*

恐竜じゃなくて機械だよ~全カード解説「ダイナミスト」ってどんなテーマ?~

   

「マキシマム・クライシス」に収録される事が判明した「ダイナミスト・ハウリング」によって大幅な強化を受ける「ダイナミスト」。

しかし私は「ダイナミスト」にのカードテキストなどをよく読んでいなかったために、どんなカード群なのかを知らなかったので、少し調べて見ました。

今回の記事では、まだ「ダイナミスト」がどんなテーマか知らない人のために、「ダイナミスト」がどんなテーマであるのかを伝えるべく記事にしてみました!


スポンサーリンク

「ダイナミスト」モンスターカード(全8種類)

ダイナミスト・プテラン

card100028677_1

ペンデュラム・効果モンスター

星4/水属性/機械族/攻1800/守1200

【Pスケール:青3/赤3】

(1):このカード以外の自分フィールドの「ダイナミスト」カードが戦闘または相手の効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊できる。

【モンスター効果】

(1):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
デッキから「ダイナミスト」カード1枚を手札に加える。

 

レベル4の下級「ダイナミスト」モンスター。

ペンデュラムスケールは3。
下級モンスターの中でも打点が高く、効果も強力なモンスターです。

ペンデュラム効果は、自身以外の自分フィールドの「ダイナミスト」カードが戦闘、または相手の効果によって破壊される場合に、ペンデュラムゾーンの自身を破壊する事が出来ます。

1度に複数枚のカードを破壊する「ブラック・ホール」や、「ツインツイスター」などのカードも、この効果を使用すれば1枚のみの破壊で済みます。

しかし、ペンデュラムゾーンに存在するこのカードと他のカードが同時に破壊される場合、このカードの効果を使用する事は出来ません。

モンスター効果は、自身が戦闘で相手モンスターを破壊した場合に発動できる誘発効果を持ち、デッキから「ダイナミスト」カードを手札に加える事が出来ます。

強力なうえ、「ダイナミスト」には自軍の攻撃力を上げたり、相手の場のモンスターの攻撃力を下げるカードがあるので、効果の発動もしやすくなっています。



ダイナミスト・ステゴサウラー

card100028782_1

ペンデュラム・効果モンスター

星4/水属性/機械族/攻1600/守1800

【Pスケール:青3/赤3】

(1):このカード以外の自分フィールドの「ダイナミスト」カードが戦闘または相手の効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊できる。

【モンスター効果】

(1):このカード以外の自分のPモンスターが相手モンスターと戦闘を行ったダメージ計算後に発動できる。
その戦闘を行ったお互いのモンスターを破壊する。

このカードについて解説

こちらもレベル4の下級「ダイナミスト」モンスター。

ペンデュラムスケールは3。
高い守備力を持つのが特徴です。

ペンデュラム効果については「ダイナミスト・プテラン」と同様なのでここでは割愛します。

モンスター効果は、このカード以外の自分のペンデュラムモンスターが相手モンスターと戦闘を行ったダメージ計算後に発動できる誘発効果で、その戦闘を行ったお互いのモンスターを破壊します。

相手が高打点のモンスターなどを召喚していても、こちらのペンデュラムモンスターが自爆特攻すれば破壊できるようになります。

対象を取らない破壊効果なので、対象にとられないカードなども破壊する事が出来ます。



ダイナミスト・ケラトプス

ダイナミスト・ケラトプス

ペンデュラム・効果モンスター

星5/水属性/機械族/攻2100/守 400

【Pスケール:青3/赤3】

(1):このカード以外の自分フィールドの「ダイナミスト」カードが戦闘または相手の効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊できる。

【モンスター効果】

(1):自分フィールドのモンスターが「ダイナミスト・ケラトプス」以外の「ダイナミスト」モンスターのみの場合、このカードは手札から特殊召喚できる。

このカードについて解説

レベル5の上級「ダイナミスト」モンスター。
ペンデュラム召喚せずとも自身の効果でフィールドに特殊召喚できる効果を持ちます。

ペンデュラム効果については「ダイナミスト・プテラン」と同様なのでここでは割愛します。

モンスター効果は、自分フィールドのモンスターが「ダイナミスト・ケラトプス」以外の「ダイナミスト」モンスターのみの場合に、自身を手札から特殊召喚する事が出来る効果を持ちます。



