*

【5分で分かる】「剛鬼」【テーマ解説】

      2017/07/19

■「剛鬼ごうき」とは?

テーマの特徴

テーマ内に属するモンスターは全て地属性・戦士族で統一されており、メインデッキに入る「剛鬼」モンスターの守備力は全てが0ポイントとなっています。

また、「剛鬼」はリンク召喚をメインに戦うテーマで、テーマ内には現在3体のリンクモンスターが存在します。

■メインデッキに入る「剛鬼」モンスターの効果おさらい

この項目では、メインデッキに入る「剛鬼」モンスターの効果をおさらいします。
後で画像で効果をまとめるので、流し読みしても大丈夫です。

剛鬼ごうきヘッドバット

効果モンスター
星2/地属性/戦士族/攻 800/守 0

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札にある場合、このカード以外の「剛鬼」モンスター1体を手札から墓地へ送り、自分フィールドの「剛鬼」モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚し、対象のモンスターの攻撃力をターン終了時まで800アップする。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「剛鬼ヘッドバット」以外の「剛鬼」カード1枚を手札に加える。


(1)の効果は、手札のこのカード以外の「剛鬼」モンスター1体を手札から墓地へ送り、自身を場の「剛鬼」モンスター1体を対象にして発動できる起動効果で、手札のこのカードを守備表示で特殊召喚し、対象としたモンスターの攻撃力をターン終了時まで800ポイントアップします。

(2)の効果は、このカード自身がフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる誘発効果で、デッキから自身と同名以外の「剛鬼」カード1枚を手札に加えます。
この効果はメインデッキに入る「剛鬼」モンスター共通の効果で、フィールドのモンスターを墓地へ送りエクストラデッキからモンスターを特殊召喚する「リンク召喚」のシステムと非常に噛み合っています。

剛鬼ごうきツイストコブラ

効果モンスター
星3/地属性/戦士族/攻1600/守 0

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「剛鬼」モンスター1体をリリースし、自分フィールドの「剛鬼」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、リリースしたモンスターの元々の攻撃力分アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「剛鬼ツイストコブラ」以外の「剛鬼」カード1枚を手札に加える。

(1)の効果は、自分の場の「剛鬼」モンスター1体をリリースし、自分の場の「剛鬼」モンスター1体を対象として発動できる誘発即時効果で、対象としたモンスターの攻撃力を、リリースしたモンスターの攻撃力分アップします。

(2)の効果は共通効果なので解説を省きます。

剛鬼ごうきスープレックス

効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1800/守 0

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
手札から「剛鬼」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「剛鬼スープレックス」以外の「剛鬼」カード1枚を手札に加える。

(1)の効果は、召喚成功時に発動できる誘発効果で、手札の「剛鬼」モンスター1体を特殊召喚します。

(2)の効果は共通効果なので解説を省きます。

剛鬼ごうきライジングスコーピオ

効果モンスター
星5/地属性/戦士族/攻2300/守 0

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのモンスターが存在しない場合、または「剛鬼」モンスターのみの場合、このカードはリリースなしで召喚できる。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「剛鬼ライジングスコーピオ」以外の「剛鬼」カード1枚を手札に加える。

(1)の効果は、自分の場にモンスターが存在しない場合、または「剛鬼」モンスターのみの場合にリリース無しで召喚可能な効果。

「剛鬼」モンスターしか採用していないデッキの場合、必ず条件を満たす事が可能です。

(2)の効果は共通効果なので説明を省きます。

「剛鬼」モンスターの効果まとめ

共通効果まとめ

(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「(自身と同名)」以外の「剛鬼」カード1枚を手札に加える。

固有効果まとめ

■リンク「剛鬼ごうき」モンスターの効果おさらい

ここではエクストラデッキに採用されるリンク「剛鬼」モンスターの効果をおさらいします。

剛鬼ごうきザ・グレート・オーガ

リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/戦士族/攻2600
【リンクマーカー:左下/下/右下】
「剛鬼」モンスター2体以上

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、フィールドのモンスターの攻撃力は、そのモンスターの元々の守備力分ダウンする。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードのリンク先の自分のモンスター1体を破壊できる。

「剛鬼」モンスター2体以上を素材としてリンク召喚するリンク3のモンスター。

(1)の効果は、このカードがモンスターゾーンに存在する限り、フィールドのモンスターの攻撃力を、そのモンスターの元々の守備力分ダウンする永続効果。

自分の場のモンスターにも効果が及ぶ効果ですが、最初でも解説したように「剛鬼」モンスターは守備力を持たないため、この効果の影響を受ける事はありません。

(2)の効果は、このカード自身が戦闘・効果で破壊される場合に、代わりにリンク先のモンスター1体を破壊できる永続効果。

「剛鬼」モンスターは墓地へ送られた場合にサーチ効果を発動できるので、積極的にそれらのモンスターを身代わりにしたいところ。

剛鬼ごうきサンダー・オーガ

リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/戦士族/攻2200
【リンクマーカー:上/左下/右下】
「剛鬼」モンスター2体以上

