*

「ダイナミスト・ハウリング」の効果、使用方法について徹底解説

   

今回の記事では、「マキシマム・クライシス」に収録される事が判明した「ダイナミスト・ハウリング」の効果、そして「ダイナミスト」デッキでの運用方法などについて解説しようと思います。

記事の最後には他の「ダイナミスト」に関する記事へのリンクも張ってあるので、興味のある方は御覧下さい。


スポンサーリンク

カード情報

ダイナミスト・ハウリング

%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%83%aa%e3%83%b3f%e3%82%b0

永続罠

(1):このカードの発動時の効果処理として、デッキから「ダイナミスト」Pモンスターを2体まで選んで自分のPゾーンに置くことができる。
置いた場合、次のターン終了時まで自分は「ダイナミスト」モンスターしかP召喚できない。

(2):このカードが魔法罠ゾーンに表側表示で存在する場合、1ターンに1度、自分フィールドの「ダイナミスト」モンスターを1体リリースし、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを相手の手札に戻す。

 

カード効果解説

まず、このカードの発動時の処理として、デッキから「ダイナミスト」ペンデュラムモンスターを2体までデッキから選んで自分のペンデュラムゾーンに置くことができます。

ノーコスト、そしてこのカード1枚でペンデュラム召喚の準備が整う強力な効果ですが、効果の発動後、次のターン終了時まで自分は「ダイナミスト」ペンデュラムモンスターしかペンデュラム召喚することが出来なくなります。

(2)の効果は除去に関する効果で、1ターンに1度自分フィールドの「ダイナミスト」モンスターをリリースし、相手フィールドのカードを1枚手札に戻すことができます。

ペンデュラムモンスターはリリースしてもエクストラデッキに送られるので、何度もペンデュラム召喚することによってコストは気になりません。

また、この効果には発動回数の制限が無いので、このカードを複数枚発動すれば、毎ターン相手のカードを複数枚手札に戻すことが可能となります。

ダイナミストデッキでの運用方法

ただでさえ手札消費が荒いテーマであった「ダイナミスト」にとって、1枚でペンデュラム召喚可能な状態までフィールドを整えることができるこのカードはできる限り投入した方が良いカードとなるでしょう。

そして、このカードは「ダイナミスト」カードなので、「ダイナミスト・プテラン」のモンスター効果によってデッキから手札に加えることが可能です。

もしも複数枚このカードが手札に来てしまった場合でも、「ダイナミスト・ハウリング」の(2)の効果が無駄になる場面は少ないと思うので、あまり困らないと思います。

また、「ダイナミスト・ハウリング」は永続罠カードであるので破壊に弱いのですが、「ダイナミスト」ペンデュラムモンスターのペンデュラム効果によって破壊を防ぐことができるので、場持ちも良いカードとなっています。

終わりに

「ダイナミスト」カードの中では破格の性能を持つ罠カードですよね。
「ダイナミスト・エラプション」とは一体何だったのか・・・・。

それでは、最後まで記事を読んでくださりありがとうございました!


スポンサーリンク

関連記事

恐竜じゃなくて機械だよ~全カード解説「ダイナミスト」ってどんなテーマ?~

「ダイナミスト」デッキに必須or相性の良いカード6枚紹介!

 - カード評価, 遊戯王 ,