*

全カードまとめて解説!「壊獣」ってどんなテーマ?

      2016/11/20

映画「シン・ゴジラ」、デュエリストの皆さんは見に行きましたか?
私はあまりにも面白くて3回は映画館に足を運びました・・・。

ということで!

今回は日本の「怪獣」をモチーフにした「壊獣」を解説していこうと思います。

記事の最後には他の「壊獣」に関する記事へのリンクも貼ってあるので、興味のある方はご覧ください。



スポンサーリンク

どんな特徴を持っているか

モンスターカード全8種、魔法カード2種、罠カード1種からなるテーマカード。

テーマ内に下級モンスターは存在せず、全てが上級モンスターで構成されています。

そして、「対壊獣用決戦兵器たいかいじゅうようけっせんへいきスーパーメカドゴラン」以外の全ての「壊獣」モンスターは以下の共通効果を持っています。

(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。

(2):相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。

(3):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。

 

この三つの共通効果に加え、「壊獣カウンター」を取り除く事によって発動する固有の効果を持っています。

相手のモンスターをリリースし、相手のフィールドに「壊獣」モンスターを特殊召喚し、それを上回る攻撃力、または効果の「壊獣」モンスターを自分が展開し、自分で相手の「壊獣」を破壊し攻めるというのが主な戦法です。

また、神属性を除く全ての属性のモンスターがいるのも特徴の一つです。
それではモンスターカードから解説していきます。

モンスターカード編(全8種)

海亀壊獣かいきかいじゅうガメシエル

card100040107_1

効果モンスター
星8/水属性/水族/攻2200/守3000

(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。

(2):相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。

(3):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。

(4):相手が「海亀壊獣ガメシエル」以外の魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを2つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にし除外する。

 

「壊獣」モンスター共通の効果に加えて、相手が魔法・罠・モンスターを発動した時に、フィールドの壊獣カウンターを二つ取り除きその発動を無効にして除外します。

攻撃力が低いので、相手のフィールドに特殊召喚したい「壊獣」モンスターですが、持っている効果が強力なので、フィールドに「壊獣」カウンターが大量にある状態だとかえって自分の首を絞めてしまいます。

また、自分フィールドに特殊召喚する場合も攻撃表示でなくてはいけないので上手く運用する必要があります。

壊星壊獣かいせいかいじゅうジズキエル

ep16-jp026-n

効果モンスター
星10/光属性/機械族/攻3300/守2600

(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。

(2):相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。

(3):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。

(4):カード1枚のみを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを3つ取り除いて発動できる。
その効果を無効にし、フィールドのカード1枚を選んで破壊できる。

 

「壊獣」モンスターの共通効果に加えて、カード1枚を対象とする魔法・罠・モンスター効果が発動した時に、フィールドの壊獣カウンターを3つ取り除き、その発動を無効にしフィールドのカードを1枚除外する事が出来ます。

対象とする魔法・罠・モンスター効果は自分が発動した物でも良いので、能動的に効果を使用する事も可能です。

「壊獣」モンスターの中でもステータスが一番高く、効果も強力なモンスターなので、なるべく自分フィールドに特殊召喚したいモンスターです。

雷撃壊獣らいげきかいじゅうサンダー・ザ・キング

card100040116_1

効果モンスター
星9/光属性/雷族/攻3300/守2100

(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。

(2):相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。

(3):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。

(4):1ターンに1度、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを3つ取り除いて発動できる。
このターン、相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できず、このカードは1度のバトルフェイズ中に3回までモンスターに攻撃できる。

 

「壊獣」モンスター共通の効果に加え、フィールドの壊獣カウンターを3つ取り除き発動し、発動ターン中の相手の魔法・罠・モンスター効果の発動を制限しモンスターへの3回攻撃を可能にする効果を持っています。

強力な効果ですが、追加攻撃はモンスターにしか出来ないので注意です。

相手フィールドに低攻撃力モンスターが3体以上展開されている時にはフィニッシャーとして活躍する事も出来ます。

多次元壊獣たじげんかいじゅうラディアン

ep16-jp023

効果モンスター
星7/闇属性/悪魔族/攻2800/守2500

(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。

(2):相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。

(3):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。

(4):1ターンに1度、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを2つ取り除いて発動できる。
自分フィールドに「ラディアントークン」(悪魔族・闇・星7・攻2800/守0)1体を特殊召喚する。
このトークンはS素材にできない。

 

