*

【種族サポート】「爬虫類族」サポートカードを9枚紹介、運用方法などを解説

   

今回の記事では、「爬虫類族はちゅうるいぞく」モンスターをサポートする汎用モンスター、魔法、罠カードを合計9枚紹介しようと思います。

ここでの「汎用」の意味は、「爬虫類族はちゅうるいぞく」モンスターを扱うデッキなら採用を検討できるという意味で使用しています。

爬虫類族はちゅうるいぞく」を主軸とするデッキや、「爬虫類族はちゅうるいぞく」テーマを組む際の参考にしてみてください。


スポンサーリンク

「爬虫類族」サポートモンスターカード(全2種)

邪龍じゃりゅうアナンタ

邪竜アナンタ

効果モンスター

星8/闇属性/爬虫類族/攻 ?/守 ?

このカードは通常召喚できない。

自分のフィールド上及び墓地に存在する爬虫類族モンスターを全てゲームから除外する事でのみ特殊召喚する事ができる。

このカードの攻撃力・守備力は、特殊召喚時にゲームから除外した爬虫類族モンスターの数×600ポイントになる。

このカードが自分フィールド上に存在する限り、自分ターンのエンドフェイズ時にフィールド上のカード1枚を破壊する。

 

通常召喚できず、自分フィールド及び墓地に存在する爬虫類族モンスターを全てゲームから除外する事によって特殊召喚が可能な大型爬虫類族モンスター。

攻撃力は定まっておらず、特殊召喚時にゲームから除外した爬虫類族モンスター×600ポイントの攻撃力・守備力を得ます。

上昇値は小さくないものの、全ての爬虫類族モンスターを除外してしまうので、特殊召喚する場合はそれなりのリスクを伴います。

そして、このカードが自分フィールド上に存在する限り、自分ターンエンドフェイズごとにフィールドのカードを1枚破壊します。

毎ターン相手のカードを破壊する事も可能ですし、自分フィールド上のカードも破壊可能なので、破壊をトリガーに発動するカードの補助としても使用する事ができます。

また、この破壊効果は強制発動する効果なので、相手フィールド上にカードが存在しなくなった場合は、必ず自分フィールドのカードを破壊しなくてはなりません。

キングレムリン

キングレムリン

エクシーズ・効果モンスター

ランク4/闇属性/爬虫類族/攻2300/守2000

レベル4モンスター×2

1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから爬虫類族モンスター1体を手札に加える。

 

エクシーズ素材を取り除くことでデッキから爬虫類族モンスターを手札に加える事が出来る汎用ランク4モンスター。

爬虫類族であれば何の制限も無くデッキから手札に加える事が可能なので、デッキから手札に加えたい「爬虫類族」がいるなら採用したいカード。

「爬虫類族」サポート魔法カード(全2種)

スネーク・レイン

スネーク・レイン

通常魔法

手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから爬虫類族モンスター4体を墓地へ送る。

 

手札コスト1枚を使用し発動する通常魔法カード。

デッキから爬虫類族モンスターを4体墓地へ送ります。

爆発力は凄まじいですが、現状墓地へ送られてアドバンテージを得られるカードが少ないので、まだおとなしいカードです。

ですが、ポテンシャル自体は相当高いカードだと思うので、今後爬虫類族テーマが登場したら、一気に注目を集める事は間違いありません。

それが墓地を活用するテーマならの話ですがね・・・・。

ヴァイパー・リボーン

ヴァイパー・リボーン

通常魔法

自分の墓地のモンスターが爬虫類族モンスターのみの場合に、チューナー以外の自分の墓地のモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターを特殊召喚する。

この効果で特殊召喚したモンスターはこのターンのエンドフェイズ時に破壊される。

 

自分の墓地のモンスターが爬虫類族モンスターのみの場合、墓地のチューナー以外のモンスターを対象として発動する通常魔法カード。

対象としたモンスターを特殊召喚します。

爬虫類族デッキなら「死者蘇生」のような運用が可能ですが、特殊召喚したモンスターがエンドフェイズに破壊されてしまうので、それまでにエクシーズ素材にするなどして有効活用する必要があります。

「爬虫類族」サポート罠カード(全4種)

エーリアン・ブレイン

エーリアン・ブレイン

通常罠

自分フィールド上に存在する爬虫類族モンスターが相手モンスターの攻撃によって破壊され墓地に送られた時に発動する事ができる。
その時に攻撃を行った相手モンスターのコントロールを得て、そのモンスターを爬虫類族として扱う。

 

自分フィールド上に存在する爬虫類族モンスターが、相手モンスターの攻撃によって破壊され墓地に送られた時に発動可能な通常罠カード。

攻撃を行った相手モンスターのコントールを奪い、種族を爬虫類族として扱います。

発動条件は相手依存ではあるのですが、効果が決まれば相手モンスターのコントロールを完全に奪う事が出来るので、強力な一枚。

スネーク・ホイッスル

スネーク・ホイッスル

通常罠

自分フィールド上に存在する爬虫類族モンスターが破壊された時に発動する事ができる。

自分のデッキからレベル4以下の爬虫類族モンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する。

 

自分フィールドに存在する爬虫類族モンスターが破壊された時に発動可能な通常罠カード。

デッキからレベル4以下の爬虫類族モンスター1体を特殊召喚する事が出来ます。

このテキストだとわかりづらいのですがダメージステップに通常罠カードは発動不可なので、「戦闘破壊」には対応していません。

なので、実質効果破壊にしか対応してないカードです。

ですが、爬虫類族サポートには効果破壊するカードが多いので、能動的に発動を狙う事はできます。

毒蛇どくじゃ供物くもつ

毒蛇の供物

通常罠

自分フィールド上の爬虫類族モンスター1体と相手フィールド上のカード2枚を選択して破壊する。

 

自分フィールドの爬虫類族モンスター1体、相手フィールド上のカード2枚を対象として発動する通常罠カード。

対象とした3枚のカードを同時に破壊します。

こちらは相手のカードの種類を問わずに2枚破壊する事が出来るので、強力な除去手段として採用する事ができます。

ダメージイコールレプトル

ダメージ=レプトル

永続罠

1ターンに1度、爬虫類族モンスターの戦闘によって自分が戦闘ダメージを受けた時に発動できる。

その時に受けたダメージの数値以下の攻撃力を持つ爬虫類族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

 

爬虫類族モンスターの先頭によって自分が戦闘ダメージを受けた時に効果を発動可能な永続罠カード。

受けたダメージの数値以下の攻撃力を持つ爬虫類族モンスター1体をデッキから特殊召喚する事ができます。

能動的に発動も可能なので、低攻撃力モンスターの爬虫類族モンスターをリクルートする手段として活用するのもありです。

終わりに

今後も、新たに「爬虫類族」サポートカードが登場次第、この記事に新たに追加しようと思います。

また、このカードも「爬虫類族」サポートカードだと思うカードがございましたら、コメントで教えてくださると嬉しいです。

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました。

記事をSNSなどで拡散してくださると、ブログを書くモチベーションに繋がるのでぜひお願いします!


スポンサーリンク

 - 種族サポートカード紹介, 遊戯王