*

【これは嫌らしい】「トリックスター・ライトステージ」の効果解説と個人的評価について

   

今回の記事では、「コード・オブ・デュエリスト」に新たに収録されテーマ化される「トリックスター」に関する記事です!

「トリックスター」の専用フィールド魔法カード、「トリックスター・ライトステージ」の効果が面白いと思ったので、この一枚だけ取り上げてみました。


スポンサーリンク

カード情報

トリックスター・ライトステージ

フィールド魔法

(1):このカードの発動時の効果処理として、デッキから「トリックスター」モンスター1体を手札に加える事ができる。

(2):1ターンに1度、相手の魔法&罠ゾーンにセットされたカード1枚を対象として発動できる。このカードがフィールドゾーンに存在する限り、セットされたそのカードはエンドフェイズまで発動できず、相手はエンドフェイズにそのカードを発動するか、墓地へ送らなければならない。

(3):自分フィールドの「トリックスター」モンスターが戦闘・効果で相手にダメージを与える度に、相手に200ダメージを与える。

 

カード効果解説

まず、このカードの発動時の効果処理として、デッキから「トリックスター」モンスターを1体手札に加える事が出来ます。

(しかも「トリックスター」カードを召喚時に手札に加える事が出来るモンスターもいます・・・)

そして私が面白いと思ったのは(2)の効果で、1ターンに1度魔法・罠ゾーンにセットされたカードを1枚対象として発動し、セットされたカードはターンのエンドフェイズまで発動できず、相手はエンドフェイズにそのカードを発動するか、墓地に送るかを選択しなくてはなりません。

これがかなりいやらしく、発動タイミングが無い「通常罠・通常魔法カード」ならそのまま墓地送り、「発動にタイミングが必要なカウンター罠」もターンのエンドフェイズに墓地送り、「魔界台本やアーティファクトなどのブラフカード」も破壊されず墓地へ送られるために効果を発動出来ず、「フリーチェーンで発動可能な通常罠、速攻魔法カード」ならその場で使用するか、エンドフェイズに必ず発動しなくてはならない。

という状況を作りだす事が出来ます。

それも毎ターン行う事が出来るので、相手の伏せカードが1、2枚だけではこのカードで簡単に処理出来てしまいます。

(3)の効果は「トリックスター」モンスターが戦闘・効果で相手にダメージを与える度に相手プレイヤーに200ポイントのダメージを与える効果。

「トリック・スター」自体が相手に地道にダメージを与えていくテーマなので、このフィールド魔法があればさらにその効果を倍増する事が出来ます。

このカードに対する個人的評価

「トリックスター」を使用しないデッキでも相手の魔法・罠を安全に剥がせる面白いフィールド魔法だと感じました。

フィールド魔法なのでサーチには困りませんし、このカードをサーチするモンスターも新たに登場するので、出張させる事も簡単です。

長期戦向けのテーマや、相手が「アーティファクト」や「魔界劇団」などのテーマの場合は相当の活躍が出来そうですねぇ・・・。

終わりに

「コード・オブ・デュエリスト」で新たに登場するテーマは効果が軒並み強い気がします。
「9期終盤クラスのカード」を基準に今後の遊戯王が続いていくと思うと軽く眩暈がしますね・・。

それでは、最後まで記事を読んでくださりありがとうございました!

記事をSNSなどで広めてくださるとブログを続けるモチベーションに繋がるのでぜひお願いします。

コメントもお待ちしています!


スポンサーリンク

 - カード評価, 遊戯王