*

【効果は強いがレベルが・・・】「捕食植物バンクシアオーガ」の効果解説と、捕食デッキでの運用について

   

今回の記事では、「コード・オブ・デュエリスト」に収録された「捕食植物バンクシアオーガ」の効果解説と、捕食植物デッキでの使い道などについて書いていこうと思います。

融合テーマでありながらチューナーモンスターも内蔵したテーマ!

どこぞのデッキ融合テーマみたいですね~。(テーマ内にシンクロモンスターがいない点まで似てる)


スポンサーリンク

カード情報

捕食植物バンクシアオーガ

チューナー・効果モンスター

星6/闇属性/植物族/攻2000/守 100

(1):このカードは相手フィールドの捕食カウンターが置かれたモンスター1体をリリースした場合に手札から特殊召喚できる。

(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動する。
相手フィールドの表側表示モンスター全てに捕食カウンターを1つずつ置く。
捕食カウンターが置かれたレベル2以上のモンスターのレベルは1になる。

カード効果解説

相手フィールドの捕食カウンターが乗ったモンスターをリリースし、手札から特殊召喚が可能なレベル6のチューナーモンスター!

リリースによる除去は強力ですし、防ぎようがありません。

また、同じような効果を持つモンスターに、「捕食植物ドロソフィルムヒドラ」がいますね。
あちらは手札からだけでなく墓地からも特殊召喚する事が出来ます。

(2)の効果は、自身がフィールドから墓地へ送られた場合に、相手フィールド上の表側表示モンスター全てに捕食カウンターを置く効果!

「捕食植物スキッドドロセーラ」も同じような効果を持っていますね。

これらの点を考えると、効果的には「捕食植物ドロソフィルムヒドラ」と、「捕食植物スキッドドロセーラ」を足して2で割った感じでしょうかね。

捕食植物デッキでの使い道

このカードの大きな特徴は何といってもチューナーモンスターである点でしょう。

逆に言うと、シンクロ召喚をしないなら、「捕食植物ドロソフィルムヒドラ」の方が墓地からも特殊召喚出来る点で優秀です。

ですが、捕食植物はテーマ内にシンクロモンスターを持たず、また、このカードのレベル自体も6なので非常にシンクロ召喚を行いにくいです。

大抵フィールドに並ぶモンスターのレベルが3だったり、4だったりするので、シンクロモンスターを出すならレベル9かレベル10のモンスターが出しやすいという事になります。

しかし、レベル9シンクロモンスターやレベル10シンクロモンスターは特殊な召喚条件を持っていたリ、効果が微妙なものが多いです。

しいてあげるなら、レベル10のシンクロモンスター「神樹の守護獣ー牙王」は汎用で強力なシンクロモンスターなので、入れるのをおすすめします。

ですがやはり「捕食植物」と「シンクロ召喚」の相性があまり良くないので、チューナーモンスターを入れるなら同じ植物で汎用性のある「グローアップバルブ」などを採用した方が良いと思います。

それか、「DHEROディアボリックガイ」を採用し、ランク6のエクシーズモンスターへと繋げるならこのカードは非常に優秀だと思います。

終わりに

それでは、最後まで記事を読んでくださりありがとうございました。
記事をTwitterで広めてくださるとブログを続けるモチベーションに繋がるのでお願いします!

コメントもお待ちしておりますので、気軽にどうぞ~。


スポンサーリンク

 - カード評価, 遊戯王