*

「魔界劇団」デッキに必須or相性の良いカード7枚紹介!

      2016/11/14

今回は、「魔界劇団」デッキと相性が良いカードを6枚紹介したいと思います。

記事の最後には他の「魔界劇団」に関する記事へのリンクも貼ってあるので、興味のある方はご覧ください。


スポンサーリンク

カード情報

連成れんせいする振動しんどう

023614

永続罠

「連成する振動」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のPゾーンのカード1枚を対象としてこの効果を発動できる。
そのカードを破壊し、その後、自分はデッキから1枚ドローする。

 

フリーチェーンで自分のPゾーンのカードを破壊し、デッキからカードを1枚ドローする効果

ペンデュラムゾーンの「魔界劇団ーワイルド・ホープ」を破壊する事によってデッキから「魔界劇団」カードを手札に加えつつデッキからカードを1枚ドローする事が出来ます。

また、「魔界台本」カードはエクストラデッキに「魔界劇団」Pモンスターが存在しないと、相手によって破壊された時の効果を発動しないので、もしセットされた「魔界台本」カードが相手によって破壊されそうになったら、そのタイミングでこのカードを発動しても良いかもしれません。

れる眼差まなざ

card100022647_1

速攻魔法

(1):お互いのPゾーンのカードを全て破壊する。
その後、この効果で破壊したカードの数によって以下の効果を適用する。
●1枚以上:相手に500ダメージを与える。
●2枚以上:デッキからPモンスター1体を手札に加える事ができる。
●3枚以上:フィールドのカード1枚を選んで除外できる。
●4枚:デッキから「揺れる眼差し」1枚を手札に加える事ができる。

 

ペンデュラムゾーンのカードを全て破壊し、破壊した枚数によって適用される効果の数が変わるカード。

基本的には自分のペンデュラムゾーンを破壊し、デッキから好きなペンデュラムモンスターをサーチしたいところ。

また、このカードも相手によってペンデュラムゾーンのカードが破壊されそうになった場合や、セットされた「魔界台本」カードが破壊されそうになったタイミングで発動すると効果的です。

オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン

card100017633_1

ペンデュラム・効果モンスター

星7/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守2000

【Pスケール:青4/赤4】

「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」の(1)(2)のP効果は
それぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のPモンスターの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージを0にできる。
(2):自分エンドフェイズに発動できる。
このカードを破壊し、デッキから攻撃力1500以下のPモンスター1体を手札に加える。

【モンスター効果】
(1):このカードが相手モンスターと戦闘を行う場合、このカードが相手に与える戦闘ダメージは倍になる。

 

デッキからペンデュラムモンスターをサーチする効果はエンドフェイズなので少し遅いですが、デッキから「魔界劇団」Pモンスターをサーチすることが出来ます。

特に、「魔界劇団ーエキストラ」はデッキから好きな「魔界劇団」Pモンスターを発動する事が出来るので迷ったら「魔界劇団ーエキストラ」をサーチしておきましょう。

また、「魔界劇団ーデビル・ヒール」のペンデュラム効果やモンスター効果を使い相手モンスターの攻撃力を下げ、このカードで攻撃をし、大ダメージを期待する事も出来ます。

ギャラクシー・サイクロン

06913

通常魔法

「ギャラクシー・サイクロン」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(2):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

「魔界劇団ービッグ・スター」のおかげでペンデュラム召喚の弱点である「奈落の落とし穴」などには耐性があるのですが、「神の宣告」などの召喚自体を無効にするカードには無力なのであらかじめこのカードでセットしたカードを破壊しておきましょう。

また、墓地で発動する「フィールドの表側表示の魔法・罠カードを1枚破壊する効果」は自分フィールド上のカードも破壊することが出来るので、ペンデュラムスケールを張り替えたい時や「魔界劇団ーワイルド・ホープ」を破壊しサーチしたい時などに有効活用する事が出来ます。


スポンサーリンク

竜剣士りゅうけんしマスターーペンデュラム

5169ewloowl

ペンデュラム・通常モンスター

星4/光属性/ドラゴン族/攻1950/守 0

【Pスケール:青3/赤3】

(1):このカードがPゾーンに存在する限り1度だけ、
自分または相手のPゾーンのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

【モンスター情報】

同志たちの力を得て成長した「竜剣士ラスターP」の姿。
謎の呪いをかけられて竜魔族に似た竜の力を発現しているが、
それ以前の記憶が全て失われており、真相は定かではない。
“竜化の秘法”がその呪いと記憶を紐解く鍵だと信じて、
今日も悪の魔王を討つべく旅を続けている。

 

一度だけもう片方のペンデュラムスケールを破壊する事が出来るペンデュラム効果を持っています。

この効果を使用するなら、「魔界劇団ーサッシー・ルーキー」か「魔界劇団ーワイルド・ホープ」を破壊するのが良いでしょう。

また、このカードは「剛竜剣士ダイナスターP」の融合素材として扱うことが出来るので、ペンデュラムゾーンでの役割を終えたら「連成する振動」や「ギャラクシー・サイクロン」の墓地効果で破壊しペンデュラム召喚しましょう。

剛竜剣士ごうりゅうけんしダイナスターパワフル

51vt4srus0l

融合・効果モンスター

星8/水属性/ドラゴン族/攻2000/守2950
「竜剣士」Pモンスター+Pモンスター

自分フィールドの上記カードをリリースした場合のみ、
エクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分のモンスターゾーン・PゾーンのPモンスターカードは戦闘及び相手の効果では破壊されない。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・墓地から「竜剣士」Pモンスター1体を選んで特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは融合素材にできない。

 

フィールドに存在する「竜剣士ペンデュラムモンスター」と「ペンデュラムモンスター」をリリースしエクストラデッキから特殊召喚するカードです。

そして、モンスターゾーンに存在する限り自分のフィールド・ペンデュラムゾーンのカードは相手によって戦闘及び効果では破壊されなくなります。

ペンデュラムデッキではペンデュラムゾーンが次々に破壊されてしまうと動けなくなってしまう事が多いのでこの効果は貴重です。

さらには、この「相手によって破壊されない」というのが重要で、自分の発動する「連成する振動」や「ギャラクシー・サイクロン」の墓地効果など敢えて破壊したい時、自分の行動を阻害する事がありません。

砂塵さじんのバリア -ダスト・フォース-

2697fa90

 

通常罠

(1):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て裏側守備表示にする。
この効果で裏側守備表示になったモンスターは表示形式を変更できない。

 

「魔界台本」カードはセットされている時に相手によって破壊された場合に、強烈な効果を発動するため、相手は伏せカードを破壊することを躊躇する場合が多いのです。

ですので、この様な攻撃反応型の罠カードも堂々と投入する事が出来ます。

終わりに

いかがだったでしょうか。

「魔界劇団」デッキを組む際の参考にしてみてください!

また、「魔界劇団」に相性が良いカードが登場次第随時更新します。


スポンサーリンク

 

関連記事:効果を知っておこう!「魔界劇団」ってどんなテーマ?

関連記事:「魔界劇団-ティンクル・リトルスター」の運用方法について考える

 - テーマ別解説, 必須or相性が良いカード, 遊戯王 ,