*

【激重素材】決闘者達と見る「DDD超死偉王パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン」の効果と解説

   

今回の記事では、「DDD超死偉王パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン」の効果の解説を、デュエリスト達の皆さんと一緒に見て行こうと思います!

イラストが最高に恰好良い一枚だと個人的に思っています!

DDカードの中で一番まであるかもしれませんねぇ~。(異論は認める)


スポンサーリンク

◆カード情報◆

DDD超死偉王ちょうしいおうパープリッシュ・ヘル・アーマゲドン

融合・ペンデュラム・効果モンスター

星10/闇属性/悪魔族/攻3500/守3000

「DDD」モンスター×2

【Pスケール:青1/赤1】

(1):1ターンに1度、自分の「DDD」融合モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。
その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで1000ダウンする。

【モンスター効果】

このカード名の(1)のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):相手フィールドの攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊し、破壊したモンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを相手に与える。

(2):相手モンスターが戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。その相手モンスターの攻撃力はダメージステップ終了時まで元々の数値になる。

(3):モンスターゾーンのこのカードが破壊された場合に発動できる。このカードを自分のPゾーンに置く。

決闘者達と一緒に見るカード解説

★レベル、攻撃力、融合素材などについて

レベル10攻撃力3500ポイントの大型融合ペンデュラムモンスター!

「DDD」融合モンスターの中では一番高い攻撃力を持ちますが、「DDD」融合モンスターの中でも一番融合素材の重い、「DDD」モンスター2体を指定しています。

同じ素材を要求する「DDD怒涛壊薙王カエサル・ラグナロク」の採用率を考えればこのカードの重さが分かると思います。

★ペンデュラム効果について

ペンデュラム効果は、1ターンに1度、自分の「DDD」融合モンスターが相手モンスターと戦闘を行う時に発動可能な誘発即時効果。

その相手モンスターの攻撃力をターン終了時まで1000ポイントダウンします。

正直に言うと、このカードをわざわざペンデュラムゾーンに置いてまで使いたい効果ではないですね。

「DDD」融合モンスターの攻撃力は「DDD烈火王テムジン」以外のモンスターは、最低でも2800ポイントあるので、このカードのペンデュラム効果を使用するまでも無い場合が多いです。

★モンスター効果について

効果を三つ持っているので、まず一つ目の効果から解説していきます。

相手フィールド上の攻撃表示のモンスター1体を対象として発動し、そのモンスターを破壊。
破壊したモンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを相手プレイヤーに与える効果。

毎ターンノーコストでのモンスター破壊と、リンクモンスターは守備表示に変更出来ない点を考えると、今後は使いやすい効果であると言えますね。

二つ目の効果は、相手モンスターが戦闘を行うダメージ計算前に発動可能な誘発効果!

その相手モンスターの攻撃力をダメージステップ終了時まで元々の数値に戻します。

この効果は相手モンスターが戦闘を行うダメージ計算前なら何度でも使用可能な効果なので、元々の攻撃力が低く、パワーアップして攻撃してくるようなテーマに対しては絶大な力を発揮します。

例えば、ペンデュラムテーマでは「エンタメイト」、「ブンボーグ」などがそうですね。

また、この効果のおかげで元々の攻撃力が3500ポイント以下のモンスターに対しては無類の強さを誇ります。

三つめの効果は、自身がモンスターゾーンで破壊された場合に発動できる効果で、自身をペンデュラムゾーンに置く効果。

この手のペンデュラムモンスターではお決まり文句ですね。

しかしこのカードはモンスターゾーンでこそ活躍できるモンスターなので、出来る限りフィールドに維持しましょう。

終わりに

現在の「DD」デッキにかならず入れるべきかと言われると、そこまでの強さでは無いのですが、決して弱い訳では無いと思います。

ですが、素材が少し重いですかね~。
せめて「DDD」モンスター×「DD」モンスターとかにしてくれたら使いやすかったです。

それでは最後まで記事を読んでくださりありがとうございました。
記事をSNSなどで広めてくださるとブログを続けるモチベーションに繋がるのでぜひお願いします。

コメントもお待ちしております~。


スポンサーリンク

 - カード評価, 遊戯王