*

汎用魔術師Pモンスター<刻剣の魔術師>評価&解説!!

      2016/11/07

今回解説したいのは、「ブレカーズ・オブ・シャドウ」で登場した魔術師Pモンスター<刻剣の魔術師>!

最近は<調律の魔術師>の成長した<調弦の魔術師>の効果も判明していますし、もしかしたらこのカードの成長した姿も見られる日が来るかも・・・?


スポンサーリンク

カード情報

<刻剣の魔術師>s_5146701875187

ペンデュラム・効果モンスター
星3/闇属性/魔法使い族/攻1400/守 0
【Pスケール:青2/赤2】
(1):このカードがPゾーンに存在する限り、
1ターンに1度、自分フィールドのPモンスターは相手の効果で破壊されない。
【モンスター効果】
(1):手札のこのカードのみがP召喚に成功した時に発動できる。
このカードの攻撃力は元々の攻撃力の倍になる。
(2):1ターンに1度、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとフィールドのこのカードを次の自分スタンバイフェイズまで除外する。

 

カード効果考察

ステータス

まず注目したいのはペンデュラムスケール。スケールが2であるので、低スケール要因のカードとして優秀です。
低スケールの割に制限は無いので汎用性もあります。

それと、カード自身のレベルが3なので、一応このカードのペンデュラムスケールでペンデュラム召喚が可能となっています。

攻撃力は低めに設定してありますが、自身の効果で上昇させる事が出来ます。

また、自身が<魔術師>カードであるので<EMドクロバット・ジョーカー>や<ペンデュラム・コール>などで簡単にサーチが可能です。

ペンデュラム効果

ペンデュラムゾーンに貼り付けておくだけで、自分フィールドのペンデュラムモンスターに効果破壊への耐性を付与する事が出来ます。

<ブラック・ホール>や<奈落の落とし穴>などの全体除去への耐性もつくのがありがたい・・・・。
この効果もペンデュラムモンスターへの耐性付与なので、汎用性があります。

モンスター効果

(1)の効果は限定的で、ペンデュラム召喚によって手札のこのカードのみがペンデュラム召喚に成功した時に発動する効果!

自身の攻撃力を二倍にします。
このカードの元々の攻撃力は1400なので、攻撃力2800まで上昇します。

しかし条件が整えずらい効果なので、あえてこの効果を狙って発動する様な機会は少ないと思います。
注目したいのは(2)の効果!

(2)の効果は、フィールドのモンスター1体とこのカード自身を一緒に次のスタンバイフェイズまで除外する効果!
この効果によってこのカード自身の攻撃力が貧弱でも、相手の攻撃力が高い大型モンスターを処理出来る様になっています。
面白いところは、相手モンスターを除去するのも良いのですが、自分のモンスターに対しても発動出来るという点でしょう。

スタンバイフェイズにデッキに戻ってしまう<時戒神メタイオン>などのモンスターと一緒に除外すれば、何度でも<時戒神>の効果を使用する事が出来ます。

card73715763_1希望など無いのです・・・・

終わりに

如何だったでしょうか。
<魔術師>ペンデュラムモンスターの中でも比較的汎用性が高い部類に入るモンスターカードだと思います。

一応スーパーレアカードですが、次のストラクチャーデッキが<魔術師>テーマらしいので急いで買ってもすぐに再録するかもしれないので少し注意ですね!

スポンサーリンク

 - カード評価, 遊戯王 , ,