*

【リンクに対しては・・】決闘者達と見る「クラッキング・ドラゴン」の効果と解説

   

今回の記事では、「クラッキング・ドラゴン」の効果の解説をデュエリストの皆さんと一緒に見て行こうと思います。

全体的にレベルを持つモンスターに強い効果となっており、「融合」、「シンクロ」を使用するデッキに対して強いカードとなっています。


スポンサーリンク

カード情報

クラッキング・ドラゴン

効果モンスター

星8/闇属性/機械族/攻3000/守 0

(1):このカードは、このカードのレベル以下のレベルを持つ
モンスターとの戦闘では破壊されない。

(2):このカードがモンスターゾーンに存在し、相手がモンスター1体のみを召喚・特殊召喚した時に発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時までそのレベル×200ダウンし、ダウンした数値分だけ相手にダメージを与える。

決闘者達と一緒に見るカード効果解説

まず最初の(1)の効果、自身のレベル以下のレベルを持つモンスターとの戦闘では破壊されない効果。
つまり、レベル8以下のモンスターとの戦闘では破壊されないという事です。

しかし、レベルを持たないリンクモンスターや、エクシーズモンスターなどには効果が及ばないので、攻撃力がこのカードより高いリンクモンスター、エクシーズモンスターによって戦闘破壊されてしまいます。

しかし、そもそもレベル8以下のモンスターは攻撃力3000ポイントを上回る事が少ないので、活躍の場面が少ない効果ですね~。
自身の効果で攻撃力をあげてくる低レベルモンスターなどには強いという感じでしょう。

リンクモンスターが主体となってくる今後の遊戯王にとってこの効果はちょっと活かしづらいですね・・・。

そして二つ目の効果は、相手がモンスターを1体のみを召喚・特殊召喚した時に発動できる誘発即時効果!

ターン終了時までそのモンスターの攻撃力をレベル×200ポイントダウンし、さらにはダウンした数値分のダメージを相手プレイヤーに与える事が出来ます。

この効果には発動回数制限が無いので、相手がモンスター1体のみを展開する限り、相手にダメージを与えつつモンスターを弱体化する事が出来ます。

ですが、この効果はレベルの数値を参照し効果を発動するので、「リンクモンスター」、「エクシーズモンスター」に対しては無力です。

逆に言うと、レベルを持つモンスターを大量展開するデッキに対しては無類の強さを誇ります。

例えば低レベルモンスターを大量展開し、次のモンスターへと繋げていくシンクロデッキなどには効果てきめんです・・!

終わりに

ここまで読んでいただけると分かったと思うのですが、このカードは「レベルを持つモンスターには滅法強い」ですが、「レベルを持たないモンスターに対しては全く無力」です。

今後使われそうなカードだとは思えませんが、個人的にイラストは好みですね・・・。

それでは、最後まで記事を読んでくださりありがとうございました。

コメントお待ちしております~。


スポンサーリンク

 - カード評価, 遊戯王