*

「覇王龍ズァーク軸魔術師」デッキの回し方をカード効果と共に解説

   

ついに明日発売される「ペンデュラムエボリューション」!!

今回の記事では「魔術師」デッキのキーカードとなるカードの効果の解説と共に、そのカードの運用方法を解説していきます。

デッキの回し方とは少し違うかもしれませんが、これらのカードの効果と運用方法について分かっていれば「魔術師」デッキは簡単に回す事が可能です。


スポンサーリンク

カード情報

虹彩こうさいの魔術師

%e8%99%b9%e5%bd%a9%e3%81%ae%e9%ad%94%e8%a1%93%e5%b8%ab

ペンデュラム・効果モンスター

星4/闇属性/魔法使い族/攻1500/守1000

【Pスケール:青8/赤8】

(1):1ターンに1度、自分フィールドの魔法使い族・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
このターンそのモンスターが相手モンスターとの戦闘で相手に与える戦闘ダメージは倍になる。
その後、このカードを破壊する。

【モンスター効果】

このカードはルール上「ペンデュラム・ドラゴン」カードとしても扱う。

(1):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「ペンデュラムグラフ」カード1枚を手札に加える。

 

「魔術師」デッキのキーカード。

1ターンに1度、自分フィールドの魔法使い族・闇属性モンスター1体を対象として発動します。
このターンそのモンスターが相手モンスターとの戦闘で相手にダメージを与える戦闘ダメージを倍にし、その後、ペンデュラムゾーンの自身を破壊。

簡単に説明すれば、フィールドの魔法使い族・闇属性モンスターに「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」のモンスター効果をターン終了時まで疑似的に与え、自壊する効果ですね。

ちなみに、戦闘ダメージ2倍はオマケの効果、このカードの強みは「自壊」と「サーチ」にあります。

このカードは破壊されるとデッキから「ペンデュラム・グラフ」カードを手札に加える効果を持ちます。

現在サーチすることが可能な「星霜のペンデュラム・グラフ」、「時空のペンデュラム・グラフ」はどちらも「魔術師」には必須の強カードです。

また、フィールドの「魔術師」ペンデュラムモンスターが破壊する事をトリガーに発動する効果を持つカードが多く含まれるデッキでもあるので、自壊効果は非常に重要なものとなります。
新たに登場する「黒牙の魔術師」、「紫毒の魔術師」、「白翼の魔術師」などに比べても自壊しやすい効果となっているため、「虹彩の魔術師」は3枚投入した方が良いです。

また、デッキから「ペンデュラムグラフ」カードを手札に加える効果は、名称を指定した1ターンに1度の発動では無いので、複数の「虹彩の魔術師」が存在すれば、それら全ての効果を発動する事が可能です。

ちなみに、「ペンデュラム・ドラゴン」としてルール上扱うので、恐らく「マキシマム・クライシス」に収録される「デュエリスト・アドベント」の効果によってサーチする事が出来ます。
裁定次第ですね。

慧眼の魔術師

card100022147_1

ペンデュラム・効果モンスター

星4/光属性/魔法使い族/攻1500/守1500

【Pスケール:青5/赤5】

(1):もう片方の自分のPゾーンに「魔術師」カードまたは「EM」カードが存在する場合に発動できる。
このカードを破壊し、デッキから「慧眼の魔術師」以外の「魔術師」Pモンスター1体を選び、自分のPゾーンに置く。

【モンスター効果】

(1):このカードを手札から捨て、自分のPゾーンの、Pスケールが元々の数値と異なるカード1枚を対象として発動できる。
そのカードのPスケールはターン終了時まで元々の数値になる。

 

このカードはモンスター効果を使う機会は無いので、ペンデュラム効果だけに注目。

もう片方のペンデュラムゾーンに「魔術師」、または「EM」カードが存在する場合に発動でき、自身を破壊し、デッキから「慧眼の魔術師」以外の「魔術師」ペンデュラムモンスターを1体選び、自分のペンデュラムゾーンに置きます。

