*

「ペンデュラム・フュージョン」の効果、運用方法について考察する。

   

今回は、「プレミアムパック19」に収録される事が判明した「ペンデュラム・フュージョン」の効果、そして運用方法について考察する記事を書いてみました。

漫画ではユーリが使用していたカード!


スポンサーリンク

カード情報

ペンデュラム・フュージョン

%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%a0%e3%83%bb%e3%83%95%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b3

通常魔法

「ペンデュラム・フュージョン」は1ターンに1度しか発動できない。

(1):融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを自分フィールドから墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
自分のPゾーンにカードが2枚存在する場合、自分のPゾーンに存在する融合素材モンスターを融合素材に使用できる。

 

カード効果考察

普通に発動するなら、フィールドからのみ融合素材を墓地へ送る「融合」ですが、ペンデュラムゾーンに2枚カードが存在するなら、Pゾーンに存在するモンスターも融合素材として扱う事が可能なカード。

ペンデュラムモンスターを扱うテーマでこのカードを扱う場合、フィールドで融合したモンスターもエクストラデッキに送られるので全体的にペンデュラムのシステムと噛み合ったカードとなっています。

次に、各ペンデュラムテーマの内、「ペンデュラム・フュージョン」を有効に使う事の出来るテーマについて考察してみます。

自分がよく知らないテーマについては書いていないのでご了承ください・・・。

「EM」デッキで運用する

最近登場した、「EMガトリングール」を簡単に融合召喚する事が出来るようになりました。

「EM」だけでは「EMガトリングール」の融合素材を調達する事が出来ませんが、「オッドアイズ」と組み合わせる事によって簡単に融合素材を調達する事が出来ます。

j

「DD」デッキで運用する

「DD」デッキはペンデュラムに特化した構築でないと両方のペンデュラムゾーンにカードが存在している事は少ないのですが、最近は「常闇の契約書」などの登場によってペンデュラム軸の「DD」デッキを組む意義も出てきました。

「DD」はテーマ内に多くの融合モンスターを持ち、いずれも融合素材が「DD」モンスターを指定しているので、ペンデュラムゾーンのカード2枚を使用する事によって、「DDD烈火王テムジン」、「DDD神託王ダルク」、「DDD剋竜王ベオウルフ」、「DDD怒涛壊薙王カエサルラグナロク」などの理論上全ての融合モンスターを展開する事が可能です。

card100019062_1

「メタルフォーゼ」デッキで運用する

「メタルフォーゼ」も比較的緩い融合素材の融合モンスターを多数テーマ内に持っています。

エクストラデッキに送られた「メタルフォーゼ」モンスターを手札に加える事が可能な「メタルフォーゼ・カウンター」なども存在するので躊躇する事なくペンデュラムゾーンのカードを融合素材とする事が出来ます。

card100038158_1

終わりに

いかがだったでしょうか。

まだまだ有効にこのカードを扱えるテーマはあると思いますし、汎用カードでもあると思うので3枚は確保しておいた方が良いでしょう。

私はなるべく高いレアリティで揃えたいです!


スポンサーリンク

 - カード評価, 遊戯王 ,