*

【ネクロで良くね?】「DDヴァイス・テュポーン」の効果解説とこのカードに対する個人的評価について

   

今回の記事では、「コード・オブ・デュエリスト」に収録される事が判明した「DDヴァイス・テュポーン」の効果解説と、このカードに対する個人的評価について書きます。

アニメで登場した時より効果は増えていますが、実用性が無い効果なので少し残念です・・・。


スポンサーリンク

カード情報

DDディーディーヴァイス・テュポーン

効果モンスター

星7/闇属性/悪魔族/攻2300/守2800

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが召喚に成功した時、自分フィールドの「DD」モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキからレベル7「DDD」モンスター1体を特殊召喚する。

(2):このカードが墓地へ送られたターンの自分メインフェイズに発動できる。
レベル8以上の「DDD」融合モンスターカードによって決められた、
このカードを含む融合素材モンスターを自分の墓地から除外し、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

カード効果解説

(1)の効果は、自身が召喚に成功した時に、自分フィールドの「DD」モンスター1体をリリースして発動できる誘発効果。

デッキからレベル7の「DD」モンスターを特殊召喚する事が出来ます。

しかし、このカードは状況モンスターなので、通常召喚するなら2体のモンスターをリリースしなくてはいけません。

加えて、効果の発動にも「DD」モンスターのリリースが必要なので、あまり実用性が無い効果です。

(2)の効果は、自身が墓地へ送られたターンのメインフェイズに発動可能な起動効果

レベル8以上の「DDD」融合モンスターによって決められた、自身を含む融合素材モンスターを墓地から除外し、その融合モンスターをエクストラデッキから融合召喚する事が出来ます。

この効果で融合召喚可能なモンスターは、「DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン」と「DDD剋竜王ベオウルフ」の2体です。

このカードに対する個人的評価について

まず、(1)の効果は使い勝手が悪いです。

デッキからレベル7の「DD」モンスターを呼び出すのは面白い効果ではあるのですが、効果の発動条件が厳しいと個人的には思います。

加えて、デッキから出せるレベル7の「DD」モンスターにも魅力があまりありません。

(2)の融合効果は、「DDネクロスライム」で事足りる場面が多そうなのが残念です。

「DDネクロスライム」よりも優れている点は、「DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン」を融合召喚しやすいレベルを持っている事くらいでしょうか。

メインデッキに入る第二の「DDネクロスライム」として採用するならありかもしれませんね。

終わりに

それでは、最後まで記事を読んでくださりありがとうございました。

記事をSNSなどで広めてくださるとブログを続けるモチベーションに繋がるのでぜひお願いします。

コメントもお待ちしておりますので、気軽にどうぞ!


スポンサーリンク

 - カード評価, 遊戯王