*

「恐竜族」サポートモンスターカード計6枚を紹介、解説

      2017/07/07

この記事では「恐竜族」をサポートする恐竜族と相性が良いモンスターカード合計6枚を紹介します。

恐竜族を主軸とするデッキや、恐竜族テーマを組む際の参考にしてみてください。
効果の解説は「恐竜族」サポートに関する部分のみとします。

また、記事の最後には他の「恐竜族サポートカード」や、恐竜族に多い「地属性モンスター」、「炎属性モンスター」のサポートカードを特集した記事へのリンクもあるので、興味のある方はそちらもどうぞ。

カード情報(全6種類)

ベビケラサウルス

効果モンスター
星2/地属性/恐竜族/攻 500/守 500

(1):このカードが効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
デッキからレベル4以下の恐竜族モンスター1体を特殊召喚する。

レベル2、地属性・恐竜族の下級効果モンスター。
破壊され墓地へ送られた場合に発動する誘発効果を持ち、デッキからレベル4以下の恐竜族モンスター1体を特殊召喚します。

「恐竜族」サポートカードにはカード効果でモンスターを破壊できるカードが多いので、能動的に効果を使用できます。

プチラノドン

効果モンスター
星2/地属性/恐竜族/攻 500/守 500

(1):このカードが効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
デッキからレベル4以上の恐竜族モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。

レベル2、地属性・恐竜族の下級効果モンスター。
効果で破壊され墓地へ送られた時に発動する誘発効果を持ち、デッキからレベル4以上の恐竜族モンスター1体を特殊召喚します。

「ベビケラサウルス」と比べるとレベル4以上の強力なモンスターを呼び出せますが、特殊召喚したターンそのモンスターでは攻撃できないデメリットを持ちます。

幻創げんそうのミセラサウルス

効果モンスター
星4/炎属性/恐竜族/攻1800/守1000

「幻創のミセラサウルス」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズにこのカードを手札から墓地へ送って発動できる。
そのメインフェイズの間、自分フィールドの恐竜族モンスターは相手が発動した効果を受けない。
(2):自分の墓地からこのカードを含む恐竜族モンスターを任意の数だけ除外して発動できる。
除外したモンスターの数と同じレベルの恐竜族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

レベル4、炎属性・恐竜族の下級効果モンスター。
自分、相手のメインフェイズに手札のこのカードを墓地へ送って発動できる誘発即時効果を持ち、発動したメインフェイズの間、恐竜族モンスターは相手が発動した効果を受けなくなります。

フリーチェーンで扱える効果、かつ手札で発動する効果なので相手の意表を突くことができます。

また、墓地のこのカードを含む任意の枚数の恐竜族モンスターを除外して発動できる起動効果も持ち、除外した数のレベルを持つ恐竜族モンスター1体をデッキから特殊召喚します。

上級モンスターを呼び出すにはコストが気になりますが、先程の「ベビケラサウルス」、「プチラノドン」などの下級効果モンスターを呼び出すには便利な効果です。

魂喰たまぐいオヴィラプター

効果モンスター
星4/闇属性/恐竜族/攻1800/守 500

「魂喰いオヴィラプター」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから恐竜族モンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。
(2):このカード以外のフィールドのレベル4以下の恐竜族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
その後、自分の墓地から恐竜族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。

レベル4、闇属性・恐竜族の下級効果モンスター。
召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる誘発効果を持ち、デッキから恐竜族モンスター1体を手札に加えるか、墓地へ送ります。

また、フィールドのレベル4以下の恐竜族モンスター1体を対象にして発動できる起動効果を持ち、対象としたモンスターを破壊、さらに墓地から恐竜族モンスター1体を守備表示で特殊召喚します。
破壊をトリガーに効果を発動する「プチラノドン」、「ベビケラサウルス」などを破壊すれば良いと思います。

超古代恐獣エンシェント・ダイノ

効果モンスター
星8/地属性/恐竜族/攻2700/守1400

このカードは恐竜族モンスター1体をリリースして表側攻撃表示でアドバンス召喚できる。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在し、自分の墓地から恐竜族モンスターが特殊召喚された時に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

レベル8、地属性・恐竜族の上級効果モンスター。
レベル8のモンスターカードは通常なら2体のリリースが必要です。ですがこのカードの場合、恐竜族モンスター1体のリリースで召喚する事ができます。
また、このカードは自分の墓地から恐竜族モンスターが特殊召喚された時に発動できる誘発効果を持ち、デッキからカードを1枚ドローします。

先程の「魂喰いラヴィタプター」を始めとする恐竜族蘇生カードと相性が良いです。

究極伝導恐獣アルティメットコンダクターティラノ

特殊召喚・効果モンスター
星10/光属性/恐竜族/攻3500/守3200

このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の恐竜族モンスター2体を除外した場合に特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、相手フィールドの表側表示モンスターを全て裏側守備表示にする。
(2):このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。
(3):このカードが守備表示モンスターを攻撃したダメージステップ開始時に発動できる。
相手に1000ダメージを与え、その守備表示モンスターを墓地へ送る。

レベル10、光属性・恐竜族の上級効果モンスター。
通常召喚できず、墓地の恐竜族モンスター2体を除外し、特殊召喚します。
(1)の効果は自分、相手のメインフェイズに発動できる誘発即時効果で、自分の手札、フィールドのモンスター1体を破壊し、相手フィールドの表側表示モンスター全てを裏側守備表示にします。
(2)の効果はこのカードが相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる永続効果。
(3)の効果はこのカードが守備表示モンスターを攻撃したダメージステップ開始時に発動できる誘発効果で、相手に1000ポイントダメージを与え、攻撃した守備表示モンスターを墓地へ送ります。

(1)の裏側守備表示にする効果を組み合わせれば、相手の場のモンスター全てを裏側のまま墓地へ送り、さらには1体につき1000ポイントのダメージを与えることが可能となります。
出しやすさに比例しない破格のスペックを持っていますね。

終わりに

今後新規カードで、「恐竜族」サポートのモンスターカードが登場次第この記事に追加していきます。

また、このカードも「恐竜族」サポートモンスターカードなのでは?というカードがございましたらコメントで教えていただけると嬉しいです。

 

遊戯王最新パック

 - 種族サポートカード紹介, 遊戯王