*

【遊戯王】汎用リンク2リンクモンスター特集!【随時更新】

   

この記事では、汎用リンク2リンクモンスターを紹介します。

エクストラデッキにリンク2のリンクモンスターを採用する際の参考にしてみてください。

また、記事の最後には他のリンクマーカーの数を持ったモンスターを特集した記事へのリンクも貼ってあるので、興味のある方はどうぞ。


スポンサーリンク

カード情報

プロキシー・ドラゴン

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/サイバース族/攻1400

【リンクマーカー:左/右】
モンスター2体

(1):自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードのリンク先の自分のモンスター1体を破壊できる。

 

リンク2、光属性・サイバース族の下級リンクモンスター。
素材は「モンスター2体」なので、トークンを含めどんなモンスターでも使用してリンク召喚する事が可能です。

リンクマーカーを左右に持っているモンスターなので、メインモンスターゾーンで活躍する事になります。

効果は、自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊される場合に、代わりにリンク先の自分のモンスター1体を破壊できる永続効果を持ちます。

どんなカードでも破壊から防ぐ事が出来る汎用性が高い効果を持ちます。

バイナル・ソーサレス

(画像は判明次第追加します。)

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/サイバース族/攻1600

【リンクマーカー:左/右】
トークン以外のモンスター2体

(1):このカードと相互リンクしているモンスターの数によって以下の効果を得る。

●1体以上:このカードと相互リンクしているモンスターが相手モンスターとの戦闘で相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。
その数値分だけ自分のLPを回復する。

●2体:1ターンに1度、自分フィールドの表側表示モンスター2体を対象として発動できる。
ターン終了時まで、そのモンスター2体の内1体の攻撃力を半分にし、その数値分もう1体の攻撃力をアップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

リンク2、地属性・サイバース族の下級リンクモンスター。
素材は「トークン以外のモンスター2体」を使用します。トークン以外であれば良いので、出しやすいリンクモンスターです。

効果は、自身と相互リンク状態であるモンスターの数によって効果を得ます。

1体が相互リンク状態である場合、相互リンクしているモンスターが相手モンスターと戦闘して、相手に戦闘ダメージを与えた場合、その数値分ライフポイントを回復する効果。

効果の発動回数に制限が無いので、効果を発動さえできればライフを回復し続ける事が出来ます。

2体が相互リンク状態である場合、自分フィールド上のモンスター2体を対象として、1体の攻撃力を半分、その半分の数値をもう一体のモンスターに加えます。

この効果は相手ターンでも発動出来る誘発即時効果なので、相手が攻撃してきたタイミングにも発動する事が出来ます。


スポンサーリンク

アカシック・マジシャン

(画像は判明次第追加します。)

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/魔法使い族/攻1700

【リンクマーカー:上/下】
トークン以外の同じ種族のモンスター2体

自分は「アカシック・マジシャン」を1ターンに1度しかリンク召喚できない。

(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。このカードのリンク先のモンスターを全て持ち主の手札に戻す。

(2):1ターンに1度、カード名を1つ宣言して発動できる。
このカードの相互リンク先のモンスターのリンクマーカーの合計分だけ自分のデッキの上からカードをめくり、その中に宣言したカードがあった場合、そのカードを手札に加える。
それ以外のめくったカードは全て墓地へ送る。

 

リンク2、闇属性・魔法使い族の下級リンクモンスター。
素材は「トークン以外の同じ種族のモンスター2体」。

効果を二つ持っており、一つ目は自身がリンク召喚に召喚した場合に発動する誘発効果。自身のリンク先のモンスターを全て手札に戻すバウンス効果を持ちます。

リンクマーカーが上下にあるモンスターなので、エクストラモンスターゾーンにリンク召喚すれば、相手モンスター1体を手札に戻す事が可能です。

二つ目の効果は、カード名を1つ宣言して発動する起動効果。相互リンク先のモンスターのリンクマーカーの数までデッキトップをめくり、宣言したカードが存在していた場合は手札に加える事ができます。

手札にカードを加える事が出来なくても、めくったカードは墓地へ送られるので、墓地肥しの効果と割り切って使用する事も出来ます。

星杯神楽せいはいかぐらイヴ

リンク・効果モンスター
リンク2/水属性/魔法使い族/攻1800

【リンクマーカー:左/右】
種族と属性が異なるモンスター2体

(1):リンク状態のこのカードは戦闘・効果では破壊されず、相手の効果の対象にならない。

(2):このカードのリンク先のモンスターが効果で破壊される場合、代わりにこのカードを墓地へ送る事ができる。

(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

 

リンク2、水属性・魔法使い族の下級リンクモンスター。
素材は「種族と属性が異なるモンスター2体」です。

リンクマーカーは左右に持っているので、メインモンスターゾーンで活躍するカード。
「星杯」カテゴリーに属するカードですが、汎用的な効果も持っています。

一つ目の効果、リンク状態であるこのカードは戦闘・効果で破壊されず、相手の効果の対象にもなりません。
しかし守備表示にする事が出来ないので、相手のサンドバックにされてしまう危険性があります。

二つ目の効果、自身のリンク先のモンスターが効果で破壊される場合、代わりに自身を墓地へ送る効果。
使いやすい身代わり効果です。

終わりに

新カードが判明し、リンク2のリンクモンスターなら随時この記事に追記していきます!

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました。

記事をSNSなどで拡散してくださると、ブログを書くモチベーションに繋がるのでぜひお願いします!

【遊戯王】汎用リンク1リンクモンスター特集!【随時更新】

【遊戯王】汎用リンク3リンクモンスター特集!【随時更新】

【遊戯王】汎用リンク4リンクモンスター特集!【随時更新】


スポンサーリンク

 - 汎用リンクモンスター, 遊戯王