*

5分で分かる「魔弾」【テーマ解説・良相性のカード紹介】

      2017/08/28

魔弾

■【5分で分かるテーマ解説】とは?

5分程度で読む事ができ、そのテーマについておおまかに理解する事ができるようになる記事。
まだそのテーマについて何も分からない方や、どんな特徴のテーマか知りたい人に向けて記事を書いています。

新宿のアーチャー欲しかったなァ・・・(爆死)
皆は水着サーヴァント引けましたか・・・?

ということで今回は【魔弾】の解説をします。

目次

■【魔弾】の特徴

魔弾の特徴

1、テーマに属するモンスターの特徴

【魔弾】モンスターは全て「光属性」、「悪魔族」で統一されています。

魔弾モンスターの特徴

【魔弾】モンスターは全部で7体存在し、レベル3のモンスターが3体、レベル4のモンスターが3体、そしてレベル8のモンスター1体で構成されています。

レベル別魔弾

2、【魔弾】デッキの主な戦術

【魔弾】デッキは、【魔弾】モンスターの効果でアドバンテージを稼ぎながら、【魔弾】魔法・罠カードで相手の盤面を荒らすのが基本的な戦術となります。

■【魔弾】モンスターの効果おさらい

魔弾モンスター

【魔弾】モンスターの共通効果

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分・相手ターンに自分は「魔弾」魔法・罠カードを手札から発動できる。

画像のように、罠カードの場合でも、1ターン場に伏せずに手札から直接発動する事が可能となります。

■【魔弾】モンスターの固有効果おさらい

共通の固有効果発動条件

「魔弾の悪魔 ザミエル」を除く【魔弾】モンスターは、以下の発動条件の固有効果を持ちます。

(2):このカードと同じ縦列で魔法・罠カードが発動した場合に発動できる。
(固有効果)

同じ縦列で魔法・罠カードが発動すれば良いので、相手の使用した魔法・罠カードでも効果の発動条件を満たします。

【魔弾】モンスターの効果詳細

魔弾まだん射手しゃしゅ カスパール

魔弾の射手カスパール

効果モンスター
星3/光属性/悪魔族/攻1200/守2000

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分・相手ターンに自分は「魔弾」魔法・罠カードを手札から発動できる。
(2):このカードと同じ縦列で魔法・罠カードが発動した場合に発動できる。
その発動したカードとカード名が異なる「魔弾」カード1枚をデッキから手札に加える。

同じ縦列で魔法・罠カードが発動した場合に、デッキから発動したカードと異なる【魔弾】カード1枚をサーチできるモンスター。

毎ターンデッキから新たな【魔弾】を補充できる優秀な効果を持ちます。

魔弾まだん射手しゃしゅ ドクトル

魔弾の射手 ドクトル

効果モンスター
星3/光属性/悪魔族/攻1400/守1200

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分・相手ターンに自分は「魔弾」魔法・罠カードを手札から発動できる。
(2):このカードと同じ縦列で魔法・罠カードが発動した場合に発動できる。
その発動したカードとカード名が異なる「魔弾」カード1枚を自分の墓地から選んで手札に加える。

同じ縦列で魔法・罠カードが発動した場合に発動した場合に、その発動したカード名が異なる【魔弾】カード1枚をサルベージ可能なモンスター。

【魔弾】デッキの弾切れを防ぐ役割を持ちます。

魔弾まだん射手しゃしゅ ザ・キッド

魔弾の射手 ザ・キッド

効果モンスター
星3/光属性/悪魔族/攻1600/守 200

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分・相手ターンに自分は「魔弾」魔法・罠カードを手札から発動できる。
(2):このカードと同じ縦列で魔法・罠カードが発動した場合、手札から「魔弾」カード1枚を捨てて発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

同じ縦列で魔法・罠カードが発動した場合に、手札から【魔弾】カード1枚を捨て、デッキからカードを2枚ドローできる手札補充効果を持ちます。

基本的には手札でダブついている【魔弾】を墓地へ送ることになります。

魔弾まだん射手しゃしゅ カラミティ

魔弾の射手 カラミティ

効果モンスター
星4/光属性/悪魔族/攻1500/守1300

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分・相手ターンに自分は「魔弾」魔法・罠カードを手札から発動できる。
(2):このカードと同じ縦列で魔法・罠カードが発動した場合、自分の墓地の「魔弾」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

 

