*

「破壊竜ガンドラ-ギガ・レイズ」の効果、運用方法について考える!

      2016/12/16

今回の記事では、Vジャンプ2月号の付録カード「破壊竜ガンドラ-ギガ・レイズ」の効果が判明したので、効果考察、運用方法について記事を書きました。

まさかあの「ガンドラ」をテーマ化してくるとは予想外でした。
今後も新しい「ガンドラ」が登場するのでしょうか・・・?


スポンサーリンク

カード効果情報

破壊竜ガンドラ-ギガ・レイズ

%e7%a0%b4%e5%a3%8a%e7%ab%9c%e3%82%ac%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%a9%e3%83%bb%e3%82%ae%e3%82%ac%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%ba

 

効果モンスター

星8/闇属性/ドラゴン族/攻 0/守 0

このカードは通常召喚できない。
このカード以外の自分の手札・フィールドのモンスター2体を墓地へ送った場合に特殊召喚できる。

(1):このカードの攻撃力は除外されているカードの数×300アップする。

(2):1ターンに1度、LPを半分払って発動できる。
自分の墓地の「ガンドラ」モンスターの種類によって以下を適用する。

●1種類:このカード以外のフィールドのカードを全て破壊する。

●2種類:このカード以外のフィールドのカードを全て除外する。

●3種類:このカード以外のお互いのフィールド・墓地のカードを全て除外する。

 

カード効果考察

特殊召喚条件について

これまでの「ガンドラ」カードとは違い、通常召喚する事が出来ませんが、自身の効果によって特殊召喚する事が可能となっています。

特殊召喚条件は、手札・フィールドのモンスターカードを2枚墓地に送るというもの。

満たしやすい条件なので、これまでの「ガンドラ」より簡単に展開できるカードだと思います。

ステータスについて

攻撃力は定まっておらず、除外されているカードの枚数×300ポイントの数値となります。

汎用性の高い「強欲で貪欲な壺」が多くのデッキで採用されているので、大きな攻撃力の上昇を期待できそうです。
1枚でもどちらかのプレイヤーが発動すれば攻撃力3000ポイントまでは上昇するので、高打点モンスターとして運用する事が出来ます。

(2)の効果について

「破壊竜ガンドラ」よろしくライフを半分払い発動する効果を内蔵しています。

墓地に「ガンドラ」モンスターの種類によって発動できる効果の数が変わる効果となっています。

種類が多いほど効果は強力なものとなっていくので、手札に複数の「ガンドラ」モンスターを持っていたなら、このカードを特殊召喚する時に墓地に送りましょう。

それでは、墓地の「ガンドラ」モンスターの種類によって発動する効果を見ていきましょう。

  • 1種類:このカード以外のフィールドのカードを全て破壊する。
  • 2種類:このカード以外のフィールドのカードを全て除外する。
  • 3種類:このカード以外のお互いのフィールド・墓地のカードを全て除外する。

現在「ガンドラ」モンスターは3種類しか存在しないので、3つ目の効果を使用するなら、「破壊竜ガンドラ」、「破壊竜ガンドラX」、「破壊竜ガンドラ-ギガ・レイズ」ら全てを墓地へ送る必要があります。

 このカードの運用方法について考える

大量墓地肥やし

最近登場した、「隣の芝刈り」によってデッキカードを大量に墓地に落とす事が出来るようになったので、墓地の「ガンドラ」モンスターの種類も一気に増やす事が出来そうです。

隣の芝刈り

card100041211_1

通常魔法

(1):自分のデッキの枚数が相手よりも多い場合に発動できる。
デッキの枚数が相手と同じになるように、自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。

 

大量のカードを墓地へ落とすためには、デッキの枚数を多めにしてデッキを構築する必要があります。

大量除外、そしてドロー

強欲で貪欲な壺

card100034931_1

通常魔法

「強欲で貪欲な壺」は1ターンに1枚しか発動できない。

(1):自分のデッキの上からカード10枚を裏側表示で除外して発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

 

このカードの発動によってデッキからカードを10枚除外できるだけでなく、手札増強も行う事ができます。

サーチカード

また、レベル8の闇属性モンスターなので、「魔導契約の扉」の効果によって簡単にサーチが可能です。

他の「ガンドラ」モンスターもレベル8の闇属性モンスターなので、このカードでサーチする事が出来ます。

「魔導契約の扉」には発動回数の制限も無いので、手札に複数枚あれば全て発動する事が出来ます。

「隣の芝刈り」や「強欲で貪欲な壺」で除外、墓地へ送られる前に手札に加えましょう。

魔導契約の扉

card100035338_1

通常魔法

(1):自分の手札から魔法カード1枚を選んで相手の手札に加える。
その後、自分のデッキからレベル7・8の闇属性モンスター1体を自分の手札に加える。

 

終わりに

今後も「ガンドラ」モンスターが増えるのかは分かりませんが、現在のカードプールでも十分に運用する事が出来そうな性能です。


スポンサーリンク

関連記事

 - カード評価, 遊戯王