ダイナミスト・スピノス

card100031494_1

ペンデュラム・効果モンスター

星5/水属性/機械族/攻2500/守1800

【Pスケール:青3/赤3】

(1):このカード以外の自分フィールドの「ダイナミスト」カードが戦闘または相手の効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊できる。

【モンスター効果】

(1):このカード以外の自分フィールドの「ダイナミスト」モンスター1体をリリースし、以下の効果から1つを選択して発動できる。

●このターン、このカードは直接攻撃できる。
●このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

このカードについて解説

レベル5の上級「ダイナミスト」モンスター。

ペンデュラムスケールは3です。
打点も「ダイナミスト」モンスターの中では高く、メインの戦力として期待できます。

ペンデュラム効果については「ダイナミスト・プテラン」と同様なのでここでは割愛します。
(n回目)

モンスター効果は、自身以外の自分フィールドに存在する「ダイナミスト」モンスターをリリースし、効果を選択し発動する起動効果を持ちます。

発動する事が出来る効果は、「このターン、このカードは直接攻撃できる。」、または「このターン、このカードは1度のバトルフェイズに2回攻撃できる。」の内の1つです。

どちらの効果を選択しても相手のライフポイントを大きく削る事が出来ます。

また、モンスター効果に発動回数制限は設けられていないので、モンスターを2体リリースする事によって、直接攻撃を2回行う事が出来る状態になります。
恐るべし。



ダイナミスト・プレシオス

ダイナミスト・プレシオス

ペンデュラム・効果モンスター

星4/水属性/機械族/攻1700/守1400

【Pスケール:青6/赤6】

(1):このカードがPゾーンに存在する限り1度だけ、このカード以外の自分フィールドの「ダイナミスト」カードを対象として発動した効果を無効にできる。
その後、このカードを破壊する。

【モンスター効果】

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は、自分フィールドの「ダイナミスト」カードの数×100ダウンする。

このカードについて解説

レベル4の下級「ダイナミスト」モンスター。

ペンデュラムスケールは6です。

効果が強力で、複数枚の投入をオススメします。

このカードのペンデュラム効果は、ペンデュラムゾーンの自身いがいの「ダイナミスト」カードを対象として発動した効果を無効化する効果を持ち、その後自身を破壊します。

モンスター効果は、相手フィールドのモンスターの攻撃力・守備力を、自分フィールドの「ダイナミスト」カードの数×100ポイント下げる永続効果を持ちます。

「ダイナミスト」カードなので、ペンデュラムゾーンや魔法・罠ゾーンのカードも含みます。

また、複数体「ダイナミスト・プレシオス」を展開すれば相手モンスター全体の攻撃力・守備力を大幅に下げる事が可能です。



ダイナミスト・アンキロス

ダイナミスト・アンキロス

ペンデュラム・効果モンスター

星4/水属性/機械族/攻1500/守2000

【Pスケール:青6/赤6】

(1):このカードがPゾーンに存在する限り1度だけ、このカード以外の自分フィールドの「ダイナミスト」カードを
対象として発動した効果を無効にできる。
その後、このカードを破壊する。

【モンスター効果】

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分の「ダイナミスト」モンスターが戦闘で破壊したモンスターは除外される。

このカードについて解説

レベル4の下級「ダイナミスト」モンスター。

ペンデュラムスケールは6です。
守備力が高く設定されており、効果も強力なカードです。

ペンデュラム効果については、「ダイナミスト・プレシオス」と同様なので割愛します。

そしてモンスター効果は、このカードが存在する限り自分の「ダイナミスト」モンスターが戦闘で破壊した相手モンスターを除外する永続効果。

相手がペンデュラムテーマなら戦闘破壊したモンスターをエクストラデッキに送らずに済みますし、「彼岸」などの墓地を活用するデッキに対しても絶大なプレッシャーを与える事が出来ます。



ダイナミスト・ブラキオン

ダイナミスト・ブラキオン

ペンデュラム・効果モンスター

星5/水属性/機械族/攻2000/守 800

【Pスケール:青6/赤6】

(1):このカードがPゾーンに存在する限り1度だけ、このカード以外の自分フィールドの「ダイナミスト」カードを対象として発動した効果を無効にできる。
その後、このカードを破壊する。

【モンスター効果】

(1):自分のモンスターゾーンに「ダイナミスト・ブラキオン」が存在せず、フィールドの攻撃力が一番高いモンスターが相手フィールドに存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。

