*

【ペンデュラム完封】「醒めない悪夢」の効果、運用方法解説【DDは息できません】

   

今回の記事では、「マキシマム・クライシス」に収録された「醒めない悪夢」の効果について解説。
そして運用方法などについて書いてきます。

ライフコストは大きいものの恐ろしいカードが登場しました・・・。
個人的に好きな「DD」デッキはこのカード1枚発動されるだけで相当きつい状況になります・・。


スポンサーリンク

カード情報

醒めない悪夢

さめないあくむ

 

 

永続罠

「醒めない悪夢」の効果は同一チェーン上では1度しか発動できない。

(1):1000LPを払い、フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象としてこの効果を発動できる。
そのカードを破壊する。

 

カード効果解説

1000ライフポイントを支払い、フィールドの表側表示の魔法・罠カードを対象として発動する永続罠カード。

対象としたカードを破壊します。

この効果の発動回数に制限は無いので、ライフを支払い破壊するカードを対象とすれば何度も効果を発動する事が可能です。

「醒めない悪夢」の効果は同一チェーン上で1度しか発動できないというのは少しややこしいですが、例えば相手フィールドの永続魔法カードを対象として「醒めない悪夢」を発動します。

その発動に対して相手が「サイクロン」をチェーンして発動しました。

その「サイクロン」の発動にチェーンして「醒めない悪夢」の発動は不可能という事です。

例の場合、「サイクロン」によって「醒めない悪夢」は破壊され、不発となった「醒めない悪夢」は墓地へ送られ、永続魔法カードは破壊されません。

「ペンデュラム」テーマにはめっぽう強い

ペンデュラムカードはペンデュラムゾーンに発動すれば「表側表示の魔法カード」扱いなので、「醒めない悪夢」の効果によって破壊する事が可能です。

いくら破壊されて蘇るペンデュラムモンスターであっても、ペンデュラムスケールが揃わなければどうという事は無いのです。

なので、「ペンデュラム召喚」に頼りきったデッキなんかはこのカード1枚で封殺する事が出来ると思います。

特に私が愛用している「DD」デッキなんかは相性最悪です。

こちらが「契約書」カードを発動すれば即破壊されますし、ペンデュラムゾーンに発動したペンデュラムカードも破壊されてしまうので、頑張って「DDスワラル・スライム」を引くか、魔法・罠を破壊できるカードを引くまで待つしかなくなります。

同じパックに収録された「灰流うらら」もサーチが少ない「DD」にはかなりきついカードなので辛いです・・・。

終わりに

「ペンデュラム」テーマに強いとは書きましたが、現在絶賛発売中の「魔術師」デッキにはあまり聞き目が無いと思います。

「紫毒の魔術師」は破壊されれば表側表示のカードを破壊できるので、「醒めない悪夢」は破壊されてしまいますし、「星刻の魔術師」がエクシーズ召喚されてしまえば「醒めない悪夢」でペンデュラムゾーンのカードへ破壊耐性がついてしまうので・・・。

まあしかし、フィールド魔法や永続カードが強い現在の環境では中々強力なカードであるといえますね。

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました。


スポンサーリンク

 - カード評価, 遊戯王