「壊獣」モンスターの共通効果に加えて、ィールドの壊獣カウンターを取り除き自分フィールドに「ラディアントークン」を特殊召喚する効果を持っています。

このトークンは打点が2800ポイントもあるので、アタッカーとしても十分活躍する事ができ、大量展開が苦手な「壊獣」では大きな戦力となります。

また、闇属性であることを活かし「闇の誘惑」などを採用している闇属性テーマへの出張も考えられます。


スポンサーリンク

怪粉壊獣かいふんかいじゅうガダーラ

card100040110_1

効果モンスター
星8/風属性/昆虫族/攻2700/守1600

(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。

(2):相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。

(3):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。

(4):1ターンに1度、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを3つ取り除いて発動できる。
このカード以外のフィールドのモンスターの攻撃力・守備力を半分にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

「壊獣」モンスター共通のモンスター効果に加えて、フィールドの壊獣カウンターを3つ取り除き、自身以外のフィールドのモンスターの攻撃力・守備力を半分にする効果を持っています。
また、この効果は相手ターンでも発動できる効果です。

自身の攻撃力は2700ポイントなので、攻撃力5400までのモンスターならこのカードで処理する事ができます。
(最も、そのようなモンスターは他の「壊獣」でリリースしてしまった方が手っ取り早い)

効果の発動もフリーチェーンで発動する事が出来るモンスターなので、相手フィールドにはなるべく特殊召喚したくない「壊獣」モンスターです。

粘糸壊獣ねんしかいじゅうクモグス

ep16-jp022

効果モンスター
星7/地属性/昆虫族/攻2400/守2500

(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。

(2):相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。

(3):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。

(4):相手がモンスターを召喚・特殊召喚した時、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを2つ取り除いて発動できる。
次のターンの終了時まで、そのモンスターは攻撃できず、効果は無効化される。

 

「壊獣」モンスター共通のモンスター効果に加えて、相手がモンスターを召喚、特殊召喚した時、フィールドの壊獣カウンターを2つ取り除き、次のターン終了時まで、そのモンスターの効果を無効にし、加えて攻撃も行えなくする効果を持っています。

打点は「壊獣」モンスターの中でも低いですが、「壊獣」の性質上、相手フィールドに「壊獣」モンスターを展開した後に自分が「壊獣」モンスターを展開するので、安易に相手フィールドには特殊召喚しない方が良いモンスター。

フィールドに「壊獣」カウンターが2つ以上存在しない時には、相手に送り付けても良いと思います。

怒炎壊獣どえんかいじゅうドゴラン

card100040098_1

効果モンスター
星8/炎属性/恐竜族/攻3000/守1200

(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。

(2):相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。

(3):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。

(4):1ターンに1度、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを3つ取り除いて発動できる。
相手フィールドのモンスターを全て破壊する。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

 

「壊獣」モンスター共通のモンスター効果に加えて、フィールドの壊獣カウンターを3つ取り除き、相手フィールド上のモンスターを全て破壊する効果を持っています。

「壊獣」デッキは制圧系モンスターを1、2体展開する少数精鋭の様なデッキに対しては有利ですが、「DD」の様な高打点モンスターを大量展開するテーマと戦うのは難しいので、このカードの効果は「壊獣」と噛み合った性質を持っています。

対壊獣用決戦兵器たいかいじゅうようけっせんへいきスーパーメカドゴラン

371fcf71

特殊召喚・効果モンスター
星8/光属性/機械族/攻 ?/守2000

このカードは通常召喚できない。
相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合に特殊召喚できる。
(1):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。

(2):1ターンに1度、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを2つ取り除いて発動できる。
自分の手札・墓地から「壊獣」モンスター1体を選んで装備カード扱いとしてこのカードに装備する。

(3):このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備した「壊獣」モンスターの元々の攻撃力分アップする。

 

今までの「壊獣」モンスターとは違い、相手のモンスターをリリースし相手フィールドに特殊召喚する効果を持っていません。

攻撃力が定まっておらず、1ターンに一度フィールドの壊獣カウンターを2つ取り除き、手札・墓地の「壊獣」モンスターを装備カード扱いとして自身に装備し、そのモンスターの元々の攻撃力分自身の攻撃力をアップする効果を持っています。

しかし一度発動するだけでは他の「壊獣」モンスターの攻撃力をコピーしただけのモンスターになってしまうので、次の自分のターンにもう一度効果を使用し、更なる打点アップを狙う必要があります。


スポンサーリンク

魔法カード編(全部3種)

KYOUTOUキョウトウウォーターフロント

ep16-jp029

フィールド魔法

(1):フィールドのカードが墓地へ送られる度に、
1枚につき1つこのカードに壊獣カウンターを置く(最大5つまで)。

(2):1ターンに1度、このカードの壊獣カウンターが3つ以上の場合に発動できる。
自分はデッキから「壊獣」モンスター1体を手札に加える。

(3):このカードが効果で破壊される場合、
代わりにこのカードの壊獣カウンターを1つ取り除く事ができる。

 

「壊獣」モンスターの効果を使用するための壊獣カウンターを乗せる事が出来るカード。

カウンターを乗せる事が出来る条件も、「フィールドのカードが墓地に送られるたび」なのでカウンターを溜めやすい。
墓地に送られるカードが複数枚の場合は、その枚数分カウンターを乗せる事になる。

