*

「魔術師」対策カード5枚紹介、そして使用方法解説!

   

今回の記事では、「ストラクチャーデッキ ペンデュラムエボリューション」で大幅強化された「魔術師」デッキの対策カードを5枚ピックアップしました。

また、各カードの効果と共に「魔術師」に対してどのように使用するのかも解説しています。

記事の最後には他の「魔術師」に関する記事へのリンクも貼ってあるので、興味のある方はご覧ください。


スポンサーリンク

カード情報

コズミックサイクロン

コズミックサイクロン

速攻魔法

(1):1000LPを払い、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。

カード効果解説

ライフポイントを払い、フィールドの魔法・罠カードを1枚除外するカード。

破壊を介さない除外効果なので、破壊耐性などを持ったカードなども問題なく除外する事が出来ますし、墓地で発動する魔法・罠カードを墓地へ送らずに済みます。

「魔術師」対策への使用方法

「魔術師」ペンデュラムモンスターは破壊された場合に効果を発動するモンスターが殆どなので、このカードの効果によってペンデュラムゾーンの「魔術師」カードを除外するのが主な使用方法です。

ペンデュラムカードに破壊耐性を与える「星刻の魔術師」、「ペンデュラム・コール」などをすり抜けて発動できる点が良いですね。



幽鬼うさぎ

幽鬼うさぎ

チューナー・効果モンスター

星3/光属性/サイキック族/攻 0/守1800

「幽鬼うさぎ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):フィールドのモンスターの効果が発動した時、またはフィールドの既に表側表示で存在している魔法・罠カードの効果が発動した時、
自分の手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
フィールドのそのカードを破壊する。

カード効果解説

フィールドのモンスター効果が発動した時、またはフィールドの既に表側表示で存在している魔法・罠カードの効果が発動した時、自分の手札・フィールドの自身を墓地に送り発動。
フィールドのそのカードを破壊します。

モンスター効果に対して発動する場合、「エフェクト・ヴェーラー」のように効果を無効にする事は出来ませんが、モンスター自体を除去する事ができます。

また、相手の永続魔法、永続罠、ペンデュラムカードの発動なら、破壊する事によって効果も無効化する事が可能な汎用性の高い手札誘発のチューナーモンスターカードです。

「魔術師」対策での使用方法

相手の「魔術師」ペンデュラムカードの効果などに使用しても、破壊された時のモンスター効果などに逆利用されてしまうだけなので、「星霜のペンデュラムグラフ」、「時空のペンデュラムグラフ」などのカードの対して発動しましょう。



魔力の泉

魔力の泉

速攻魔法

「魔力の泉」は1ターンに1枚しか発動できない。

(1):相手フィールドの表側表示の魔法・罠カードの数だけ自分はデッキからドローする。
その後、自分フィールドの表側表示の魔法・罠カードの数だけ自分の手札からカードを選んで捨てる。
このカードの発動後、次の相手ターンの終了時まで、相手フィールドの魔法・罠カードは破壊されず、発動と効果を無効化されない。

カード効果解説

相手フィールドの表側表示の魔法・罠カードの数だけ、自分のデッキからカードをドローし、その後、自分フィールドの表側表示の魔法・罠カードの数だけ手札からカードを選んで捨てる効果を持ちます。

相手がペンデュラムなどの表側の魔法・罠カード多く使うデッキなら、デッキから大量のドローを狙う事も可能です。

発動の処理が終わり墓地へこのカードが送られていないので、最低でも1枚のカードを墓地へ送る必要があります。

また、このカードの発動後、次の相手ターン終了時まで相手フィールドの魔法・罠カードは破壊されず、発動と効果も無効化されなくなります。

「魔術師」対策での使用方法

「魔術師」デッキでは、ペンデュラムゾーンはもちろん、魔法・罠ゾーンにも「星霜のペンデュラム・グラフ」、「時空のペンデュラム・グラフ」などのカードが存在している場合が多いので、殆どの確率でカードを2枚以上ドローする事が可能です。

また、このカードの発動後は相手の魔法・罠カードは破壊されなくなるので、「魔術師」デッキの動きを大きく鈍らせる事ができます。


魔封じの壺

魔封じの芳香

永続罠

(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いに魔法カードはセットしなければ発動できず、セットしたプレイヤーから見て次の自分ターンが来るまで発動できない。

カード効果解説

魔法カードをセットしなければ発動できなくなる上に、セットした次の自分のターンまで発動を不可能にする永続罠カード。

ペンデュラムカードはセットする事が不可能なので、発動する事が事実上不可能となります。

「魔術師」対策での使用方法

ペンデュラム対策と言えばこのカードと言われるくらいのカードですので、発動すれば「魔術師」デッキの動きを大きく鈍らせる事が可能です。

しかし、「時空のペンデュラムグラフ」や「紫毒の魔術師」などの効果によってこのカードが破壊されてしまう可能性があります。

「時空のペンデュラムグラフ」の効果を防ぐにはフィールドに「魔術師」を展開させない事。

「紫毒の魔術師」は自爆特攻をさせないために自分フィールド上のモンスターは守備表示にしておくなどの対策が必要です。



王宮の勅命

王宮の勅命

永続罠

このカードのコントローラーはお互いのスタンバイフェイズ毎に700LPを払う。
700LP払えない場合このカードを破壊する。

(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、フィールドの全ての魔法カードの効果は無効化される。

カード効果解説

禁止カードでしたが、エラッタされ制限カードとなりました。

お互いのスタンバイフェイズ毎に700ポイントのライフを支払う事によって、魔法カードの効果を永続的に無効化します。

「魔術師」対策での使用方法

基本的には相手が魔法カードを発動したタイミングで発動し、その効果を無効化すると共に、永続的に相手の魔法カードを無効化しましょう。

しかし、効果を無効化したところでペンデュラムカードの発動自体は無効にする事が出来ないので、ペンデュラム召喚を無効化する事は出来ません。

それと、制限カードなのであまり手札に来ることを期待しない方が良いですね。

終わりに

「魔術師」は今後も「デュエリスト・アドベント」、「覇王龍ズァーク」などの登場により強化される事が確定しているテーマなので、対策はほぼ必須と言っても良いでしょう。

サイドデッキにこれらのカードを忍ばせておけば、「魔術師」に少しでも対抗できるようになると思います!

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!


スポンサーリンク

関連記事

「召喚神エクゾディア軸魔術師」デッキレシピ紹介、回し方解説

「覇王龍ズァーク軸魔術師」デッキレシピ紹介!

「覇王龍ズァーク軸魔術師」デッキの回し方をカード効果と共に解説

ストラクには入ってないよ「覇王龍ズァーク軸魔術師デッキ」必須カード5枚紹介!

ペンデュラムの敵か味方か「デュエリスト・アドベント」効果考察。

 - 対策カード&プレイング, 遊戯王 ,