*

出張セット!簡易融合で出せる「召喚獣」融合モンスター運用方法

   

今回は、「簡易融合インスタントフュージョン」の効果によって特殊召喚出来る「召喚獣しょうかんじゅう」融合モンスターについて書きます!

また、その融合モンスターをどの様に運用するのかも書いています。

記事の最後には「召喚獣しょうかんじゅう」に関する関連記事へのリンクも貼ってあるので、興味があったらご覧ください。


スポンサーリンク

簡易融合インスタントフュージョン

instant-fusion

通常魔法

「簡易融合」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):1000LPを払って発動できる。
レベル5以下の融合モンスター1体を
融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、
エンドフェイズに破壊される。

 

カード情報

召喚獣しょうかんじゅうライディーン

card100042972_1

融合・効果モンスター

星5/風属性/戦士族/攻2200/守2400

「召喚師アレイスター」+風属性モンスター

(1):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

1ターンに1度、フィールドの表側表示のモンスターを裏側守備表示にする効果を持っています。
「月の書」の様な効果を持っており、同じスペルスピード2で発動する事が出来る効果です。

フィールドのモンスターであれば裏側守備表示にする事が出来るので、このカード自身を対象として発動することも出来ます。
その場合、「簡易融合インスタントフュージョン」のエンドフェイズに破壊される効果は適用されなくなり、フィールドに残り続けます。

また、レベルが5なのでランク5のエクシーズモンスターへと繋げる事も出来ますね。

発条装攻ぜんまいそうこうゼンマイオー」をエクシーズ召喚すれば、「召喚獣しょうかんじゅうライディーン」の効果によって裏側守備表示にしたモンスターを含めて、セットされているカードを2枚破壊する事が出来ます。

発条装攻ぜんまいそうこうゼンマイオー

card100003005_1

エクシーズ・効果モンスター
ランク5/風属性/機械族/攻2600/守1900
レベル5モンスター×2

(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、フィールドにセットされたカード2枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 

また、クリアウィング・ファスト・ドラゴンの様な風属性を素材として要求しているモンスターの素材として利用する事も考えられますね!

20161006071532


スポンサーリンク

召喚獣しょうかんじゅうカリギュラ

card100042969_1

融合・効果モンスター

星4/闇属性/獣族/攻1000/守1800

「召喚師アレイスター」+闇属性モンスター

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、その間はお互いに、それぞれ1ターンに1度しかモンスターの効果を発動できず、それぞれのバトルフェイズにモンスター1体でしか攻撃できない。

 

攻撃回数の制限効果と、モンスター効果の発動回数を制限する効果を内蔵した融合モンスター。

召喚獣しょうかんじゅうライディーン」とは違い、自分のターンで出しても旨みが全くない融合モンスターなので、なるべく早く別の融合素材かエクシーズ素材などに使いたいところ。
レベルは4なので、ランク4を多用するテーマなら採用しても問題は無さそうです。

自分のターンに出しても意味はあまりありませんが、相手ターンに特殊召喚出来れば大きなプレッシャーを相手にかける事が出来るので、墓地に送られたこのカードを「リビングデッドの呼び声」や「強化蘇生きょうかそせい」などのフリーチェーンで発動可能な蘇生カードによって甦らせるコンボが強力だと思います。

終わりに

いかがだったでしょうか。

今後ランク5を主軸としたデッキを組む予定なら、「召喚獣しょうかんじゅうライディーン」と「簡易融合インスタントフュージョン」の出張セットを考慮しても良いかもしれません。

SRにシンクロ素材として活用するのもありですね。

召喚獣しょうかんじゅうカリギュラ」は「召喚獣しょうかんじゅうライディーン」と比べると出張性が低いですが、墓地から蘇生する手段を持っているランク4テーマなら採用を検討しても良さそうです。

星因子テラナイト」などとは相性が良いかも・・・・?


スポンサーリンク

関連記事:シャドールと召喚獣の相性について考える

関連記事:効果を知っておこう!「召喚獣」ってどんなテーマ?

関連記事:「召喚獣」と組み合わせ易いテーマの特徴について考える

 - その他, 遊戯王 , , , , ,