このカードについて解説

レベル5の上級「ダイナミスト」モンスター。

「ダイナミスト・ケラトプス」と似た効果を持ち、自身を自身の効果によって特殊召喚出来る効果を持っています。

ペンデュラム効果については、「ダイナミスト・プレシオス」と同様なので割愛します。

モンスター効果は、フィールドに「ダイナミスト・ブラキオン」が存在せず、フィールドの攻撃力が1番高いモンスターが相手フィールドに存在する場合に、手札から自身を特殊召喚できる効果。


ダイナミスト・レックス

card100028557_1

ペンデュラム・効果モンスター

星5/水属性/機械族/攻2400/守2200

【Pスケール:青6/赤6】

(1):このカードがPゾーンに存在する限り1度だけ、このカード以外の自分フィールドの「ダイナミスト」カードを対象として発動した効果を無効にできる。
その後、このカードを破壊する。

【モンスター効果】

(1):このカードが攻撃を行ったダメージステップ終了時、このカード以外の自分フィールドの「ダイナミスト」モンスター1体をリリースし、以下の効果から1つを選択して発動できる。

●このカードは相手モンスターに続けて攻撃でき、守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

●相手の手札・フィールドのカード1枚を選んで持ち主のデッキに戻す
(手札から選ぶ場合はランダムに選ぶ)。
その後、このカードの攻撃力は100アップする。

このカードについて解説

レベル5の上級「ダイナミスト」モンスター。

ペンデュラムスケールは6。
打点は高いですが、「ダイナミスト・スピノス」に100ポイントだけ及びません。

ペンデュラム効果については、「ダイナミスト・プレシオス」と同様なので割愛します。

モンスター効果は、このカードが戦闘を行ったダメージステップ終了時に自身以外の自分フィールドの「ダイナミスト」モンスターを1体リリースし、効果を選択し発動する誘発効果を持ちます。

選択する効果は以下の内の1つ。

  • このカードは相手モンスターに続けて攻撃でき、守備表示モンスターを攻撃した場合、貫通ダメージを与える
  • 相手の手札・フィールドのカードを1枚選んで持ち主のデッキに戻す。(手札をデッキに戻す場合はランダム)
    その後、自身の攻撃力を100ポイントアップする

1つ目の効果を発動する場合は、リリースさえ確保できれば何度でも攻撃を可能とし、貫通ダメージによって相手のライフを削り取る事ができ、2つ目の効果を発動する場合は、相手の手札・フィールドからカードを対象にとらずに除去できます。

主に使うのは2つ目の効果になると思います。

ダメージステップ終了時に発動する効果なので、基本的にカウンター罠カード以外では妨害されないのも良いですね。

「ダイナミスト」モンスターの特徴

以上が全ての「ダイナミスト」モンスターとなります。

ここで「ダイナミスト」の特徴をおさらいしておくと。

  • レベル4、5の機械族ペンデュラムモンスターからなるテーマ
  • テーマ内のスケールは3と6

そして、ペンデュラム効果はそれぞれのスケールによって共通のものとなっています。

スケール3の「ダイナミスト」モンスターは身代わり効果、スケール6の「ダイナミスト」モンスターは対象にしたカードの無効化。

どちらも効果の使用後は破壊されエクストラデッキに送られるので、ペンデュラム召喚によって再利用する事が可能となっています。

「ダイナミスト」魔法カード(全1種類)

ダイナミスト・チャージ

card100028746_1

永続魔法

「ダイナミスト・チャージ」は1ターンに1枚しか発動できない。

(1):このカードの発動時の効果処理として、デッキから「ダイナミスト」モンスター1体を手札に加える。

(2):1ターンに1度、「ダイナミスト」カードがフィールドから自分のエクストラデッキに表側表示で加わった場合に発動する。
そのカード1枚を手札に加える。

このカードについて解説

1ターンに1枚しか発動できない制限を持ちますが、効果は強力。

発動時の処理としてデッキから「ダイナミスト」モンスターを手札に加える効果、そしてフィールドからエクストラデッキに「ダイナミスト」カードが加わった場合にそのカードを手札に加える効果を持ちます。

発動時の「ダイナミスト」サーチは言うまでも無く強力。

そして2つ目の効果によって、ペンデュラムスケールが破壊された時のための保険をかける事が出来ます。

「ダイナミスト・プテラン」の効果によってサーチ可能なカードであるので、積極的に発動を狙いたいカードです。

「ダイナミスト」サポートフィールド魔法カード(全1種類)

