*

【プレデタープランツデッキに必要?】「バオバブーン」を捕食植物デッキに投入する利点を解説。

   

今回の記事では、「捕食植物」デッキに「マキシマム・クライシス」で登場した「バオバブーン」を投入するメリットについて解説します。

もちろんメリットだけでは無いのでその点についても書いていきます。


スポンサーリンク

カード情報

バオバブーン

バオバブーン

効果モンスター

星3/闇属性/植物族/攻1200/守1000

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローし、その後手札を1枚選んでデッキの一番上または一番下に戻す。

(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「バオバブーン」を任意の数だけ特殊召喚する。

 

このカードの効果については知っている方が多いと思うので割愛します。

このカードを「捕食植物」デッキに入れる利点

植物族サポートの共有

このカードは植物族モンスターであり、「捕食植物」モンスターもすべて植物族モンスターなので、デッキに投入した「植物族」サポートは全て共有する事が可能です。

特に投入率の高い「ローンファイア・ブロッサム」などとはこのカードも相性が良いです。

闇属性・植物族モンスターである点

捕食植物デッキに投入率の高い「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」や「捕食植物決めラフレシア」、「捕食植物ドラゴスタぺリア」などの融合モンスターは闇属性を融合素材として使用するモンスターなので、「バオバブーン」を融合素材とする事も可能です。

また、「闇属性」サポートカードをデッキに投入していた場合、それらのカードも共有する事が出来ます。

ランク3のモンスターを入れやすくなる

「バオバブーン」が破壊された場合にデッキから2体の「バオバブーン」を特殊召喚できれば、そのままランク3のエクシーズ召喚へつなげる事が可能です。

また、「捕食植物オフリス・スコーピオ」から「捕食植物ダーリング・コブラ」を特殊召喚した場合も、ランク3のエクシーズモンスターをエクシーズ召喚することが可能となります。

手札で腐っているカードを処理できる

「捕食植物ダーリング・コブラ」は効果の性質上、初手に引いてしまったり、ドローしてしまうととても弱いカードで、デッキに存在する時のみに真価を発揮するモンスターです。

なので、手札で腐っている「捕食植物ダーリング・コブラ」をデッキの一番下に戻し、ドローも行う事ができる点は非常に相性が良いと思います。

「捕食植物」デッキと相性が悪い点

召喚権の奪い合い

「捕食植物」デッキは召喚権を非常に重視するテーマです。
「ローンファイアブロッサム」の召喚さえ無効にしてしまえば動きがそこで止まってしまう事もあるくらいですから・・・。

「捕食植物」デッキが召喚権を使いたいカードは「捕食植物オフリス・スコーピオ」、「捕食植物サンデウ・キンジー」、「ローンファイア・ブロッサム」あたりのカードだと思うのですが、これらの召喚権を費やしてまで「バオバブーン」の召喚を優先する価値はありません・・・。

「バオバブーン」を通常召喚するよりだったら、「超栄養太陽」などを使ってデッキから「バオバブーン」を呼び出した方がよいと思います。

破壊手段の少なさ

「バオバブーン」は戦闘・効果によって破壊された場合に効果を発動するモンスターです。

相手によって破壊されるのを待つのも良いのですが、できれば自ら破壊して効果の発動を狙いたいですよね。

しかし、「捕食植物」デッキにはカードを破壊する手段が少ないです。

なので、このカードを能動的に利用するには、「バオバブーン」と「バオバブーン」を破壊する手段を準備していなくては強く動けないという事です。

破壊手段の少なさを克服するとしたら、やはり「十二獣」という事になってしまいますね。

「十二獣の会局」で「バオバブーン」を破壊する事も可能ですし、「十二獣ドランシア」によって「バオバブーン」を破壊する事も可能です。

終わりに

個人的には、「捕食植物」デッキで「バオバブーン」を上手に使うには、「十二獣」と組み合わせるのが良いと思いました。

しかし、それらのギミックを投入してデッキを回してみたら捕食植物が邪魔という本末転倒の事態に陥ってしまったので、「バオバブーン」は無理して現在の「捕食植物」デッキには入れなくても良いと思いますね。

それでは少し長い記事でしたが、最後まで読んでくださりありがとうございました。


スポンサーリンク

 - その他, 遊戯王