1ターンに1度エクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる誘発即時効果を持ち、相手はターン終了時まで墓地で発動する魔法・罠・効果モンスターの効果を発動できなくなります。

「サイバー・ダーク・クロウ」でエクストラデッキから直接モンスターを墓地へ送り、厄介な効果を使ってくる場合に、このカードの効果を発動することで、それらのカード効果を無効化することができます。

特に、「捕食植物キメラフレシア」、「旧神ヌトス」あたりのカードは厄介なので対策したいところ。

連鎖除外チェーン・ロスト

通常罠

攻撃力1000以下のモンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
その攻撃力1000以下のモンスターをゲームから除外し、さらに除外したカードと同名カードを相手の手札・デッキから全て除外する。

 

攻撃力1000ポイント以下のモンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動可能な通常罠カード。

召喚されたモンスターを除外し、同名カードを相手の手札・デッキから全て除外することができます。

「サイバー・ダーク」デッキで召喚される下級機械族の「サイバー・ダーク」モンスターは全て攻撃力800ポイントなので、このカードの効果範囲に含まれます。

また、同名カードを全て除外するので、「鎧黒竜ーサイバー・ダーク・ドラゴン」の融合召喚を妨害する事ができます。

砂塵さじんのバリア -ダスト・フォース-

通常罠

(1):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て裏側守備表示にする。
この効果で裏側守備表示になったモンスターは表示形式を変更できない。

 

相手の攻撃宣言時に発動可能な通常罠カード。
相手フィールドの攻撃表示モンスター全てを裏側守備表示にし、表示形式を変更出来なくします。

攻撃反応型の罠カードですが、下級「サイバー・ダーク」モンスターは攻撃宣言無しには効果を発動できないので、罠にかかりやすいです。

裏側守備表示になった「サイバー・ダーク」モンスターは表示形式を変更出来ないので、「サイバー・ダーク・インフェルノ」の効果によって手札に戻される心配もありません。

終わりに

以上、「サイバー・ダーク」メタ、対策カード一覧でした。
これらのカードはホンの一例に過ぎないので、自分で対策カードを見つけてみてください!

できればコメント欄で教えてくださっても嬉しいですが・・・!

それでは、記事を最後まで読んでくださりありがとうございました。

最後に「サイバー・ダーク」に関する他の記事へのリンクも貼っておくので、興味のある方は御覧ください。

【純構築】「サイバー・ダーク」オリジナルデッキレシピ、回し方を解説!【遊戯王】

【厳選8枚】「サイバー・ダーク」デッキに必須、相性が良いカード紹介、解説【遊戯王】

 - その他