*

【現状ネタカード】「決別」を評価、運用方法などについて考察。

   

今回の記事では、「マキシマム・クライシス」に収録されることが判明した「決別」の個人的評価、運用方法などについて書いてみました。

アニメでは結構印象的なカードでしたよね。

発動コストにアクションマジックを捨てようとするシーンを見て、「アクションマジックってコストにもできるんか!最強やんけ!」と考えていました。

遊戯王アークファイブの世界では「ライトニング・ボルテックス」とかが禁止カード扱いになってそう・・・・。


スポンサーリンク

カード情報

決別

決別

通常罠

(1):相手バトルフェイズに手札から魔法カード1枚を墓地へ送って発動できる。
そのバトルフェイズを終了する。
フィールドの表側表示モンスターはターン終了時まで効果が無効化される。

 

カード効果解説

相手のバトルフェイズにのみ発動可能な通常罠カードで、発動コストとして手札の魔法カードを1枚墓地へ送ります。

発動後、バトルフェイズを終了して、フィールドの表側表示モンスターの効果をターン終了時まで無効にします。

なお、このカードの発動後にフィールドに召喚・特殊召喚されたモンスターの効果は問題なく発動する事が可能です。

カード評価

相手の攻撃を防ぐ手段として用いるなら、同じく通常罠カードであり、手札コストが必要ない「威嚇する咆哮」を採用しますね。

あえて「決別」を採用するなら、「手札の魔法カードを墓地へ送る点」と「フィールドの表側表示のモンスターの効果をターン終了時まで無効にする点」。

これらの点を活かす事が必要ですね。

しかし、魔法カードは手札から捨てるより手札で発動した方が強い場合が殆どですし、モンスター効果の無効化はターン終了時までの短い間なので活かす事が難しそう・・・。

終わりに

現状ではネタカードレベルの強さですが、今後墓地で発動するとんでもない魔法カードが登場すれば評価が変わるかも・・・?

その場合は「ツインツイスター」などの方が優先されそうですがね。

やはりこのカードをデッキに採用するなら、「スマイル・ワールド」と一緒に採用して、「決別」の発動コストに「スマイル・ワールド」を発動するくらいしか使い道が思いつきませんねぇ~。

何か良い案があったらコメント欄などで教えて欲しいです・・。

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました!


スポンサーリンク

 - カード評価, 遊戯王