*

アモルファージ強化!「EM小判竜」効果、運用方法について考察する。

   

今回の記事では、「マキシマム・クライシス」に収録される事が判明した「EMエンタメイト小判竜ドラゴ・リモーラ」の効果、運用方法などについて考察していきたいと思います。

最初に効果を見たときは、「アモルファージ新規か!?」と目を疑う効果でしたね。
せっかくだったら「アモルファージ・小判竜ドラゴ・リモーラ」とかにしてくれれば良かったのですが・・・・。

主に「アモルファージ」デッキでの運用方法について書いていく記事になると思うので、興味の無い方はすみません!


スポンサーリンク

カード情報

EMエンタメイト小判竜ドラゴ・リモーラ

d77c9ccf

ペンデュラム・効果モンスター

星4/水属性/ドラゴン族/攻1700/守1000

【Pスケール:青5/赤5】

(1):1ターンに1度、エクストラデッキから特殊召喚された自分フィールドのドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、その自分モンスターが相手モンスターと戦闘を行った場合、その相手モンスターはダメージ計算後に除外される。

【モンスター効果】

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカード以外の自分フィールドのドラゴン族モンスターは攻撃力が500アップし、効果では破壊されない。

 

カード効果考察

ペンデュラムスケール、ステータスなどについて

ペンデュラムスケールは5、下級「アモルファージ」モンスターならペンデュラム召喚出来るスケールですし、レベルも4なのでこのカード自身もエクストラデッキから再びペンデュラム召喚しやすいレベルとなっています。

攻撃力は1700ポイントあり、低すぎない数値で良いですね。

ペンデュラム効果について

ペンデュラム効果は、1ターンに1度エクストラデッキから特殊召喚された自分フィールドのドラゴン族モンスター1体を対象として発動、このターンそのモンスターが相手モンスターと戦闘を行った場合、その相手モンスターをダメージ計算後に除外します。

「アモルファージ」は相手の行動を事前に妨害し、行動自体を封じる事によって勝利を目指すテーマだったので、1度相手がモンスターを展開してしまうとそのまま押されてしまう事が多いです。

しかしこのカードの登場によって、ある程度は相手モンスターを除去する事が可能となりました。

ネックなのはエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターで無いと効果の対象に出来ない点でしょうか・・・。

モンスター効果について

モンスター効果は、自身がフィールドに存在する限り、自身以外のドラゴン族モンスター全体の攻撃力を500ポイントアップし、効果でも破壊されなくなります。

「アモルファージ」モンスターは攻撃力が中途半端なモンスターが多く、サポートカードで攻撃力を上げても序盤だと300~400ポイント程度しか攻撃力を上げる事が出来ませんでしたが、このカードのおかげで一気に全体の攻撃力を底上げする事が可能となりました。

また、効果破壊耐性も非常に強力!

「アモルファージ」は性質上フィールドにモンスターを維持し続けないと妨害効果も機能しない他、ペンデュラムスケールも破壊されてしまう非常に脆いテーマなので、モンスターに破壊耐性を与えられるのは嬉しいです。

ちなみに、2体以上「EMエンタメイト小判竜ドラゴ・リモーラ」を用意すれば、ドラゴン全体の攻撃力を1000ポイントアップする事が可能ですし、どちらの「EMエンタメイト小判竜ドラゴ・リモーラ」も効果で破壊されなくなります。

終わりに

「アモルファージ」は「妨害テーマ」というテーマのコンセプト上、新規を貰いづらいテーマですよね・・・・。

こういった間接的な強化でも嬉しいので、コナミさんには「アモルファージ」の事を忘れないで貰いたいですね~。


スポンサーリンク

関連記事

全カード解説!「アモルファージ」ってどんなテーマ?

 - カード評価, 遊戯王 ,