*

【おとぎ話モンスター】「妖精伝姫」ってどんなカード?【フェアリーテイル】

   

今回の記事では、最近のパックにノーマルレアで収録されている「妖精伝姫」カードの紹介と解説を行っています。

「妖精伝姫」シリーズはそれぞれが絶妙なシナジーを持たせながら幅広いデッキで扱えるように調整してあるカードという印象を受けますね。

今後も登場するとしたら汎用性がある効果だと思うのですが、殆どがノーマルレアでの収録なのであまりに強力だと値段がとんでもないことに・・・・。


スポンサーリンク

カード情報

妖精伝姫フェアリーテイルーシラユキ

妖精伝姫シラユキ

効果モンスター

星4/光属性/魔法使い族/攻1850/守1000

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。

(2):このカードが墓地に存在する場合、自分の手札・フィールド・墓地からこのカード以外のカード7枚を除外して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

(1)の効果は召喚・特殊召喚成功時に発動する誘発効果で、相手フィールドの表側表示モンスター1体を裏側守備表示に変更することができます。

(2)の効果は自身が落ちに存在する場合に、自分の手札・フィールド・墓地から自身以外のカードを7枚除外して発動する効果。

自身を墓地から特殊召喚します。

また、この効果は相手ターンでも発動可能な誘発即時効果です。

(1)の効果はモンスター効果版の「月の書」のような効果ですね。
さらに、このカードは相手ターンにも特殊召喚する事ができるので「月の書」と同じ要領で効果を使用する事が可能です。

除外しなければいけないカードの枚数は少し多いですが、墓地を大量に肥やす事が可能な「ライトロード」などとは相性抜群です。

最近のカードでは珍しく効果の発動回数の制限も存在しないので、特殊召喚したこのカードが墓地へ送られた場合、カードを除外すればすぐに復活させる事が可能です。

妖精伝姫フェアリーテイルーシンデレラ

妖精伝姫ーシンデレラ

効果モンスター

星4/光属性/魔法使い族/攻1850/守1000

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いにこのカード以外のフィールドのモンスターを魔法カードの効果の対象にできない。

(2):1ターンに1度、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から装備魔法カード1枚を選んでこのカードに装備する。
この効果で装備された装備魔法カードはエンドフェイズに持ち主の手札に戻る。

 

(1)の効果は自身がモンスターゾーンに存在する限り、お互いにこのカード以外のフィールドのモンスターを魔法カードの効果の対象にできなくする永続効果。

自分フィールドのモンスター全体に魔法への耐性を付与するカードとして見ても良いですし、相手が自分フィールドのモンスターを対象とした魔法カードの発動を妨害するカードとしても機能する事ができます。

最近のテーマだと、「魔術師」はペンデュラムゾーンで自分フィールド上のモンスターを対象として発動するモンスターが多数登場したので、このカードの効果が効きますね。

(2)の効果は手札の魔法カードをコストに発動する起動効果。
自分の手札・デッキ・墓地から装備魔法カードを選んで自身に装備します。

装備カードはエンドフェイズに持ち主の手札に戻ります。

妖精伝姫フェアリーテイルーターリア

妖精伝姫 ターリア

リバース・効果モンスター

星4/光属性/魔法使い族/攻1850/守1000

「妖精伝姫-ターリア」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがリバースした場合に発動できる。
手札からモンスター1体を特殊召喚する。

(2):相手が通常魔法・通常罠カードを発動した時、このカード以外の自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
その効果は「相手フィールドの表側表示のモンスター1体を選んで裏側守備表示にする」となる。

 

「妖精伝姫」モンスターの中では唯一のリバース効果モンスター。

リバースした場合に手札のモンスターを1体特殊召喚することが可能です。
特に制限は無いので、好きなモンスターを特殊召喚することができます。

(2)の効果は、相手が通常魔法・通常罠カードを発動した時、自身以外の自分フィールドのモンスターを1体リリースし、その発動したカードの効果を「相手フィールドの表側表示のモンスターを1体選んで裏側守備表示にする」という効果に塗りかえる効果。

相手の通常魔法・通常罠カードを実質無効化する事が可能な効果です。

出来れば自分フィールドのリバースモンスターを裏側守備表示にして、再びリバース効果の発動を狙いたいところです。

また、この効果には1ターンに1度の発動回数制限が無いので、発動条件を満たせば複数回相手のカードの発動を妨害できます。

妖精伝姫フェアリーテイルーカグヤ

妖精伝姫ーカグヤ

効果モンスター

星4/光属性/魔法使い族/攻1850/守1000

(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。デッキから攻撃力1850の魔法使い族モンスター1体を手札に加える。

(2):1ターンに1度 相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。相手はそのモンスターの同名カード1枚を自身のデッキ・エクストラデッキから墓地へ送ってこの効果を無効にできる。墓地へ送らなかった場合、このカードと対象のモンスターを持ち主の手札に戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。

 

召喚に成功した時に発動可能な誘発効果を持ち、デッキから攻撃力1850ポイントの魔法使い族モンスターを手札に加える事が出来ます。

これまで紹介してきた「妖精伝姫」シリーズのモンスターは全てサーチする事が可能です。
(何気に同名カードもサーチ可能・・・・)

他には「憑依装着」モンスター群もサーチ範囲に含まれます。

(2)の効果は1ターンに1度相手フィールド上のモンスター1体を対象として発動する誘発即時効果。

この効果の発動を、相手は対象となったモンスターと同名モンスターを自身のデッキ・エクストラデッキから墓地へ送る事によってこの効果の発動を無効にすることができます。

もし墓地へ送らなかった場合、対象としたモンスターと自身を手札に戻します。

誘発即時効果なので相手ターンにも発動する事ができる効果です。

フリーチェーンでのバウンス効果は魅力的ではありますが、同名モンスターを墓地へ送るという比較的簡単な条件で無効化されてしまうのはちょっと使いづらいと思います。

エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターなら、同名モンスターを2枚以上入れている場合が少ないので効果を無効化されなそうなので良いと思います。

自身を手札に戻す事ができたなら、次のターンにもう一度このカードを召喚してサーチ効果の発動を狙う事も可能です。

終わりに

この「妖精伝姫」シリーズは10期に突入した時点で終了してしまうのか、それともある程度「おとぎ話」を消化するまで登場するのか気になりますよね。

個人的には「ラプンツェル」とかが来てほしいかな~。

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました。


スポンサーリンク

 - その他, 遊戯王