同じ縦列で魔法・罠カードが発動した場合に、墓地の【魔弾】モンスター1体を守備表示で特殊召喚できる効果を持ちます。

蘇生するモンスターのレベルに制限は無いので、「魔弾の悪魔 ザミエル」のような高レベル【魔弾】モンスターでも蘇生する事ができます。

魔弾まだん射手しゃしゅ ワイルド

魔弾の射手 ワイルド

効果モンスター
星4/光属性/悪魔族/攻1700/守 900

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分・相手ターンに自分は「魔弾」魔法・罠カードを手札から発動できる。
(2):このカードと同じ縦列で魔法・罠カードが発動した場合、自分の墓地の「魔弾」カード3枚を対象として発動できる。
そのカード3枚をデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

同じ縦列で魔法・罠カードが発動した場合に、墓地の【魔弾】カード3枚をデッキに戻して1枚ドローに変換するモンスター。

「魔弾の射手 ドクトル」と役割が似ており、【魔弾】デッキでの弾切れを防ぎます。

魔弾まだん射手しゃしゅ スター

魔弾の射手 スター

効果モンスター
星4/光属性/悪魔族/攻1300/守1700

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分・相手ターンに自分は「魔弾」魔法・罠カードを手札から発動できる。
(2):このカードと同じ縦列で魔法・罠カードが発動した場合に発動できる。
デッキから「魔弾の射手 スター」以外のレベル4以下の「魔弾」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

同じ縦列で魔法・罠カードが発動した場合に、デッキから自身と同名以外、かつレベル4以下の【魔弾】モンスター1体をリクルート可能なモンスター。

その時に応じて必要な【魔弾】モンスターをデッキから特殊召喚することができます。

魔弾まだん悪魔あくま ザミエル

魔弾の悪魔 ザミエル

効果モンスター
星8/光属性/悪魔族/攻2500/守2500

このカードは「魔弾」モンスター1体をリリースして表側表示でアドバンス召喚できる。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分・相手ターンに自分は「魔弾」魔法・罠カードを手札から発動できる。
(2):相手エンドフェイズに発動できる。
このターン、このカードが表側表示で存在する間に自分が発動した「魔弾」魔法・罠カードの数だけ、自分はデッキからドローする。

他の【魔弾】モンスターと同じ(1)の共通効果を持ちますが、(2)の固有の効果は他の【魔弾】モンスターと異なり、「同じ縦列で魔法・罠カードを発動する」という発動条件を持ちません。

効果は、相手のエンドフェイズに、そのターン自分が発動した【魔弾】魔法・罠カードの数だけデッキからカードをドローする事ができる誘発効果。

【魔弾】カードを使用すればするだけターンのエンドフェイズにデッキからカードをドローする事ができます。

★【魔弾】モンスターの固有効果まとめ

レベル3魔弾

レベル4魔弾

ザミエル効果

■【魔弾】魔法・罠カードの効果おさらい

デッキの弾丸となる【魔弾】魔法・罠カードの効果をおさらいしましょう。

【魔弾】魔法・罠カード、どのカードも自分の場に【魔弾】モンスターが存在しなければ効力を発揮しないのが大きな特徴です。

魔弾魔法・罠

魔弾まだん-ネバー・エンドルフィン

ネバー・エンドルフィン

速攻魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの「魔弾」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで元々の数値の倍になる。
このカードを発動するターン、対象のモンスターは直接攻撃できない。

自分の場の【魔弾】モンスター1体の攻守をエンドフェイズまで倍にする速攻魔法カード。

デメリットとして相手プレイヤーへの直接攻撃が不可能となりますが、高打点モンスターを処理する事ができるようになります。

魔弾まだん-クロス・ドミネーター

クロス・ドミネーター

速攻魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「魔弾」モンスターが存在する場合、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
ターン終了時まで、そのモンスターの攻撃力・守備力は0になり、効果は無効化される。

攻守のステータス、モンスター効果の無力化を行う速攻魔法カード。

モンスター効果の無効化をフリーチェーンで行う事ができるので、モンスター効果の発動にチェーンして発動するのが効果的。

魔弾まだん-デスペラード

デスペラード

通常罠

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「魔弾」モンスターが存在する場合、フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

場の表側表示のカード1枚を破壊する事ができる通常罠カード。

相手のフィールド魔法、永続魔法・罠カードなどの効果の発動にチェーンし、発動したカードを破壊する事で効果を無効化する事ができます。

魔弾まだん-ダンシング・ニードル

ダンシング・ニードル

通常罠

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「魔弾」モンスターが存在する場合、お互いの墓地のカードを合計3枚まで対象として発動できる。
そのカードを除外する。

