*

殺意のエンタメ!「EMガトリングール」を評価、運用方法について考察する。

   

今回の記事では、「マキシマム・クライシス」に収録される事が判明した「EMエンタメイトガトリングール」の評価、運用方法について考察していきたいと思います。

アニメ本編でのこのカードは、遊也が自分の中に眠る「覇王龍ズァーク」が少しはみ出ている状態での融合召喚だったので効果も少し凶暴なものとなっています・・・。


スポンサーリンク

カード情報

EMエンタメイトガトリングール

ガトリングール

融合・効果モンスター

星8/闇属性/悪魔族/攻2900/守 900

「EM」モンスター+レベル5以上の闇属性モンスター

「EMガトリングール」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
フィールドのカードの数×200ダメージを相手に与える。

このカードがPモンスターを素材として融合召喚していた場合、さらに相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

 

融合素材について

融合素材は、「EMエンタメイト」モンスターとレベル5以上の闇属性モンスター。

EMエンタメイト」モンスターの中にレベル5以上の闇属性モンスターは存在しないので、「EMエンタメイト」デッキでこのカードを融合召喚するには、相性の良い「オッドアイズ」、「魔術師まじゅつし」などを混ぜる事を前提としているのだと思います。

また、ペンデュラムモンスターを融合素材にした場合には強力な追加効果があるので、なるべくペンデュラムモンスターを使用し融合召喚したいところ。

特に「EMエンタメイト」モンスターの中には自身に「融合」を内蔵しているペンデュラムモンスター、「EMエンタメイトトランプ・ガール」が存在するので、そちらを使って融合召喚を行いたいですね。

EMエンタメイトトランプガール

トランプガール

ペンデュラム・効果モンスター

星2/闇属性/魔法使い族/攻 200/守 200

【Pスケール:青4/赤4】

【モンスター効果】

(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
融合モンスターカードによって決められた、このカードを含む融合素材モンスターを自分フィールドから墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。

(2):このカードがPゾーンで破壊された場合、自分の墓地のドラゴン族の融合モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

ステータスについて

見た目に対して打点が2900ポイントもあり、これまでの「EMエンタメイト」モンスターの中でも最高の攻撃力を誇ります。

他の「EMエンタメイト」モンスターの力を借りて攻撃力をアップすれば殆どのモンスターを戦闘破壊する事が可能です。

(1)の効果について

このカードが融合召喚に成功したときに、フィールドのカードの数×200ポイントのダメージを相手プレイヤーに与える事が出来ます。

相手プレイヤーのカードの枚数は相手プレイヤーに依存してしまいますが、「EMエンタメイト」はペンデュラムゾーンやフィールドゾーンをカードで埋める事が簡単なテーマなので、自身のフィールドのカードの枚数だけでも大きなダメージを期待できます。

また、ペンデュラムモンスターを融合素材にしていた場合、相手フィールドのモンスターを1体選んで破壊し、元々の攻撃力分のダメージを相手プレイヤーに与えます。

モンスターを対象を取らずに除去し、さらには元々の攻撃力分のダメージまで与える事ができます。

加えてこのカードの攻撃力は2900ポイントもあるので、このカード1枚融合召喚しただけでワンターンキルまで持ち込む程のポテンシャルを持っています。

強力な効果なため、「EMエンタメイトガトリングール」の効果は1ターンに1度しか発動できない様に制限されています。

終わりに

いかがだったでしょうか。

EMエンタメイトモンキーボード」以降カードパワーが抑えられ気味だった「EMエンタメイト」ですが、ここにきて強力な融合モンスターの登場です。

まさに必殺の切り札のような効果を持っているので、自分が劣勢の時に融合召喚する事が出来れば形成を逆転しそのまま勝利へ導いてくれるかもしれません。

今後も「EMエンタメイト」が増えていくのかは分かりませんが、今後のカードにも期待しましょう!


スポンサーリンク

 - カード評価, 遊戯王 ,