*

【効果発動回数制限無し!】「幻獣機ライテン」の効果解説・考察

   

今回の記事では、「サーキットブレイク」に収録されることが判明した「幻獣機ライテン」の効果の解説と、このカードの効果について考察します。

こんな感じで過去テーマの強化カードが出るのは嬉しいですね~。
どんどん過去テーマは強化して欲しいです!

カード情報

幻獣機げんじゅうきライテン

効果モンスター
星4/風属性/機械族/攻1500/守1500

(1):手札を1枚捨てて発動できる。自分フィールドに「幻獣機トークン」(機械族・風・星3・攻/守0)1体を特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「幻獣機」モンスターしか融合・S・X・リンク召喚の素材にできない。
(2):このカードのレベルは自分フィールド上の「幻獣機トークン」のレベルの合計分だけ上がる。
(3):自分フィールド上にトークンが存在する限り、このカードは戦闘・効果では破壊されない。

カード効果解説

レベル4、風属性・機械族の下級効果モンスター。

(1)の効果は手札を1枚捨てて発動する起動効果で、自分フィールルドに攻守0ポイントの「幻獣機トークン」1体を特殊召喚します。
この効果の発動後、デメリットとして「幻獣機」モンスターしか融合・シンクロ・エクシーズ・リンク素材に使えなくなります。

(2)の効果はこのカード自身のレベルを、自分フィールドの「幻獣機トークン」のレベルの合計分上げる永続効果。

(3)の効果は自分フィールド上にトークンが存在する限り、このカード自身が戦闘・効果で破壊されない永続効果。

カード効果考察

トークン生成には発動回数制限が無い!

このカードの(1)の手札を捨ててトークンを生成する効果には1ターンに1度の発動回数制限が無いので、手札があれば何体でもトークンを生み出す事ができます。

手札の枚数さえ確保できれば、高リンクのモンスターへと繋げる事もできます。

ただ、「幻獣機」以外のデッキでこのカードを扱う場合、生成されたトークンとこのカードのみしか召喚素材に扱えないのは少し痛いですね。
リンク素材にするにも高リンクを出すにはあまりに手札消費が激しくなりそう。

やはりテーマ内で扱うのが吉でしょうか。

リリース要員確保としての役割

一応(1)のデメリットとして「この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「幻獣機」モンスターしか融合・S・X・リンク召喚の素材にできない。」という効果がありますが、リリースするなら問題ありません。

このカードを他のカード効果で特殊召喚すれば、リリース素材の重い「神」や「邪神」のリリース要因になれるかも・・・・。
と思いましたがリリース確保では先日判明した「ドラゴノイド・ジェネレーター」の方が扱いやすさの面で上回りそうですね。

「ドラゴノイド・ジェネレーター」の個人的評価と解説。

終わりに

私は残念ながら「幻獣機」の効果を把握していないので、「幻獣機」デッキではどのような動きができるようになるのか分かりません・・・。

このカードの登場を気に「幻獣機」について勉強してみようと思います。

このカードが収録されているパック

 - カード評価, 遊戯王