*

【希望など幻想に過ぎないのです】「時械神ラツィオン」の個人的評価と効果解説!

   

今回の記事では、「コレクターズパック2017」に収録される事が判明した「時械神ラツィオン」の効果解説と、このカードに対する個人的評価などについて書いていきたいと思います。

このまま全ての「時械神」をOCG化して欲しいですね!お願いしますコナミさん!


スポンサーリンク

カード情報

時械神じかいしんラツィオン

効果モンスター

星10/炎属性/天使族/攻 0/守 0

このカードはデッキから特殊召喚できない。

(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードはリリースなしで召喚できる。

(2):このカードは戦闘・効果では破壊されず、このカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。

(3):このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に発動する。
相手の墓地のカードを全てデッキに戻す。

(4):1ターンに1度、相手がドローした場合に発動する。
相手に1000ダメージを与える。

(5):自分のスタンバイフェイズに発動する。
このカードを持ち主のデッキに戻す。

カード効果解説

デッキから特殊召喚できないルール効果に加えて、5つの効果を持っています。

(1)は自分フィールド上にモンスターが存在しない場合にリリースなしで召喚出来る効果。
元々のレベルが10なので本来は2体のリリースが必要ですが、この効果を使用すれば簡単にフィールドに呼び出す事が出来ます。

(2)の効果は自身が戦闘・効果では破壊されず、このカードの戦闘で発生する自分へのダメージを0ポイントにする効果。
攻撃力が0ポイントですが、この効果によって戦闘ダメージの心配をする必要はありません。
また、耐性は強力ですが、バウンスや除外などでは対処されてしまうので注意です。

(3)の効果は、自身が戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に発動する誘発効果。
相手の墓地のカードを全てデッキに戻します。
この効果がこの「時戒神」の最大の特徴ですね。
墓地を利用するデッキなら壊滅的なダメージを与える事も出来ます。今後はリンク召喚などによって墓地にカードが送られる事が多くなりそうなので、活躍の場は多そうですね。

(4)の効果は、相手がドローした時に、相手プレイヤーに1000ポイントのダメージを与える効果。
ドローは「花札衛」などの特殊なデッキでもない限りするので、確実に相手のライフポイントにダメージを与える事が出来ます。

(5)の効果は、自分のスタンバイフェイズに発動する誘発効果で、自身をデッキに戻します。
この効果はデメリット効果ですが、自分フィールドに他の「時戒神」をリリース無しで呼び出したい場合にはメリット効果とも言えますね。

このカードに対する個人的評価

単体で昨日する大型モンスターとして非常に魅力的だと感じました!
墓地を大量に肥やすデッキに対してはこの1枚で脅威になりますよね~。

そもそも墓地を肥やすデッキに対しては、相手が墓地を肥やす前に「マクロコスモス」などを発動すれば相手を封殺する事が出来ますが、相手が既に墓地を肥やした後だと対処する事が出来ません。

ですが、このカードは相手が墓地を肥やしまくった後でも全てデッキに戻す事が出来ますし、耐性も相まって効果の発動成功率も高いです。

 

個人的には、「時械神」をサーチするカードがくれば、「時械神」デッキも組みやすくなると思うので、是非OCG化してもらいたいものです・・・。

終わりに

それでは、最後まで記事を読んでくださりありがとうございました。

記事をSNSなどで広めてくださるとブログを続けるモチベーションに繋がるのでぜひお願いします。


スポンサーリンク

 - カード評価, 遊戯王