*

汎用性抜群!「紫毒の魔術師」は集め得なカード!

   

今回は、ストラクチャーデッキ「ペンデュラム・エボリューション」に収録された「紫毒の魔術師」についての記事です。

「紫毒の魔術師」は新規魔術師の中でも汎用性がとても高いカードだと思います。
今後ペンデュラムカードメタが流行れば、サイドデッキに入れるのをオススメします・・・。

記事の最後には他の「魔術師」に関する記事へのリンクも貼ってあるので、興味のある方はご覧ください。

それでは、カードの効果と共に効果を解説していきます。


スポンサーリンク

カード情報

紫毒しどくの魔術師

card100044946_1

ペンデュラム・効果モンスター

星4/闇属性/魔法使い族/攻1200/守2100

【Pスケール:青1/赤1】

(1):1ターンに1度、自分フィールドの魔法使い族・闇属性モンスターが戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。
そのモンスターの攻撃力はダメージステップ終了時まで1200アップする。
その後、このカードを破壊する。

【モンスター効果】

このカードはルール上「フュージョン・ドラゴン」カードとしても扱う。

(1):このカードが戦闘・効果で破壊された場合、フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 

カード効果解説

ペンデュラム効果について

1ターンに1度、自分フィールドの魔法使い族・闇属性モンスターが戦闘を行うダメージ計算前に発動出来る効果で、その攻撃モンスターの攻撃力を1200ポイントアップします。

その後ペンデュラムゾーンの自身を破壊。

ペンデュラム効果に関しては、魔法使い族・闇属性モンスターのサポートに徹したカ効果なので、あまり汎用性があるとは言えないですね。

モンスター効果について

自身が戦闘・効果で破壊された場合に発動できる効果を持ち、フィールドの表側表示のカード1枚を対象とし、破壊する事が出来ます。

表側のカードなら何でも破壊する事が出来るので、破壊範囲が広いです。

モンスター効果に関しては非常に汎用性のある効果ですね。

汎用ペンデュラムカードとしても優秀!

汎用ペンデュラムモンスターと言えば「エキセントリック・デーモン」が挙げられます。

エキセントリック・デーモン

エキセントリックデーモン

ペンデュラム・効果モンスター

星3/光属性/悪魔族/攻 800/守1000

【Pスケール:青7/赤7】

「エキセントリック・デーモン」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカード以外のフィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードとこのカードを破壊する。

【モンスター効果】

「エキセントリック・デーモン」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードをリリースし、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。

 

ペンデュラムゾーンではフィールドの魔法・罠カード、モンスターゾーンではフィールドのモンスターを破壊できるペンデュラムモンスター。

「紫毒の魔術師」より優れている点としては、以下の点が挙げられます。

  • ペンデュラムゾーンで即時発動可能な破壊効果
  • ペンデュラム召喚によって何度もモンスターを破壊可能
  • ペンデュラムスケールがデメリット無しの7である
  • 簡単に効果を発動する事が出来る
  • 裏側のカードでも破壊可能

そして、「紫毒の魔術師」が「エキセントリック・デーモン」より優れている点は以下の点です。

  • 破壊されると効果を発動するので、「神の宣告」などに強い
  • 破壊効果の発動回数制限が無い
  • ペンデュラムスケールがデメリット無しの1である
  • モンスター効果で破壊するカードの範囲が広い

どちらのカードを採用するのかは、それぞれのペンデュラムテーマの特性と相談して決めましょう。

また、「紫毒の魔術師」はペンデュラムメタカードに対して強いという特徴もあります。

ペンデュラムメタカードのメタカードとして活躍

ペンデュラムメタのカードとして良く挙げられるカードとして、「魔封じの芳香」、「王宮の勅命」などがありますよね。

「エキセントリック・デーモン」ではこれらのカードを突破する事が出来ませんが、「紫毒の魔術師」ならこれらのカードを破壊する事が可能です。

「紫毒の魔術師」の攻撃力は1200ポイントと少し低めなので、相手モンスターに攻撃し自爆すれば、そのままフィールドのカードを破壊する事が出来ます。

また、ペンデュラムカードでもあるので何度もエクストラデッキから蘇り、何度も表側のカードを破壊できる点も良いですね。

終わりに

今後もペンデュラムカードが流行り続けるなら「魔封じの芳香」や「王宮の勅命」などは必ず見るようになると思うので、ペンデュラムテーマを扱うならサイドデッキに「紫毒の魔術師」を忍ばせておいても良いかもしれませんね。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!


スポンサーリンク

【魔術師】に関連する記事へのリンク

「魔術師」対策カード5枚紹介、そして使用方法解説!

「召喚神エクゾディア軸魔術師」デッキレシピ紹介、回し方解説

「覇王龍ズァーク軸魔術師」デッキレシピ紹介!

 - カード評価, 遊戯王 ,