*

【ヴァレットと好相性】「ゲートウェイ・ドラゴン」【効果解説・分析】

      2017/08/21

ゲートウェイ・ドラゴンアイキャッチ

この記事では【サーキットブレイク】に収録された効果モンスターカード、【ゲートウェイ・ドラゴン】の効果解説に加え、このカードについて管理人の思った事や運用方法など、考えた事を書きます。

■カード情報

ゲートウェイ・ドラゴン

ゲートウェイ・ドラゴン

効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守1400

このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):相手フィールドにリンクモンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札からレベル4以下のドラゴン族・闇属性モンスター1体を特殊召喚する。

■カード効果解説

(1)の効果は相手の場にリンクモンスターが存在する場合に、手札からこのカードを特殊召喚する事ができるルール効果。

(2)の効果は1ターンに1度、自分のメインフェイズに発動できる起動効果で、手札のレベル4以下のドラゴン族・闇属性モンスター1体を特殊召喚します。

■このカードに対する分析

レベルについて

【レベル4】モンスターなので、【レベル4サポートカード】の恩恵を受ける事ができます。

特に【レベル4サポートカード】にはモンスターを展開を補助する効果を持つカードが多く存在するので、このカードの展開力を上げる事により更なるモンスターの展開へと繋げる事ができます。

属性について

属性は【闇属性】。
【闇属性サポートカード】も豊富に存在しており、それらの恩恵を受ける事ができます。

【闇属性】モンスターで統一されているテーマなら【闇の誘惑】は採用したいところ。

種族について

種族は【ドラゴン族】。
こちらもサポートが豊富な種族なので、【レベル】、【属性】、【種族】共に恵まれているといえるでしょう。
【ドラゴン族サポートカード一覧】

また、このカードの効果で場に【ドラゴン族モンスター2体】が揃うので、【ツイン・トライアングル・ドラゴン】をリンク召喚する事ができます。

自己展開効果について

このカードは相手の場にリンクモンスターが存在する場合に手札から特殊召喚する事ができます。

相手依存の効果ではありますが、このカード自身も更なるモンスターの展開効果を持つため、召喚権を温存しながら場に出せれば、手札消費は激しくなりますが爆発的なモンスターの展開を行う事が可能となります。

今後のリンク召喚テーマの台頭具合によってはもっと扱いやすくなるでしょう。

採用したいデッキについて

やはり(2)の展開効果を活かせるテーマに採用したいところ。

テーマ全体のモンスターが【闇属性】、【ドラゴン族】で統一されている【ヴァレット】とは非常に相性が良いです。

終わりに

以上、【ゲートウェイ・ドラゴン】についての解説と分析でした。

【リンク召喚】を主軸とするテーマには展開力が求められるので、今後もこういった展開力が高いカードは登場すると思います。

個人的には【ヴァレット】と名の付いた展開力のあるモンスターも出して欲しいですね~。

そうすれば【クイック・リボルブ】などで特殊召喚する事も可能になりますし・・・。

関連記事

★このカードが収録されているパック

 - 【個別カード解説記事】 , , ,