*

ストラクには入ってないよ「覇王龍ズァーク軸魔術師デッキ」必須カード5枚紹介!

   

今回の記事では、「ペンデュラム・エボリューション」には未収録の、「覇王龍ズァーク軸魔術師」デッキに必須のカードを5枚紹介したいと思います。

ストラクチャーデッキを買う前、買った後に少し覗いてみてください。

まだ発売していない「マキシマム・クライシス」に収録される必須カードも紹介しているので、興味のある方は目次から読むことが出来るのでお試しください。


スポンサーリンク

カード情報(全5種)

EMエンタメイトドクロバット・ジョーカー

card100025324_1

ペンデュラム・効果モンスター

星4/闇属性/魔法使い族/攻1800/守 100

【Pスケール:青8/赤8】

(1):自分は「EM」モンスター、「魔術師」Pモンスター、「オッドアイズ」モンスターしかP召喚できない。
この効果は無効化されない。

【モンスター効果】

(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「EMドクロバット・ジョーカー」以外の「EM」モンスター、「魔術師」Pモンスター、「オッドアイズ」モンスターの内、いずれか1体を手札に加える。

 

絶対に確保したいカードの内の1枚です。
(制限カードなので1枚で充分です。)

召喚成功時にデッキから好きな「魔術師」ペンデュラムモンスターを手札に加える事が出来ます。

しかもこのカード、「ペンデュラム・エボリューション」に収録されるエクシーズモンスター、「星刻の魔術師」によってサーチ、使いまわしが可能なカードとなっています。

今回のストラクチャーデッキはサーチのサーチのサーチくらいまでカードが存在しているのでほぼ事故率ゼロと言っても過言ではありません。
(虹彩の魔術師の裁定次第ですが・・・)

賤竜せんりゅう魔術師まじゅつし

card100025321_1

ペンデュラム・効果モンスター

星6/風属性/魔法使い族/攻2100/守1400

【Pスケール:青2/赤2】

「賤竜の魔術師」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):もう片方の自分のPゾーンに「魔術師」カードが存在する場合に発動できる。
自分のエクストラデッキの表側表示の、「賤竜の魔術師」以外の「魔術師」Pモンスターまたは「オッドアイズ」Pモンスター1体を選んで手札に加える。

【モンスター効果】

「賤竜の魔術師」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の、「賤竜の魔術師」以外の「魔術師」Pモンスターまたは「オッドアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 

こちらのカードも1枚は確保しておきたいカード、また、デッキへ採用枚数も1枚で充分なカードでもあります。

主に使うのはペンデュラム効果で、もう片方のペンデュラムゾーンに「魔術師」カードが存在する場合に、エクストラデッキから表側表示の「魔術師」ペンデュラムモンスターを手札に加える事が出来ます。

慧眼けいがんの魔術師」の効果を複数回使うのも良いですし、「覇王龍ズァーク」の召喚条件を満たすために特定の「魔術師」モンスターを手札に加える、という事も可能です。

1枚デッキにあるだけでも動きが全然変わってくるので、必ず1枚は投入しましょう。

調弦ちょうげんの魔術師

調弦の魔術師

ペンデュラム・チューナー・効果モンスター

星4/闇属性/魔法使い族/攻 0/守 0

【Pスケール:青8/赤8】

(1):このカードがPゾーンに存在する限り、自分フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は、自分のエクストラデッキの表側表示の「魔術師」Pモンスターの種類×100アップする。

【モンスター効果】

このカードはエクストラデッキからの特殊召喚はできず、このカードを融合・S・X召喚の素材とする場合、他の素材は全て「魔術師」Pモンスターでなければならない。

「調弦の魔術師」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが手札からのP召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「調弦の魔術師」以外の「魔術師」Pモンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、フィールドから離れた場合に除外される。

 

こちらのカードは2枚確保しておけばデッキの動きとしては全く支障がありません。

しかしこのカードは「ディメンション・ボックス」にしか収録されていないカードなので入手難易度が高いです・・・。

ペンデュラム召喚するだけでデッキから「魔術師」ペンデュラムモンスターを特殊召喚する事が出来ます。

「魔術師」デッキでの役割は主に、デッキからレベル4の「魔術師」ペンデュラムモンスターを特殊召喚し、そのまま「星刻の魔術師」のエクシーズ召喚へと繋げる事です。

エクストラデッキのリソースを減らす事なく「星刻の魔術師」をエクシーズ召喚出来るのが強みですね。

また、このカード自身がチューナーモンスターであるので、デッキから特殊召喚した「魔術師」モンスターと共にシンクロ召喚を行う事が出来ます。

闇属性のチューナーモンスターであるので、「魔王龍ベエルゼ」などの強力なシンクロモンスターをシンクロ召喚する事が出来ますね。
「覇王龍」の前の前座として「魔王龍」を出しておくのもカッコイイかも・・?