ダイナミックP

card100028695_1

フィールド魔法

(1):フィールドの「ダイナミスト」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。

(2):自分の「ダイナミスト」モンスターが戦闘を行う場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

このカードについて解説

フィールドの「ダイナミスト」モンスターの攻撃力・守備力を300ポイントアップする効果と、自分フィールドの「ダイナミスト」モンスターが戦闘を行う場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・モンスター効果を発動する事が出来なくなります。

攻撃力・守備力のアップは少し地味な数値ですが、「ダイナミスト・プレシオス」などと一緒に用いれば相手モンスターとの攻撃力の差を大きく広げる事が可能です。

また、戦闘中の相手のカードの発動制限も、戦闘を介して効果を発動する「ダイナミスト」とは相性が良いです。

しかし、カード名に「ダイナミスト」が含まれていないので「ダイナミスト・プテラン」でサーチする事が出来ず、現状だと「テラ・フォーミング」などのカードを使用しなければなりません。

「ダイナミスト」罠カード(全3種類)

ダイナミスト・ラッシュ

ダイナミスト・ラッシュ

通常罠

「ダイナミスト・ラッシュ」は1ターンに1枚しか発動できない。

(1):デッキから「ダイナミスト」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは他のカードの効果を受けず、エンドフェイズに破壊される。

このカードについて解説

デッキから「ダイナミスト」モンスターを特殊召喚するという何ともダイナミックな効果。

加えて、この効果で特殊召喚したモンスターは他のカードの効果を受けずに、エンドフェイズに破壊されます。

破壊されてもペンデュラムモンスターはエクストラデッキに加わるカード群ですので再びペンデュラム召喚する事が可能です。

特殊召喚したモンスターを壁モンスターとして運用するのも良いですし、バトルフェイズ中に発動し追撃要員とするのもありですね。



ダイナミスト・エラプション

ダイナミスト・エラプション

通常罠

(1):自分フィールドの「ダイナミスト」モンスターが戦闘・効果で破壊された場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

このカードについて解説

自分フィールドの「ダイナミスト」モンスターが戦闘・効果で破壊された場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動し、そのカードを破壊します。

使い勝手が悪く、あまりこのカードを採用する理由はありませんね。



ダイナミスト・ハウリング

(画像は判明次第追加します。)

永続罠

(1):このカードの発動時の効果処理として、デッキから「ダイナミスト」Pモンスターを2体まで選んで自分のPゾーンに置くことができる。
置いた場合、次のターン終了時まで自分は「ダイナミスト」モンスターしかP召喚できない。

(2):このカードが魔法罠ゾーンに表側表示で存在する場合、1ターンに1度、自分フィールドの「ダイナミスト」モンスターを1体リリースし、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを相手の手札に戻す。

このカードについて解説

このカードの発動時の効果処理として、デッキから「ダイナミスト」Pモンスターを2体まで選んで自分のペンデュラムゾーンに置くことが出来ます。
「ダイナミスト」版の「ペンデュラム・コール」のようなカードですね。

強力な効果ですが、この効果を使用しペンデュラムゾーンにカードを置いた場合、次の自分のターン終了時まで自分は「ダイナミスト」モンスターしかペンデュラム召喚する事が出来なくなります。

まあ「ダイナミスト」デッキなら殆ど問題ないんですけどね・・。

そして2つ目の効果、1ターンに1度自分フィールドの「ダイナミスト」モンスターを手札に戻し、相手フィールドのカードを1枚手札に戻す事が出来ます。

フリーチェーンで発動出来る効果の上、フィールドという幅広い選択肢からカードをバウンスする事が出来ます。

「ダイナミスト・エラプション」とは何だったのか・・・。

終わりに

「ダイナミスト」は名前の通りダイナミックなカードが多く、1枚のカードパワーや相手を攻め込む力が強いと思います。

今まではアドを得にくいテーマでしたが、「ダイナミスト・ハウリング」の登場によって一気に強さが変わるテーマだと思います。

カードをそれぞれ見ていると「ダイナミスト」は特に罠カードが強力な印象を受けるテーマですね!

近いうちに「ダイナミスト」デッキレシピを考えたり、相性の良いカードを紹介したいと思いますので、お楽しみに。

それでは、長い記事でしたが最後まで読んでいただきありがとうございました!


スポンサーリンク

 - カード評価, 遊戯王 ,