お互いの墓地のカードを合計3枚まで除外する事ができる通常罠カード。

相手が自身の墓地のカードを対象にするカード効果を発動した際などにこのカードを使用すれば効果的です。

魔弾まだん-デッドマンズ・バースト

デッドマンズ・バースト

カウンター罠

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「魔弾」モンスターが存在する場合、相手が魔法・罠カードを発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

魔法・罠カードの発動を無効化するカウンター罠カード。

単純に無効化だけでも強力ですが、スペルスピードの関係上このカードの次にカードをチェーンされづらい点も強力。

魔弾まだん-デビルズ・ディール

デビルズ・ディール

永続罠

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する存在する限り、自分フィールドの「魔弾」モンスターは効果では破壊されない。
(2):このカードが相手の効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「魔弾-デビルズ・ディール」以外の「魔弾」カード1枚を選んで手札に加える。

場の【魔弾】モンスターに効果破壊耐性を付与する永続罠カード。

また、相手によって破壊され墓地へ送られた場合に発動できる効果も持っており、デッキ・墓地から【魔弾】カード1枚を手札に加える事ができます。

【魔弾】は、場にモンスターを維持しつつ【魔弾】魔法・罠を発動していくテーマなので、場のモンスターに破壊耐性を与えられるのは強力です。

しかしこのカードは他の【魔弾】カードとは違い永続罠カードなので、発動後墓地へ送られません。
そのため、【魔弾】モンスターの効果の発動条件を満たすためにこのカードを使用する場合、それ以降の【魔弾】モンスターの効果の発動を阻害してしまう場合があります。

なので、【マジック・プランター】などのカードで墓地へ送ると良いかもしれません。

■【魔弾】と相性が良いテーマ外カード

同胞どうほうきずな

通常魔法

このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
(1):2000LPを払い、自分フィールドのレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと同じ種族・属性・レベルでカード名が異なるモンスター2体をデッキから特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。

【魔弾】モンスターはレベル3のモンスターがアドバンテージを稼ぐ能力に優れており、それぞれのモンスターが同じ種族・レベルであるので、このカードを使用すれば一気に3体の【魔弾】モンスターを特殊召喚する事ができます。

また、画像のように【魔弾】モンスターと同じ列で発動すれば、【魔弾】モンスターの効果の発動条件を満たす点も相性が良いです。

成金なりきんゴブリン

通常魔法

(1):自分はデッキから1枚ドローする。
その後、相手は1000LP回復する。

発動条件に左右されずに発動でき、アド損もしないので【魔弾】モンスターの効果を発動させるのに最適な通常魔法カード。

八咫烏ヤタガラスむくろ

通常罠

次の効果から1つを選択して発動する。
●自分のデッキからカードを1枚ドローする。
●相手フィールド上にスピリットモンスターが表側表示で存在する場合に発動する事ができる。
自分のデッキからカードを2枚ドローする。

同じく発動条件に左右されないドローカード。
相手がスピリットモンスターを扱うデッキなら2枚ドローも狙うことができます。

その他【魔弾】サポートカード

■まとめ~「魔弾」デッキの回し方~

1、場に【魔弾】モンスターを展開する

場に【魔弾】モンスターを用意しないことには手札の【魔弾】魔法・罠も発動できないので、まず最初に【魔弾】モンスターを場に準備します。

【同胞の絆】などで一気にモンスターを展開できれば最高の初動となります。

2、【魔弾】モンスターと同じ列で魔法・罠を発動し、アドバンテージを稼ぐ

同じ縦列で【魔弾】魔法・罠カードを発動しても良いですし、その他の汎用魔法・罠カードでも大丈夫です。

また、相手のペンデュラムカードの発動に対して【魔弾】モンスターの効果を発動できるように、モンスターは両端から展開していくのが良いでしょう。

3、【魔弾】を駆使し、相手の場を荒らしつつビートダウン

【魔弾】魔法・罠で相手の場のカードを除去しつつ、【魔弾】モンスターの攻撃で相手のライフポイントを削ります。

■参考になる【魔弾】デッキレシピ

【Twitter引用に関して】

■終わりに

以上、【魔弾】の解説でした。

他に解説して欲しいテーマなどのリクエストがございましたら、コメント欄に書いてみてください。

★その他テーマ解説記事

テーマ解説

★【魔弾】デッキと相性が良いカード一覧

魔弾と相性が良いカード

★「魔弾」が収録されているパック

 - テーマ解説 , , , , ,