このカードもペンデュラムゾーンで「自壊」する効果を持っています。

また、ここで覚えておいて貰いたいのは、ペンデュラム効果に1ターンに1度の発動回数制限が無い事です。
後に登場する「星刻の魔術師」と相性が抜群です。

星霜のペンデュラムグラフ

星霜のペンデュラムグラフ

永続魔法

「星霜のペンデュラムグラフ」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分フィールドの魔法使い族モンスターを相手は魔法カードの効果の対象にできない。

(2):表側表示の「魔術師」Pモンスターカードが自分のモンスターゾーン・Pゾーンから離れた場合に発動する。
デッキから「魔術師」Pモンスター1体を手札に加える。

 

(1)の効果は自分フィールドの魔法使い族モンスターに、魔法カードへの耐性を付与する効果。

しかしここで注目したいのは(2)の効果です、1ターンに1度、フィールドの表側表示の「魔術師」ペンデュラムモンスターがフィールドを離れた場合に発動可能、デッキから「魔術師」ペンデュラムモンスターを手札に加える事が出来ます。

ペンデュラムゾーンで「魔術師」カードが破壊された場合でも、フィールドを離れた事になるので、このカードの発動トリガーとなることが出来ます。

特に「虹彩の魔術師」と「慧眼の魔術師」は自壊しやすい「魔術師」ペンデュラムモンスターなので相性が良いです。

アストログラフ・マジシャン

アストログラフ・マジシャン

ペンデュラム・効果モンスター

星7/闇属性/魔法使い族/攻2500/守2000

【Pスケール:青1/赤1】

「アストログラフ・マジシャン」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分メインフェイズに発動できる。
このカードを破壊し、手札・デッキから「星読みの魔術師」1体を選び、
自分のPゾーンに置くか特殊召喚する。

【モンスター効果】

(1):自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、このターンに破壊されたモンスター1体を選び、その同名モンスター1体をデッキから手札に加える事ができる。

(2):フィールドのこのカードを除外し、自分の手札・フィールド・墓地から、「ペンデュラム・ドラゴン」「エクシーズ・ドラゴン」「シンクロ・ドラゴン」「フュージョン・ドラゴン」モンスターを1体ずつ除外して発動できる。
「覇王龍ズァーク」1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。

 

ペンデュラム効果は使う機会が少ないので、ここではモンスター効果を重点的に見ていきます。

(1)の効果は、自分フィールドのカードが破壊された場合に手札で発動できる効果、自身を手札から特殊召喚し、その後、このターンに破壊されたモンスターを1体選び、同名モンスターをデッキから手札に加える事が出来ます。

「虹彩の魔術師」や「慧眼の魔術師」が自壊したタイミングで簡単に特殊召喚でき、さらにはこのターン破壊されたモンスターも手札に加える事が出来るので、再び「虹彩の魔術師」や「慧眼の魔術師」等を手札に加える事が可能となります。

「魔術師」カードでは無いので、「魔術師」サポートカードの効果を受ける事は出来ませんが、次に解説する「星刻の魔術師」の効果によって簡単に手札に加える事が可能です。

星刻の魔術師

cxsaay7viaa09ar

エクシーズ・効果モンスター

ランク4/闇属性/魔法使い族/攻2400/守1200

レベル4「魔術師」Pモンスター×2

このカードは上記のカードをX素材にしたX召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。

(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
自分のデッキ・墓地のモンスター及び自分のエクストラデッキの表側表示のPモンスターの中から、
魔法使い族・闇属性モンスター1体を選んで手札に加える。

(2):1ターンに1度、自分のモンスターゾーン・PゾーンのPモンスターカードが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに自分のデッキから魔法使い族モンスター1体を墓地へ送る事ができる。

 

レベル4の魔術師ペンデュラムモンスター2体でエクシーズ召喚可能なエクシーズモンスター。

効果を2つ持っており、どちらの効果も非常に優秀な効果な上、どちらの効果も名称指定の効果発動回数の制限が無いため、複数体「星刻の魔術師」を展開すればもう1度効果を発動する事が出来ます。

(1)の効果はエクシーズ素材を1つ取り除き、デッキ・墓地・エクストラデッキの表側表示のぺデュラムモンスターの中から魔法使い族・闇属性モンスターを手札に加える効果。

ストラクチャーデッキに新たに収録される殆ど魔術師や、「アストログラフ・マジシャン」、などは全て魔法使い族・闇属性モンスターなのでこのカードの効果によって手札に加える事が可能です。

