*

「捕食植物ダーリング・コブラ」の運用方法について考える。

   

今回の記事では、「マキシマム・クライシス」に新規収録される事が判明した「捕食植物プレデター・プランツダーリング・コブラ」の運用方法について書きました。

記事の最後には他の「捕食植物」に関する記事へのリンクも貼ってあるので、興味のある方はご覧ください。


スポンサーリンク

カード情報

捕食植物プレデター・プランツダーリング・コブラ

ダーリング

植物族/効果

攻撃力1000 守備力1500

「捕食植物ダーリング・コブラ」の効果はデュエル中一度しか使用できない。

①このカードが「捕食植物」モンスターの効果によって特殊召喚に成功した場合に発動出来る。デッキから「融合」魔法カード、または「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える事が出来る。

 

カード効果考察

捕食植物プレデター・プランツ」モンスターの効果によって特殊召喚された場合に、デッキから「融合」魔法カード、または「フュージョン」魔法カードを手札に加える事が出来ます。

同じような効果を「捕食植物キメラフレシア」も持っていますが、こちらは比較的簡単な条件でサーチを行う事が出来ます。

現状このカードを特殊召喚出来る「捕食植物」モンスターは「捕食植物オフリス・スコーピオ」と「捕食植物スピノディオネア」のみの2体のみなのが少し痛いですが、「捕食植物オフリス・スコーピオ」自体がサーチも効きますしデッキからの特殊召喚も簡単に行う事が出来るのであまり問題になりませんね。

「捕食植物オフリス・スコーピオ」についての記事はこちらにあるので興味のある方はご覧ください。
関連記事:「捕食植物オフリス・スコーピオ」の運用方法について考える。

ちなみにこのカードの効果でサーチするおすすめの「融合」、「フュージョン」魔法カードはこちらの記事で書いているので、興味のある方はご覧ください。
関連記事:「捕食植物キメラフレシア」でサーチ出来る汎用「融合」、「フュージョン」魔法カード特集!

強力な効果ですが、このサーチ効果はデュエル中一度しか使用できない効果なので、一度使うとバニラ同然のカードと化してしまいます。

複数枚の投入は事故率が上がりそうだと思ったのですが、新規カードの「捕食植物プレデター・プランツオフリス・スコーピオ」の効果によってこのカードデッキから特殊召喚する事が出来るので、1枚だけの採用でも問題無さそうです。

終わりに

プロキシでこのカード1枚のみをデッキに投入して何回かデッキを回してみたのですが、コイツが初手に来ることが多くて発狂しかけました。

初手に来るとコストか融合素材になるくらいしか仕事が無くなるので、このカードを採用する際は初手に引かないようにドロー力を鍛えておいた方が良いですね。


スポンサーリンク

関連記事

 - カード評価, 遊戯王