*

俺は勝利をリスペクトする!「パワー・ウォール」個人的に評価!

   

「20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVE」に「パワー・ウォール」が収録される事が判明しましたね!

今回の記事では「パワー・ウォール」への評価についてツラツラと書いていこうと思います。


スポンサーリンク

カード情報

パワー・ウォール

cvcx_fhusaaxb6v

通常罠
(1):相手モンスターの攻撃によって自分が戦闘ダメージを受けるダメージ計算時に発動できる。
その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージが0になるように500ダメージにつき1枚、自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。

 

カード効果考察

自分が戦闘ダメージを受けるダメージ計算時に、自分への戦闘ダメージが0になるように500ダメージにつき一枚デッキの上からカードを墓地へ送るカード。

考え方的には、2500ポイントのダメージを受けた時には2500÷500で5枚のカードを墓地へ送れるみたいな感じです。
加えてそのダメージも0にします。

アニメ放送時に使用された効果では、戦闘ダメージ100ポイントにつきデッキの上からカードを一枚墓地に送る効果だったため、1000ポイントのダメージを受けるだけでもデッキの上からカードを10枚墓地へ送れる最強墓地肥しカードだったのですが、さすがにそのままOCG化は叶いませんでしたね・・・・。

個人的には、墓地またはフィールドに「サイバー・ダーク」モンスターが存在する場合にのみ発動出来るとか、そういう制限を掛ければ100ポイントにつき一枚でも大丈夫だったのでは?と考えたりします。

墓地肥しが目的ならフリーチェーンで発動でき、かつ安定して5枚デッキから墓地に送る事の出来る針虫はりむし巣窟そうくつ」の方が優れおり、相手の攻撃を防ぐ事が目的なら、同じタイミングで発動出来る「神風のバリア -エア・フォース-」や「砂塵のバリア -ダスト・フォース-」の方が優れているという何とも中途半端な性能に・・・・。

とてもじゃないが勝利をリスペクトするならメインデッキへの採用は無さそう・・・。

終わりに

汎用性を持たせるために残念効果に仕上がってしまったという印象を受ける「パワー・ウォール」。

メインデッキに墓地肥しの手段や、攻撃回避の手段として採用するのは難しいですが、「サイバー・ダーク」を使い、ヘルカイザーごっこがしたいなら1枚くらいならメインデッキに採用しても良いと思います!

09674653t6

勿論発動する時には、ヘルカイザーの様にデッキをバラ撒きたいところ!!

私も一度でいいからデッキを投げ捨ててみたいですね・・・。

スポンサーリンク

 - カード評価, 遊戯王 , , ,