*

それなりの制約があるよ「覇王門零」、「覇王門無限」効果考察、運用方法について解説

   

今回の記事では「マキシマム・クライシス」に収録される事が判明したペンデュラムモンスター、「覇王門零」、「覇王門無限」、「覇王眷竜ダークヴルム」の効果解説、さらに運用方法などについて解説します。

ついに登場した汎用スケール0と13のペンデュラムモンスター群ですが、どのデッキでも簡単に運用出来るカードではありません。

それでは、「覇王眷竜」、「覇王門」のペンデュラム効果、モンスター効果などから見ていきましょう。


スポンサーリンク

カード情報

覇王眷竜ダークヴルム

f2e3d35379d7befa6c22abec6214e378-e1481770713998

ペンデュラム・効果モンスター

星4/闇属性/ドラゴン族/攻1800/守1200

【Pスケール:青5/赤5】

(1):1ターンに1度、自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。
デッキから「覇王門」Pモンスター1体を選び、自分のPゾーンに置く。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしかP召喚できない。

【モンスター効果】

「覇王眷竜ダークヴルム」の(1)(2)のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「覇王門」Pモンスター1体を手札に加える。

(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。

 

ペンデュラム効果について

1ターンに1度、自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる効果で、デッキから「覇王門」ペンデュラムモンスターをデッキから1たい選び、ペンデュラムゾーンに置く事が出来ます。

つまりこのカード1枚でペンデュラムスケールが揃ってしまうという事ですね。

どこぞのモンキーのような強力な効果を持っていますが、発動後はターン終了時まで「闇属性」しかペンデュラム召喚する事が出来なくなります。

ちなみに、デッキから「覇王門零」を発動した場合はレベル1~4のモンスター。
「覇王門無限」を発動した場合はレベル6~12の闇属性モンスターをペンデュラム召喚する事が可能となります。

モンスター効果について

(1)の効果は、召喚・特殊召喚に成功した場合にデッキから「覇王門」ペンデュラムモンスターをサーチする効果。

単純に強力な効果ですし、特殊召喚成功時にも発動できる効果なのがペンデュラム召喚と非常に噛み合っています。

(2)の効果は自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる効果、墓地に存在するこのカードを特殊召喚します。

条件は厳しいですが、自己蘇生効果は強力です。
しかも(1)のサーチ効果も発動する事が出来るので「おろかな埋葬」などは必須カードとなりそう。

覇王門零

覇王門零

ペンデュラム・効果モンスター

星7/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0

【Pスケール:青0/赤0】

(1):自分フィールドに「覇王龍ズァーク」が存在する場合、自分が受ける全てのダメージは0になる。

(2):1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンに「覇王門無限」が存在する場合に発動できる。
自分のPゾーンのカード2枚を破壊し、デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。

【モンスター効果】

(1):1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードとこのカードを破壊し、ドラゴン族の融合モンスターまたはドラゴン族のSモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は0になり、効果は無効化され、S・X召喚の素材にできない。

(2):モンスターゾーンのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを自分のPゾーンに置く。

 

「DD魔導賢者」などは「どれがスケール1でどれがスケール10だっけ??」と混乱してしまう事がありますがこのカードは非常に分かりやすいですね。

見たまんま、「ゼロ」です
名前も「ゼロ」ですし攻撃力も0ポイントです。

ペンデュラム効果について

(1)の効果は自分フィールド上に「覇王龍ズァーク」が存在する場合、自分が受ける全てのダメージを「0」ポイントにする効果。

(2)はもう片方のペンデュラムスケールに「覇王門無限」が存在する場合に発動できる効果で、自分のペンデュラムゾーンのカードを2枚破壊し、デッキから「融合」魔法カード、または「フュージョン」魔法カードをサーチする事が可能です。

おそらくは「覇王龍ズァーク」を融合召喚するためのカードをサーチしてね!
って事だと思います。

モンスター効果について

非常に長いテキストですが、簡単に説明すると(1)はズァーク様降臨のための効果、(2)の効果は自身をペンデュラムゾーンに送る効果だと考えてくれたら大丈夫です。

(1)の効果は、自分フィールドの表側表示のカードとこのカード自身を破壊する事によって、エクストラデッキからドラゴン族のシンクロモンスターまたは融合モンスターを特殊召喚する効果。

