*

【ペンデュラムの救済】「Pendulum Switch 」の個人的評価と、効果解説!

   

今回の記事では、海外の「マキシマム・クライシス」に収録されることが判明した「ペンデュラム・スイッチ」のカード効果解説と、このカードに対する個人的評価などについて書いていこうと思います。

新マスタールールによってボッコボコにされてしまったペンデュラムテーマでしたが、このカードの登場によってある程度戦えるようになったペンデュラムデッキはあると思います。


スポンサーリンク

カード情報

Pendulum Switch

永続罠

「Pendulum Switch」の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

(1):自分のPゾーンにあるカード1枚を対象として発動できる。そのカードを特殊召喚する。

(2):自分のモンスターゾーンに存在するPモンスター1体を対象として発動できる。そのカードをPゾーンに置く。

カード効果解説

1ターンに1度、(1)か(2)のいずれか1つを発動する事が出来る永続罠カード。

自分のペンデュラムゾーンに存在するカードを特殊召喚するか、自分のモンスターゾーンに存在するモンスターをペンデュラムゾーンに置く事が出来ます。

永続罠カードなので、相手ターンにもフリーチェーンで効果を発動する事が出来ます。

また、名前に「ペンデュラム」を含むので、「デュエリスト・アドベント」の効果によって簡単にデッキから手札に加える事が出来ます。

このカードに対する個人的評価

どんなペンデュラムデッキに入れてもある程度の働きをすると思いますが、個人的には「DD」デッキで大きな活躍が出来るのではないかと思います。

「DD魔導賢者ケプラー」や、「DD魔導賢者コペルニクス」、「DDD壊薙王アビス・ラグナロク」などの特殊召喚に成功した時に発動するモンスター効果が強力なモンスターを相手ターンに展開する事によって、アドバンテージを稼ぐことができます。

また、今までは活躍の機会が少なかった「闇魔界の契約書」と一緒にこのカードを使えば、墓地、エクストラデッキの「DD」ペンデュラムモンスターを自由自在に特殊召喚する事が出来るようになります。

デッキはペンデュラム軸になると思いますが、「DD」には「DDD運命王ゼロ・ラプラス」という新たな大型ペンデュラムモンスターも登場しているので、この機にペンデュラム軸のDDデッキを組んでみるのも良いかもしれません。

終わりに

それでは、最後まで記事を読んでくださりありがとうございました。

記事をSNSなどで広めてくださるとブログを続けるモチベーションに繋がるので是非お願いします。

コメントも気軽にどうぞ。

後日「ペンデュラム・スイッチ」を投入した「ペンデュラム軸DDDデッキ」レシピについての記事も投稿すると思いますので、お楽しみに!


スポンサーリンク

 - カード評価, 遊戯王