*

【種族サポート】「ドラゴン族」サポート罠カード6枚紹介!【遊戯王】

      2017/04/17

今回の記事では、「ドラゴン族」モンスターをサポートする汎用罠カードを合計6枚紹介しようと思います。

ここでの「汎用」の意味は、「ドラゴン族」モンスターを扱うデッキなら採用を検討できるという意味で使用しています。

「ドラゴン族」を主軸とするデッキや、「ドラゴン族」テーマを組む際の参考にしてみてください。

記事の最後にはドラゴン族をサポートする魔法カードやモンスターカードに関する記事へのリンクも用意してあるので、興味のある方はどうぞ。


スポンサーリンク

「ドラゴン族」サポート罠カード(全6種類)

りゅう束縛そくばく

永続罠

自分フィールドの攻撃力・守備力が2500以下のドラゴン族モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。

(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いに対象のモンスターの元々の攻撃力以下のモンスターを特殊召喚できない。

(2):対象のモンスターがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。

 

自分フィールド上の攻撃力・守備力が2500ポイント以下のドラゴン族モンスターを1体対象として発動する永続罠カード。

発動したこのカードが魔法・罠ゾーンに存在する限り、お互いに対象のモンスターの元々の攻撃力以下のモンスターの特殊召喚を封じます。

なので、低レベルモンスターを大量展開してから大型モンスターを展開する「リンク召喚」をメインとしたテーマや、「シンクロ召喚」をメインとしたデッキの動きを大きく制限する事が可能です。

(2)の効果は、最初に対象としたモンスターがフィールドを離れた場合にこのカードも破壊される効果。
この手のカードではお決まりの効果ですね。

竜魂りゅうこんしろ

永続罠

(1):「竜魂の城」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。

(2):1ターンに1度、自分の墓地からドラゴン族モンスター1体を除外し、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで700アップする。

(3):表側表示のこのカードがフィールドから墓地へ送られた時、除外されている自分のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

(1)の効果は、同時に「竜魂の城」を2枚以上発動させないための制限効果。

(2)の効果は、1ターンに1度、自分の墓地からドラゴン族モンスター1体を除外し、自分フィールドの表側表示モンスター1体の攻撃力をターンの終了時まで700ポイントアップする効果。

上昇する数値も悪くないですし、永続罠カードなのでフリーチェーンで効果を発動する事が出来ます。

相手の攻撃を牽制する役割りと、自分の攻める攻撃力を上げる二つの役割を担うことができますね。

(3)の効果は、表側表示のこのカードがフィールドから墓地へ送られた時に、除外されている自分のドラゴン族モンスター1体を特殊召喚できる効果。

この効果は(2)の効果を一度でも使用していれば使用可能です。
便利な効果なので、自分でこのカードを破壊するギミックを投入すれば、蘇生カードとして運用する事ができます。

牙竜転生がりょうてんせい

通常罠

ゲームから除外されている自分のドラゴン族モンスター1体を選択して手札に加える。

 

ゲームから除外されているドラゴン族モンスターを手札に加えるという至極シンプルな通常罠カード。

ドラゴン族を除外するカードはさっき紹介した「竜魂の城」をはじめとして複数枚あったり、コストとして除外するカードがあるので、発動条件を簡単に満たす事が出来ます。

除外したドラゴン族を再利用したい場面があるデッキなら、採用を検討してみましょう。


スポンサーリンク

りゅう転生てんせい

通常罠

(1):自分フィールドのドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。
その自分のドラゴン族モンスターを除外し、自分の手札・墓地からドラゴン族モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 

自分フィールドのドラゴン族モンスター1体を対象として発動する通常罠カード。

対象としたドラゴン族モンスター1体を除外し、手札・墓地からドラゴン族モンスター1体を特殊召喚する事が出来ます。

敢えてフィールドのドラゴン族モンスターを蘇生したい場面があるなら、採用してみても良いと思います。

バースト・ブレス

通常罠

(1):自分フィールドのドラゴン族モンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターの攻撃力以下の守備力を持つフィールドのモンスターを全て破壊する。

 

自分フィールドのドラゴン族モンスター1体をリリースして発動する通常罠カード。
リリースしたモンスターの攻撃力以下の守備力を持つフィールドのモンスター全てを破壊します。

守備力を参照にして破壊するので、比較的破壊できるモンスターの範囲は広いですが、弱点が2点存在します。

一つは、自分フィールドのモンスターも破壊してしまう点。
もう一つは、リンクモンスターは守備力を持たないため破壊出来ない点。

しかし、二つ目の弱点はメリットとも取れますね。

リンクモンスターは破壊から防ぎつつ、リンクモンスター以外のモンスターを一掃する事が出来ます。
臨機応変にデッキに組み込みましょう。

終わりに

今後も、新たに「ドラゴン族」サポートカードが登場次第、この記事に新たに追加しようと思います。

また、このカードも「ドラゴン族」サポートカードだと思うカードがございましたら、コメントで教えてくださると嬉しいです。

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました。

記事をSNSなどで拡散してくださると、ブログを書くモチベーションに繋がるのでぜひお願いします!

他の「ドラゴン族」サポートカード紹介記事

【種族サポート】「ドラゴン族」サポート魔法カード11枚紹介!【遊戯王】

【種族サポート】「ドラゴン族」サポート モンスターカード9枚紹介!【遊戯王】


スポンサーリンク

 - 種族サポートカード紹介, 遊戯王