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、ターンプレイヤーは以下の効果を適用する。
●自分メインフェイズに通常召喚に加えて1度だけ、このカードのリンク先となる自分フィールドに手札からモンスター1体を召喚できる。
(2):このカードのリンク先のモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードの攻撃力は400アップする。

こちらも「剛鬼」モンスター2体以上を素材としてリンク召喚するリンク3モンスター。

(1)の効果は、ターンプレイヤーに対して効果を適用する永続効果で、ターンプレイヤーはメインフェイズに、このカード自身のリンク先に対して、モンスターを追加召喚する事が可能となります。

基本的には自分がこの効果を使用し、リンク4のモンスターへと繋げます。

(2)の効果は、リンク先のモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる誘発効果で、このカード自身の攻撃力を400ポイントアップします。

アップする数値は地味ですが、ステータスの上昇は永続なので、何度も効果を使用すれば馬鹿にできない攻撃力になります。

剛鬼ごうきデストロイ・オーガ

リンクモンスター
リンク4/地属性/戦士族/攻2800
【リンクマーカー:左/右/左下/右下】
「剛鬼」モンスター2体以上

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのリンク先のモンスターはそれぞれ1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
相手は自身の墓地からモンスターを2体まで選んで特殊召喚する。
その後、特殊召喚したモンスターの数まで、自分はリンクモンスター以外の「剛鬼」モンスターを自分の墓地から選んでこのカードのリンク先に特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「剛鬼」モンスターしか特殊召喚できない。

 

「剛鬼」モンスター2体以上を素材としてリンク召喚するリンク4モンスター。

(1)の効果は、リンク先のモンスターに対して1ターンに1度だけ戦闘で破壊されない耐性を付与する永続効果。

(2)の効果は、相手プレイヤーが2体までモンスターを蘇生し、その蘇生したモンスターの数だけ自分の墓地から「剛鬼」モンスターをこのカード自身のリンク先に特殊召喚する起動効果。
デメリットとして、効果の使用後ターン終了時まで「剛鬼」モンスターしか特殊召喚する事ができなくなります。

(2)の効果は完全に相手依存の効果、かつ相手モンスターをノーコストで2体も蘇生してしまうので使い勝手が非常に悪いです。

現状ではこのリンクモンスターを展開するより、汎用リンク4のモンスターを展開したほうが良いでしょう。

■「剛鬼」サポートカード

剛鬼再戦ごうきさいせん

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地のレベルの異なる「剛鬼」モンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

ノーコストで墓地の「剛鬼」2体を守備表示で蘇生する通常魔法カード。
弱いことが何一つ書かれていない強力なサポートカード。
強いて弱点を言うなら「1ターンに1枚しか発動できない誓約」と「リンクモンスターを蘇生できない点」くらいでしょう。

しかもこのカード「剛鬼」の名前を持つので、共通効果によってデッキから簡単にサーチしてくる事が可能です。

■「剛鬼」と相性が良いテーマ外カード

増援ぞうえん

通常魔法
(1):デッキからレベル4以下の戦士族モンスター1体を手札に加える。

戦士族なら採用したい通常魔法カード。
現状では「ライジングスコーピオ」以外の「剛鬼」モンスターはこのカードでサーチする事が可能です。

海亀壊獣かいきかいじゅうガメシエル

効果モンスター
星8/水属性/水族/攻2200/守3000

(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。
(2):相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
(3):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(4):相手が「海亀壊獣ガメシエル」以外の魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを2つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にし除外する。

「剛鬼」と相性が良いというよりは、「剛鬼ザ・グレート・オーガ」と相性が良いモンスターカード。

「剛鬼ザ・グレート・オーガ」が存在する場合、攻撃力0ポイントの状態でこのカードを相手の場に出す事ができます。

ミセス・レディエント

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/獣族/攻1400
【リンクマーカー:左下/右下】
地属性モンスター2体

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、フィールドの地属性モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、風属性モンスターの攻撃力・守備力は400ダウンする。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合、自分の墓地の地属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

地属性モンスター2体でリンク召喚可能なリンク2モンスター。
「剛鬼」モンスターは全て地属性モンスターなので、容易にリンク素材を調達できます。

「剛鬼」のテーマ内にはリンク2のモンスターが存在しないので、取り敢えず「剛鬼」を墓地に送りつつリンク召喚したい時に最適なモンスター。

■まとめ~「剛鬼」デッキの回し方~

1、「剛鬼」モンスターを展開し、リンク召喚の準備をする

2、とりあえずリンク召喚して、「剛鬼」カードをサーチする

3、「剛鬼再戦」などのサポートカードを使用し、モンスターを展開、更なるリンクモンスターを出す

 

基本的にはこんな感じに、アドバンテージを失わずにリンク召喚を行えるのが「剛鬼」の強みです。

終わりに

以上、「剛鬼」の解説でした。

リンク2の剛鬼モンスターが来てくれれば「サンダー・オーガ」が使いやすくなるので、早く登場して欲しいですね~。

他に解説して欲しいテーマなどのリクエストがございましたら、コメント欄に書いてみてください。

★遊戯王最新パック

 - 5分で分かるテーマ解説, 遊戯王