*

【遊戯王】「機械族」サポート魔法・罠カード計9枚を紹介、解説

      2017/08/22

機械族サポート魔法・罠

この記事では「機械族」をサポートする機械族と相性が良い魔法・罠カード合計9枚を紹介、解説しようと思います。

機械族を主軸とするデッキや、機械族テーマを組む際の参考にしてみてください。

また、記事の最後には他の「機械族サポートカード」や、機械族に多い「地属性モンスター」、「闇属性モンスター」、「光属性モンスター」のサポートカードを特集した記事へのリンクもあるので、興味のある方はそちらもどうぞ。

カード情報(全9種)

リミッター解除かいじょ

速攻魔法

(1):自分フィールドの全ての機械族モンスターの攻撃力は、ターン終了時まで倍になる。
この効果が適用されているモンスターはこのターンのエンドフェイズに破壊される。

速攻魔法カード。
自分フィールド上の機械族モンスターの攻撃力をターン終了時まで倍の数値にし、エンドフェイズに自壊するデメリットを付与する効果を持ちます。

機械族が主体のデッキなら、ターンのエンドフェイズに自分の場のモンスターが全滅するかもしれませんが、そのターンの内に相手のライフを0ポイントにすれば問題ありません。

機械複製術きかいふくせいじゅつ

通常魔法

(1):自分フィールドの攻撃力500以下の機械族モンスター1体を対象として発動できる。
デッキからその表側表示モンスターの同名モンスターを2体まで特殊召喚する。

自分フィールドの攻撃力500ポイント以下の機械族モンスター1体を対象として発動できる通常魔法カード。
デッキから同名モンスターを2体まで特殊召喚します。

条件さえ整えばデッキから最大2体ものモンスターをリクルートできる強力なカードです。
しかも、「2体まで」特殊召喚なので、既に同名カードがデッキに存在せず、1枚だけの状態でも発動できるので、腐りにくいです。

アイアンコール

通常魔法

(1):自分フィールドに機械族モンスターが存在する場合、自分の墓地のレベル4以下の機械族モンスター1体を対象として発動できる。
その機械族モンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに破壊される。

自分フィールド上に機械族モンスターが存在する場合に、自分の墓地のレベル4以下の機械族モンスター1体を対象として発動できる通常魔法カード。

対象としたモンスターを特殊召喚し、デメリットとして特殊召喚されたモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに破壊されてしまいます。

そのターンの内にエクシーズやリンク素材などに使用してしまえば、デメリットも気になりません。

オーバーロード・フュージョン

通常魔法

自分フィールド上・墓地から、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターをゲームから除外し、機械族・闇属性のその融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。

通常魔法カード。
自分フィールド、墓地から融合素材カードを除外して、融合召喚を行う事が出来ます。

手札から融合素材を選ぶ事が出来ないのに加え、融合素材は除外されてしまうのが痛いですが、墓地からも融合素材を選べる点は優秀です。

パワー・ボンド

通常魔法

自分の手札・フィールド上から、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、機械族のその融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力は、その元々の攻撃力分アップする。
このカードを発動したターンのエンドフェイズ時、自分はこのカードの効果でアップした数値分のダメージを受ける。

通常魔法カード。
手札、フィールド上から融合素材カードを墓地へ送り、融合召喚を行う効果を持ちます。

この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力は倍になり、エンドフェイズ時にパワーアップした分の数値のダメージを受けます。

高い攻撃力を得ようとする程、エンドフェイズ時のダメージは大きくなっていきます。

「リミッター解除」に比べると、エンドフェイズ時の自壊が無い変わりに、ダメージがある感じですね。

サイバネティック・フュージョン・サポート

速攻魔法

ライフポイントを半分払って発動できる。
このターン、自分が機械族の融合モンスターを融合召喚する場合に1度だけ、その融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを自分の手札・フィールド上・墓地から選んでゲームから除外し、これらを融合素材にできる。
「サイバネティック・フュージョン・サポート」は1ターンに1枚しか発動できない。

ライフポイントを半分払って発動できる速攻魔法カード。

機械族融合モンスターを融合召喚する場合に1度だけ、融合素材を手札、フィールド、墓地から選び除外する事で、融合素材にする事が出来ます。

幅広い場所から融合素材を調達できるようになりますが、ライフコストが重いので使用するなら相手のライフを削り切れる状況で使用したいところ。

機甲部隊の最前線マシンナーズ・フロントライン

永続魔法

機械族モンスターが戦闘によって破壊され自分の墓地へ送られた時、そのモンスターより攻撃力の低い、同じ属性の機械族モンスター1体を自分のデッキから特殊召喚する事ができる。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

永続魔法カード。

機械族モンスターが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、そのモンスターより攻撃力の低い、同じ属性の気飽き族モンスター1体をデッキから特殊召喚出来る効果を持ちます。

「補給部隊」などと組み合わせて使用すれば、自分のモンスターが戦闘破壊されるだけで大きなアドバンテージを得る事が出来ます。

マーシャリング・フィールド

永続罠

(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分は機械族以外のモンスターを特殊召喚できない。
(2):1ターンに1度、5~9までの任意のレベルを宣言して発動できる。
自分フィールドのレベル5以上の機械族モンスターのレベルは宣言したレベルになる。
(3):自分フィールドの機械族Xモンスターが破壊される場合、代わりにこのカードを墓地へ送る事ができる。
(4):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「RUM-アージェント・カオス・フォース」1枚を選んで手札に加える。

永続罠カード。

(1)の効果で自分は機械族以外のモンスターを特殊召喚不可能となります。

(2)の効果で、1ターンに1度、レベル5~9のレベルを宣言し、自分フィールド上のレベル5以上の機械族は宣言したレベルに変わります。

レベル5以上の機械族が2体以上揃っていれば、ランク5~9までの機械族エクシーズモンスターに繋げられますね。

(3)の効果は、自分フィールド上の機械族エクシーズモンスターが破壊される変わりに、このカード自身を墓地へ送る事が出来る効果。

(4)の効果は、フィールドからこのカードが墓地へ送られた時に発動できる効果で、デッキ、または墓地から「RUM-アージェント・カオス・フォース」1枚を手札に加える効果。

(3)の効果で身代わりになって能動的に墓地へ送る事が出来るので扱いやすい効果です。

マグネット・フォース

通常罠

(1):このターン、元々の種族が機械族または岩石族のフィールドのモンスターは、自身以外の相手モンスターの効果を受けない。

通常罠カード。
発動ターン、元々の種族が機械族、または岩石族のモンスターは、自身以外の相手モンスターの効果を受け付けなくなります。

発動ターンに限り、自分のモンスターに疑似的なモンスター効果耐性を付与できます。

終わりに

今後新規カードで、「機械族」サポートのモンスターカードが登場次第この記事に追加していきます。

また、このカードも「機械族」サポートモンスターカードなのでは?というカードがございましたらコメントで教えていただけると嬉しいです。

■【機械族】を主軸としたテーマ一覧

■他の【機械族】サポートカード一覧

機械族サポートモンスター
機械族シンクロ
機械族エクシーズ

 - 種族サポート