(2)の効果は「壊獣」カウンターが3つ以上の時に発動出来る効果で、デッキから「壊獣」モンスターをサーチする事が出来ます。
毎ターン使える上に壊獣カウンターを取り除いて発動する訳でも無いので、「壊獣」モンスターの効果発動に支障は出ません。

(3)の効果は、破壊される代わりにこのカードに乗っている「壊獣」カウンターを一つ取り除くというもの。
「壊獣」デッキにとっては一番破壊されたくないカードなので、このカード自身に耐性があるのは非常にありがたいです。

しかし耐性があるのは、「破壊」に対してのみなので「除外」や「バウンス」などの処理には無力なので注意しましょう。

さまたげられた壊獣かいじゅうねむ

%e5%a6%a8%e3%81%92%e3%82%89%e3%82%8c%e3%81%9f%e5%a3%8a%e7%8d%a3%e3%81%ae%e7%9c%a0%e3%82%8a

通常魔法

「妨げられた壊獣の眠り」は1ターンに1枚しか発動できない。

(1):フィールドのモンスターを全て破壊する。
その後、デッキからカード名が異なる「壊獣」モンスターを自分・相手のフィールドに1体ずつ攻撃表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは表示形式を変更できず、攻撃可能な場合は攻撃しなければならない。

(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「壊獣」モンスター1体を手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

(1)の効果はフィールドのモンスターを全て破壊した後に、お互いのフィールドに「壊獣」モンスターを特殊召喚出来る効果。

この効果で特殊召喚したモンスターは必ず攻撃しなければならないため、基本的には相手には打点が低い「壊獣」を、自分フィールドには打点が高い「壊獣」を展開します。

(2)の効果は墓地から除外しデッキから「壊獣」モンスターをサーチする効果。

どちらの効果も強力なので、「壊獣」デッキを作る時には3枚必須になると思います。

壊獣かいじゅう出現記録しゅつげんきろく

107205862

永続魔法

(1):手札・墓地から「壊獣」モンスターが特殊召喚される度に、このカードに壊獣カウンターを置く(最大5つまで)。

(2):1ターンに1度、フィールドの「壊獣」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊し、その後、そのコントローラーのフィールドに、破壊したモンスターと元々のカード名が異なる「壊獣」モンスター1体を自分のデッキから特殊召喚する。

(3):壊獣カウンターが3つ以上のこのカードを墓地へ送って発動できる。
デッキから「壊獣の出現記録」以外の「壊獣」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

 

(1)の効果によって、「壊獣」モンスターが特殊召喚される度に壊獣カウンターをこのカードに乗せる事が出来ます。

(2)の効果は、フィールドの「壊獣」モンスターを破壊し、破壊したモンスターのコントローラーのフィールドに新たな「壊獣」を特殊召喚する効果。
基本的に「壊獣」は攻撃表示で特殊召喚しなければならないため、自分フィールドに守備表示で特殊召喚したい「壊獣」などはこのカードの効果によって特殊召喚する事が出来ます。

(3)の効果は、壊獣カウンターが3つ以上乗ったこのカードを墓地に送りデッキから「壊獣」魔法・罠カードをサーチする効果。

サーチ出来るカードは、「壊獣捕獲大作戦」と「妨げられた壊獣の眠り」の2種類です。

罠カード編(全1種)

壊獣捕獲大作戦かいじゅうほかくだいさくせん

kaiju-capture-mission

永続罠

「壊獣捕獲大作戦」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):1ターンに1度、フィールドの「壊獣」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。
その後、このカードに壊獣カウンターを1つ置く(最大3つまで)。

(2):このカードが相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

 

(1)の効果は、フリーチェーンで「壊獣」モンスターを裏側守備表示にする効果。
その後、このカードに壊獣カウンターを乗せる事が出来ます。

「壊獣」モンスターは自分と相手、それぞれのフィールドに1体ずつしか存在できませんが、このカードの効果を使い相手の「壊獣」モンスターを裏側守備表示にする事によって、さらなる「壊獣」モンスターを相手フィールドに展開する事が出来ます。

(2)の効果は相手によって破壊された場合にデッキからカードを2枚ドローする事が出来る効果。

すでに表側のこのカードを破壊するプレイヤーは少ないと思いますが、「ハーピィの羽箒」の様な全体除去カードの発動を躊躇させる事が出来ます。

終わりに

「壊獣」は厄介な相手モンスターをリリースして処理する事が出来るため出張性も高いテーマです。

相手の大型モンスターの処理に困るテーマなどには出張させてみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク

関連記事:「壊獣」と相性が良いカード4枚特集!

 - テーマ別解説, 遊戯王 ,