悪用を防ぐためか、この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は0ポイントとなり、効果も無効化され、さらにはシンクロ・エクシーズ素材に使うことが出来なくなります。

「覇王龍ズァーク」の融合召喚以外には使って欲しくないという鉄の意思と鋼の強さを感じます。

(2)の効果は、モンスターゾーンの自身が戦闘・効果で破壊された場合に発動できる効果で、自信をペンデュラムゾーンに置くことが出来ます。

つまり(1)の効果によって自身を破壊した時にペンデュラムゾーンが空いていれば、そのままこのカードをペンデュラムゾーンに置くことが出来るという訳ですね。

覇王門無限

覇王門無限

ペンデュラム・効果モンスター

星7/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0

【Pスケール:青13/赤13】

(1):自分フィールドにモンスターが存在する場合、自分はP召喚できない。
この効果は無効化されない。

(2):1ターンに1度、自分フィールドに「覇王龍ズァーク」が存在する場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力分だけ自分のLPを回復する。

【モンスター効果】

(1):1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードとこのカードを破壊し、ドラゴン族のXモンスターまたはドラゴン族のPモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は0になり、効果は無効化され、S・X召喚の素材にできない。

(2):モンスターゾーンのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを自分のPゾーンに置く。

 

こちらはイラストに騙されてはいけません、8では無くて「」のですね。
どうせなら横向きのイラストにしてくれれば分かりやすかったのですが!

ペンデュラム効果について

このカードは大きなデメリット効果を持っていて、自分フィールドにモンスターが存在する場合、自分はペンデュラム召喚を行う事が出来なくなります。

つまり「覇王眷竜ダークヴルム」の効果を使用してデッキから「覇王門」モンスターを手札に加えた後だとペンデュラム召喚出来ないという事です。

他の手段を用いて自分フィールドのモンスターを一旦どかしておく必要があります。

(2)の効果は1ターンに1度自分フィールドに「覇王龍ズァーク」が存在する場合に、相手フィールドのモンスターを対象として効果を発動する事が出来ます。
そのモンスターの攻撃力分のライフポイントを回復します。

モンスター効果について

こちらモンスター効果も「覇王門零」と同じく、(1)は「覇王龍ズァーク」降臨のための補助効果、(2)は自身をペンデュラムゾーンに置く効果です。

(1)の効果は、自分フィールドの表側表示のカードと自身を破壊する事によってエクストラデッキからドラゴン族エクシーズモンスター、またはペンデュラムモンスターを特殊召喚します。

例によって特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は0ポイントとなり、効果も無効化され、シンクロ・エクシーズ素材に使う事が不可能となります。

(2)の効果は自身がモンスターゾーンで戦闘・効果で破壊された場合に、自身をペンデュラムゾーンに置くことが出来る効果です。

「覇王門」運用方法について

「覇王眷竜」や「覇王門」などの効果を見ていると分かると思うのですが、「自分フィールドにモンスターが存在しない」場合に発動できる効果を多く持っています。

唯一何の制約も無く発動できるカードは、現状「覇王門零」だけですね。

また、「覇王門無限」に関しては自分フィールドにモンスターが存在しない場合にしかペンデュラム召喚を行う事が出来ないので、毎ターン高レベルのモンスターをペンデュラム召喚するのは難しいです。

現状だと、爆発力はあるが器用貧乏感のある印象をうけますね。
新規カード次第では評価がガラッと変わってしまう訳ですが。

終わりに

こうしてみてみると、「どのデッキでもレベル1~12のモンスターがペンデュラム召喚出来る!」って訳では無さそうですね。

相性が良いテーマを考えるなら、高レベルor低レベルテーマ、闇属性テーマなどのテーマでしょうか。

今後も「覇王門」カードや「覇王眷竜」カードが登場したらこの記事に追記していきます。


スポンサーリンク

 - カード評価, その他, 遊戯王 , , ,