また、「EMドクロバット・ジョーカー」もサーチ出来ます。(サーチのサーチ・・・)

しかし「白翼の魔術師」だけではこのカードの効果によってサーチする事が出来ません・・無念。

(2)の効果は1ターンに1度自分のモンスターゾーン、またはペンデュラムゾーンのペンデュラムモンスターが戦闘・効果で破壊される場合に、代わりに自分のデッキから魔法使い族モンスターを墓地へ送る事が出来ます。

ここで思い出して欲しいカードが「慧眼の魔術師」。
あのカードはペンデュラム効果に発動回数制限がありません。

ペンデュラムゾーンの「慧眼の魔術師」の効果を発動し、自身を破壊しデッキから「魔術師」ペンデュラムカードを置く効果を発動します。

ここで「星刻の魔術師」の(2)の効果を使用し、デッキから変わりに魔法使い族モンスターを墓地へ送ります。

破壊されなかったことにより「慧眼の魔術師」の効果は不発、そのままペンデュラムゾーンに残ります。

そしてもう1度「慧眼の魔術師」のペンデュラム効果を発動し、通常通りの処理を行う事が可能です。

これによって、「覇王龍ズァーク」の融合素材をデッキから墓地へ送る事が可能という事です。

「星刻の魔術師」を展開した数だけこの効果は使用する事が可能なので、「慧眼の魔術師」と「星刻の魔術師」がフィールドに揃えば簡単に「覇王龍ズァーク」の融合素材を調達する事が可能です。

時空のペンデュラム・グラフ

card_5

永続罠

「時空のペンデュラムグラフ」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分フィールドの魔法使い族モンスターを相手は罠カードの効果の対象にできない。

(2):自分のモンスターゾーン・Pゾーンの「魔術師」Pモンスターカード1枚と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果でカードを2枚破壊できなかった場合、フィールドのカード1枚を選んで墓地へ送る事ができる。

 

2枚目の「ペンデュラムグラフ」カード。

「星霜のペンデュラムグラフ」は魔法カードへの耐性を与えるのに対してこちらは罠カードへの耐性を付与します。

しかしそれはオマケの効果、やはり注目したいのは(2)の効果です。

自分のモンスターゾーン、またはペンデュラムゾーンの「魔術師」ペンデュラムカード1枚と相手フィールドのカードを対象として発動し、それら2枚のカードを破壊します。

この効果で2枚のカードを破壊出来なかった場合、フィールドのカードを1枚選んで墓地へ送る事が出来る追加効果を持ちます。

普通に使うと1対1の交換なのでアドバンテージは発生しませんが、「星刻の魔術師」がフィールドに存在している時にこの(2)の効果を使用すれば大きなアドバンテージを得る事が出来ます。

まず破壊したい相手のカードと自分フィールドの「魔術師」ペンデュラムモンスターを対象として(2)の効果を発動します。

自分の「魔術師」ペンデュラムモンスターの破壊は「星刻の魔術師」の(2)の効果によって、破壊される代わりにデッキから魔法使い族モンスターを墓地へ送ります。

そうすると結果的に相手のカードのみが破壊され、2枚のカードを破壊できませんでした。

よって、フィールドのカードを1枚選び墓地へ送る事が可能となります。

最終的に相手のカードが2枚破壊されこちらは墓地肥しが可能というとんでもないアドバンテージを得る事が出来ます。

「そこのお前!時空のペンデュラムグラフ1枚に含まれるアドはもうなんかだぜ!」

終わりに

長い記事でしたが最後までご覧くださってありがとうございました。

「魔術師」は制圧カードが少ないので、相手を妨害しつつ自分の表側表示のカードも破壊できる「十二獣」を出張させるのが現状だとマルいですかねぇ~。

しかし純構築でも「覇王龍ズァーク」は簡単に出せるパワーは持っているので、「十二獣」をそろえなくても十分に戦える強さだと思います!

ここまで長々と文章で書いてきましたが、やはり実際に自分でカードを触ってみるのが一番覚えやすいです。

明日、お店に急げ!


スポンサーリンク

関連記事

 

 - その他, 遊戯王 , ,