*

制限改定後の「PSYフレーム」について考える

      2016/11/11

PSYフレームのイラストって独特で良いですよねぇ。
仮面ライダーみたいでカッコいいです、来年の仮面ライダーはサイキック路線でお願いします!←

PSYフレームがどんなテーマか知りたい人は、PSYフレームってどんなテーマ?の記事をお読みください・・・。

psy4

さて、10月の制限改定で「PSYフレームロード・Ωオメガ」が制限カードに認定されてしまいましたね。

が、私は純PSYフレームを使い続けますよ!

今回は、新規カードによって大幅強化した私の「PSYフレーム」デッキについて紹介しようと思います。


スポンサーリンク

新たにデッキに入れたカード達

おろかな副葬ふくそう

%e3%81%8a%e3%82%8d%e3%81%8b%e3%81%aa%e5%89%af%e8%91%ac

通常魔法

「おろかな副葬」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから魔法・罠カード1枚を墓地へ送る。

 

このカードの効果で、デッキの「PSYフレーム・オーバーロード」を墓地に送ることにより、フリーチェーンでデッキから「PSYフレームカード」を手札に加える事が出来ます。

また、「仁王立ち」をデッキから墓地に送る事が出来るので、「仁王立ち」と「PSYフレームロード・Ωオメガ」を利用したコンボが簡単に実現出来ます。
仁王立ち」と「PSYフレームロード・Ωオメガ」のコンボについて分からない方のための記事も書いているので、是非ご覧ください・・・・。

PSYフレーム・マルチスレッダー

marutisu

効果モンスター
星6/光属性/サイキック族/攻 0/守2500「PSYフレーム・マルチスレッダー」の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは手札・墓地に存在する限り、「PSYフレーム・ドライバー」として扱う。
(2):自分フィールドの「PSYフレーム」カードが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに手札のこのカードを捨てる事ができる。
(3):このカードが墓地に存在し、
自分フィールドに「PSYフレーム」チューナーが特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

個人的には、「PSYフレーム」の救世主カードだと思っています!

(1)の効果で手札、墓地にいるときに自身を「PSYフレーム・ドライバー」として扱う効果を持っているので、仮にメインデッキの「PSYフレーム・ドライバー」がすべて除外されてしまってもデュエルを続行する事が出来ます。

さらに注目したいのは(2)の効果!
フィールドの「PSYフレーム」カードが戦闘・効果で破壊される代わりに手札のこのカードを墓地に送るというもの。
この効果の優れた点は三つあります。

まず一つ、このカードの効果は発動する効果ではないのでチェーンブロックを作りません!チェーン不可の破壊効果に対しても発動できますし、タイミングも逃しません。

そして次に、破壊を防ぐことができるのが「PSYフレームカード」である点。
「PSYフレーム・サーキット」、「PSYフレーム・オーバーロード」、「PSYフレーム・アクセラレーター」などのフィールドに表側で存在している魔法・罠の破壊も防ぐことができます!

最後に、このカードは「復活の福音」と同じで、複数枚の破壊も防ぎます。
例えば、相手が「ハーピィの羽箒」を発動したとします。
そのとき自分のフィールドに「PSYフレーム・サーキット」と「PSYフレーム・オーバーロード」が存在し、破壊される場合、手札のこのカードを1枚墓地に送れば、フィールドの「PSYフレーム・サーキット」と「PSYフレーム・オーバーロード」の二枚を破壊から守る事が出来るのです。

「PSYフレーム・サーキット」が生命線とも言えるデッキなので、このカードは2、3枚は投入した方が良いでしょう。

PSYフレーム・アクセラレーター

347095_1467976099930

永続罠

(1):1ターンに1度、500LPを払い、
自分フィールドの「PSYフレーム」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを次の自分スタンバイフェイズまで除外する。
(2):1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドの表側表示の
「PSYフレーム」カードが戦闘以外でフィールドから離れた場合に発動できる。
手札から「PSYフレーム」モンスター1体を特殊召喚する。

 

このカードは1ターンに一度、ライフコストを払い、フィールドのPSYフレームモンスターを次の自分のスタンバイフェイズまで除外する事の出来るカードです。

運用方法としては、メインフェイズ以外で破壊されそうになった「PSYフレームロード・Ωオメガ」や、相手フィールドに特殊召喚された表側攻撃表示モンスターがいない場合の「PSYフレームロード・Z」をフリーチェーンで除外して破壊から防ぎます。

能動的に使う方法としては、バトルフェイズ中にこのカードの効果でフィールドの「PSYフレームロード」を除外します。
そして(2)の効果で手札のPSYフレームギアを特殊召喚し、墓地に存在している「PSYフレーム・マルチスレッダー」を自身の効果で特殊召喚します。
そして、「PSYフレーム・サーキット」の効果でシンクロ召喚を行えば、シンクロモンスターでの追撃が可能です。

このカードは「おろかな副葬ふくそう」と「PSYフレーム・オーバーロード」のコンボ、そして「PSYフレームギア・α」の効果によって簡単に手札に加える事が出来るので1枚のみの投入で良いでしょう。

参考デッキレシピ

bandicam-2016-10-25-07-25-50-385

終わりに

どうだったでしょう。
「PSYフレームロード・Ωオメガ」の制限により、最大出力は下がりましたが安定性は前より増したと思います!

これから「PSYフレーム」を組む人や、組んでいる人の参考になったのなら幸いです・・・。


スポンサーリンク

関連記事:分かりやすく解説。PSYフレームってどんなテーマ?

関連記事:仁王立ちΩってなんだ?

 - テーマ別解説, 遊戯王 , ,