エクストラデッキに送られたこのカードはペンデュラム召喚する事が不可能ですが、「星刻の魔術師」の効果によって手札に加える事が可能なので問題ありません。

レスキューラビット

レスキューラビット

効果モンスター

星4/地属性/獣族/攻 300/守 100

「レスキューラビット」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードはデッキから特殊召喚できない。

(1):フィールドのこのカードを除外して発動できる。
デッキからレベル4以下の同名の通常モンスター2体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

 

自身を除外する事によって、デッキからレベル4以下の同名通常モンスターを2体特殊召喚する事が出来るカード。

「魔術師」デッキなら「竜脈の魔術師」がレベル4以下の通常モンスターとなるので、「竜脈の魔術師」をデッキから2体特殊召喚する事が出来ます。

そして、「星刻の魔術師」のエクシーズ素材である「魔術師ペンデュラムモンスター×2」を満たす事が出来るので、そのままエクシーズ召喚を行う事が可能という訳です。

竜脈りゅうみゃくの魔術師

竜脈の魔術師

ペンデュラム・通常モンスター

星4/地属性/魔法使い族/攻1800/守 900

【Pスケール:青1/赤1】

(1):1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンに「魔術師」カードが存在する場合、手札のPモンスター1体を捨て、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。

【モンスター情報】

元気だけが取り得の駆け出しの少年魔術師。
実は無意識のうちに大地に眠る竜の魂を知覚する能力を有しており、まだ半人前ながらその資質の高さには師匠の「竜穴の魔術師」も一目置いている。

 

「レスキューラビット」との兼ね合いで必須のカードとなります。
「レスキューラビット」の性質上2枚以上は確保しなくてはいけません。

2枚でも大丈夫ですが、初手に1枚でも引いてしまうと「レスキューラビット」の効果を発動出来なくなってしまうので、心配な方は3枚用意。

未発売のカード(全2種)

覇王龍ズァーク

%e3%82%ba%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%82%af

融合・ペンデュラム・効果モンスター

星12/闇属性/ドラゴン族/攻4000/守4000

【Pスケール:青1/赤1】

(1):このカードがPゾーンに存在する限り、相手フィールドの融合・S・Xモンスターは効果を発動できない。

(2):1ターンに1度、相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた時に発動できる。
そのカードを破壊する。

【モンスター効果】

ドラゴン族の融合・S・X・Pモンスター1体ずつ合計4体

このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。

(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。
相手フィールドのカードを全て破壊する。

(2):このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

(3):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
デッキ・エクストラデッキから「覇王眷竜」モンスター1体を特殊召喚する。
(4):モンスターゾーンのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを自分のPゾーンに置く。

 

当然必要ですよね!!

「マキシマム・クライシス」に収録されるカードです。

恐らく最初の値段はストラクチャーデッキの影響によってとんでもない値段がつきそうですが、エクストラデッキのカードですし、2枚以上必要になる事も少ないと思うので少し待てば値段も落ち着くと思いますよ。

デュエリスト・アドベント

18b640e4

通常魔法

「デュエリスト・アドベント」は1ターンに1枚しか発動できない。

(1):自分または相手のPゾーンにカードが存在する場合に発動できる。
デッキから「ペンデュラム」Pモンスターまたは「ペンデュラム」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

 

自分または相手のペンデュラムゾーンにカードが存在する場合に発動可能というあまりに満たしやすい発動条件を持っているカード。

効果はデッキから「ペンデュラム」Pモンスター、または「ペンデュラム」魔法・罠カードを手札に加える効果。

「魔術師」デッキなら「星霜のペンデュラムグラフ」、「時空のペンデュラムグラフ」、「ペンデュラム・コール」などの強力なカードをサーチする事が出来ます。

また、裁定次第では「ペンデュラム・ドラゴン」として扱う「虹彩の魔術師」もサーチする事が出来ますね。

このカードの効果によってサーチ出来るカード一覧はこちらの記事で紹介しているので、興味のある方はご覧ください。

関連記事:ペンデュラムの敵か味方か「デュエリスト・アドベント」効果考察。

終わりに

ストラクチャーデッキ3箱と、以上のカードを揃えれば「覇王龍ズァーク軸魔術師」デッキは問題無く周りますし、1ターンで「覇王龍ズァーク」を融合召喚する事も可能となります。

問題は「虹彩の魔術師」の裁定ですね・・・・。

彼のペンデュラム効果が先行でも発動できる効果なら、殆どの確率で先行「覇王龍ズァーク」を融合召喚する事が出来ます。

どんな裁定が出るのかはコナミさんのさじ加減なので何とも言えませんが、朗報を待ちましょう。


スポンサーリンク

 - その他, 遊戯王 , ,