*

【ツイツイの立場危うし!】「砂塵の大嵐」の効果解説と、このカードに対する個人的評価!

   

今回の記事では、「コード・オブ・デュエリスト」に収録される事が判明した「砂塵の大嵐」の効果解説と、このカードに対する個人的評価について書いていこうと思います。

「ツインツイスター」が再録されてすぐに「魔法・罠カード」を2枚破壊するカードを出すとは・・・・。

コナミは商売上手だなぁ・・・(白目)


スポンサーリンク

カード情報

砂塵の大嵐

通常罠

このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。

(1):フィールドの魔法・罠カードを2枚まで対象として発動できる。そのカードを破壊する。

 

カード効果解説

まず、このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行う事が出来ません
なので、相手ターンに発動すれば、デメリットを無視して発動する事が出来ます。

効果は、フィールドの魔法・罠カードを2枚まで対象として発動し、そのカードを破壊する効果。

2枚までなので、1枚でも破壊する事が出来ますし、自分フィールド上に存在する魔法・罠カードも破壊する事が出来ますね。

このカードに対する個人的評価

今まで、相手の魔法・罠カードを破壊したい場合は「ツインツイスター」を投入していましたが、それらの環境に一石を投じるカードですよね。

「ツインツイスター」を採用するメリットとしては、「速攻魔法であるので伏せなくても使用可能」、「手札をコストとして捨てる事が出来る」というものがあります。

対して「砂塵の大嵐」は、「コスト無しで2枚のカードを破壊可能」、「罠カードなので魔封じの芳香などの影響を受けない」などでしょうか。

後攻で相手を攻めるなら伏せなくても使用可能な「ツインツイスター」に軍配が挙がりますし、先行で布陣を固めるなら「砂塵の大嵐」に軍配が挙がるでしょうね。

自分のデッキが先行と後攻のどっち向きかでどちらを採用するのかを決めても良いかもしれません。

終わりに

それでは、最後まで記事を読んでくださりありがとうございました!
記事をSNSなどで広めてくださるとブログを続けるモチベーションに繋がるのでぜひお願いします。

コメントもお待ちしておりますので、気軽にどうぞ。


スポンサーリンク

 - カード評価, 遊戯王