*

【出しづらいわ!】「DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー」の効果解説とこのカードの個人的評価について

   

今回の記事では、「コード・オブ・デュエリスト」に収録される事が判明した「DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー」の効果の解説と、このカードに対する個人的な評価などについて書いていこうと思います。

個人的には「DD」デッキよりは悪魔族デッキで活躍しそうな性能だと感じました。


スポンサーリンク

カード情報

DDD怒涛大王どとうだいおうエグゼクティブ・シーザー

エクシーズ・効果モンスター

ランク6/水属性/悪魔族/攻2800/守1800

悪魔族レベル6モンスター×2

(1):モンスターを特殊召喚する効果を含む、モンスターの効果・魔法・罠カードの効果が発動した時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にし、破壊する。
その後、このカード以外の自分フィールドの「DD」モンスター1体を選び、そのモンスターとこのカードの攻撃力をターン終了時まで1800アップできる。

(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「契約書」カード1枚を手札に加える。

カード効果解説

(1)の効果は、モンスターを特殊召喚する効果を含む、モンスターの効果・魔法・罠カードの効果が発動した時、自身のエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる誘発効果

発動した効果を無効にし、破壊。その後、自身以外の自分フィールドに存在する「DD」モンスター1体の攻撃力をターンの終了時まで1800ポイントアップする事が出来ます。

2回発動可能な「神の警告」の様な効果ですね。

(2)の効果は自身がフィールドから墓地へ送られた場合に発動する誘発効果で、デッキから「契約書」カードを手札に加える事が出来ます。

これは「DDD怒涛王シーザー」も持っていた効果なのでお馴染みですね。

このカードの個人的評価について

(1)の「神の警告」の様な効果は文句なしに強いのですが、「DD」デッキで出しにくいというのが最大のネックでしょうか。

現状「DD」モンスターの内、レベル6のモンスターは「DDD烈火王テムジン」、「DD魔導賢者ニコラ」、「DDプラウド・オーガ」の3体が存在します。

が、これらのカードの内、「DDD烈火王テムジン」以外の2体は殆ど採用する事がありません。

モンスターのレベルを調整できる「DDバフォメット」を使用してエクシーズ召喚を狙う事も出来ますが、手間がかかります。

新規カードである「DDD超死偉王ダークネス・ヘル・アーマゲドン」のペンデュラム効果でエクストラデッキから直接出してもエクシーズ素材を持たないので意味がありませんし、「DD」デッキでの活躍は難しそうです・・。

個人的にはこのモンスターをランク7にでもしくれれば、「DDD極智王カオス・アポカリプス」の出番も増えたと思うのですがね・・・。

終わりに

それでは、最後まで記事を読んでくださりありがとうございました。

記事をSNSなどで広めてくださるとブログを続けるモチベーションに繋がるのでぜひお願いします。

コメントもお待ちしておりますので、気軽にどうぞ。


スポンサーリンク

 - カード評価, 遊戯王